青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回日常と非常の間(あわい)をUPさせて頂いた19日にちょうど、石山駅-大石小学校間の新浜以南、大石小学校-桜谷・小田原間の運転が再開されました。石山駅-大石小学校間は、大津営業所の屋台骨で、1つの路線としては滋賀県内で最も運行本数が多い幹線ですので、やはりこれが動き出さないと何とも落ち着きません。

ssIMG_0345.jpg

外畑、内畑、曽束は引き続き運休中です。1日も早い道路の復旧と運転の再開が望まれるところです。

それにしてもびっくりしたのがこれ↓ 石山駅前案内所の扉に貼られていました。

ssIMG_0344.jpg

…………………。

             §                 §

私が調べた限り、16日付拙稿昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰで取り上げた南中通学問題の2回目の続報は、60年前の今日、1952(昭和27)年8月22日の滋賀日日新聞に掲載されています↓

S27.8.22S 南中新築スクールバス折衝進むb

「栗太郡上田上(かみたなかみ)村との組合立田上中學からの分離で難産をつゞけた」
とあります。
年表にしてしまうと単なる羅列になって、紙背を読み取るのが難しくなりますが、実際にはいろいろ困難があったのでしょう。上田上と下田上(現在のいわゆる「田上」)とで中学校を作っていたのに、先に下田上の方だけが大津市に合併してしまったことが大きな障害となったようです。


IMG_4485.jpg

↑現在の大津市立田上中学校 上田上と田上の境界線近くの、上田上側にある。市南部を中心とする大津市内での通称は「たっちゅう」

よく考えると、昭和26年から42年までの16年間は、瀬田や上田上よりも南側の、田上や大石の方が先に大津市になっていたわけで、田上は、南郷洗堰を渡るか、鹿跳(ししとび)橋・大石を大回りして関津(せきのつ)峠を越えるかしない限り、必ず大津市の外に出なければ市内中心部とは行き来できない変則的な形でした。

「田上から通う生徒百九十名は、途中にバス路線があるのでこれを利用する」
とありますが、南郷洗堰をバスが渡っていたということは聞いたことがないので、恐らく、今の「黒津」バス停で降りて、洗堰を渡っていたのでしょう。南郷中学校の位置が、もともと今の南郷小学校の位置だったのは、田上からの通学を意識していたようにも思われてきます。

しかし、大石からの通学の足がないというのが不思議です。少なくとも今の鹿跳橋の袂(たもと)まではバスがあったはずなのですが、この百二十七名というのは、大石中、東といった、大石の中心的な集落ではなく、富川や曽束、小田原といった、現在も通学に難渋する集落の生徒なのでしょうか?或いは、当時の運行本数では、これほどの生徒数をさばけない、ということでしょうか。

京阪バスに交渉してもまとまらず、「湖南バス」と折衝を進めているとのことですが、これはもちろん、現在の「帝産湖南交通」です。帝産湖南交通は、1950(昭和25)年設立なので、この当時は京阪バスや近江鉄道バスに比べると全くの「新参者」のイメージだったのではなかろうか、と思います。
帝産グループの傘下に入るのは、この10年以上後、1963(昭和38)年のことです。

↓るうパパ様 90年前後に撮影

滋22か12-80 帝産

通学の方法も考えずに、学校だけ作って本当にどうするというのでしょう。大津市は良くも悪くも、公共交通を民間に任せるという「伝統」がありますが、通学なら、バスがその辺を走っているだろう?程度にしか考えていなかったのか、或いはそれすらもなく、とにかく学校を作ることだけしか考えていなかったのか、とにかく驚くべき段取りの悪さです。現在はもちろん、交通の便や通学路の安全を考えた学区割がなされていますが、この数日しか期限のない大ピンチを、いったい当時の大津市教委はどう乗り切ろうというのでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
御無沙汰しています。お久しぶりです。
ここ、しばらくバスに乗っていないのですが、大石行が折り返し運転をしていると聞いて「夏休みで良かったなぁ」と思っています。

私は、いじめ問題で話題になっている中学の出身なので 以前の南郷中学の事は殆ど知らないのですが、南郷中学出身の友達で田上在住の友達が何人もいました。 当時 なんとも思っていなかったのですが、どのようにして通っておられたのか。。大変だっただろうなぁと今更思っています。
2012/08/22(水) 21:28:25 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: タイトルなし
yume様、こちらこそご無沙汰です。

> ここ、しばらくバスに乗っていないのですが、大石行が折り返し運転をしていると聞いて「夏休みで良かったなぁ」と思っています。

ええ、夏休み、それも銀行や官公庁以外多くの事業所が休みになる盆休みだったことは、不幸中の幸いだったことでしょう。

>南郷中学出身の友達で田上在住の友達が何人もいました。 当時 なんとも思っていなかったのですが、どのようにして通っておられたのか。。大変だっただろうなぁと今更思っています。

田上でも、洗堰のすぐ対岸の黒津や、稲津、太子くらいなら今でも田上中学校に通うより、南郷中学校に通う方が近いと思います。まして今の小学校の位置に南中があったわけですから、瀬田川沿いの集落なら、却って今より楽だったかもしれません。しかし、里や羽栗など、奥の方は確かに大変でしょうね。
2012/08/22(水) 21:59:14 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/569-9c69c9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック