青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_7042.jpg

四条烏丸 しじょうからすま
所在地:(京津国道線他四条大宮方面)京都市下京区函谷鉾町(かんこぼこちょう)? 
(京津国道線浜大津方面)京都市下京区長刀鉾町(なぎなたぼこちょう)? 又は函谷鉾町 
(京都比叡山線旧線)京都市下京区水銀屋町(すいぎんやちょう)
開設年月日:不明
付近:京都市営地下鉄四条駅 阪急京都線烏丸駅 LAQUE四条烏丸 COCON烏丸 三井住友銀行京都支店 四条烏丸FTスクエア・みずほ銀行京都支店 三菱東京UFJ銀行京都支店・京都中央支店 住友信託銀行京都支店 京都中央信用金庫本店 滋賀銀行京都支店 りそな銀行京都支店 公益財団法人長刀鉾保存会 京都下労働基準監督署 京都府警五条警察署東洞院交番 池坊短期大学 からすま京都ホテル 東横イン京都四条烏丸 (現在ないもの)四条烏丸市バスセンター
キロ程:四条河原町から0.9キロ




京都の中心の中心とも言える場所でしょう。

四条河原町がいわゆる繁華街で、商業の中心、「買い物をするところ」というイメージなのに対して、四条烏丸というとビジネスの中心で、銀行や会社が集まっているというイメージです。
これでもか、これでもかというくらい、名だたる都銀、地銀がこの交差点から北、烏丸御池までの間に列をなしています。

ただ、最近はLAQUE四条烏丸↓、COCON烏丸といった大型の店舗もできている他、大丸京都店も四条河原町よりは四条烏丸に近いです。

IMG_8151.jpg


ここも、四条河原町同様、ポールの数が多すぎて、どのポールに京津国道線が停車していたと特定するようなことは困難ですので、1981(昭和56)年版の『京都公共交通時刻表』に基づいて書いていきます。
京都比叡山線の旧線(烏丸通回り)がこちらを経由していますが、これについてはその項で別途取り上げます。

と書いたそばからなのですが、実はこの資料でも、46号経路の乗場というのがはっきり書かれておらず、はたと困ってしまいました。

同書の図面によると、四条烏丸交差点の東側には西行のポールは存在しないので、西側のポール、1968(昭和43)年版の住宅地図において「四条烏丸西詰」と記載されている停留所に停車していたのではなかろうかと思われます。

IMG_7041.jpg

IMG_7035.jpg

四条河原町から走ってきて、四条大宮に向かう途中で四条烏丸に停まろうと思うと、東側に停留所がなければ、もうここしかありません。ここは1968(昭和43)年からほとんど位置が変わっていないようです。

現在、ここを過ぎてなお営業運転を続けるのは1日1回の83号経路(醍醐BT‐蚊ケ瀬-四条大宮)だけです↓

IMG_7040.jpg

IMG_7038.jpg

82号経路(大宅-五条坂-四条大宮)も通りますが、乗降扱いは京都比叡山線の旧線と同じ交差点南側のポールで行われるため、ここは通過しています。

一方、東行きは何のヒントもなく、困ってしまいました。東行きは1981(昭和56)年版の『京都公共交通時刻表』によると、市バスも四条烏丸交差点の西側、東側、両方に乗場があることになっています。

使い分けは、系統番号から見ると、どうも西から走ってきてそのまま烏丸通を渡って四条通を東に突っ切る系統が交差点西側の乗場、京都駅方面から来て交差点で右折して四条通に入る路線が東側の乗場、というのが基本のようです。これは現在も変わっていません。

その原則で行けば、京阪バス京津国道線は西側の乗場↓に停まらなければならないのかもしれません。

IMG_8131.jpg

しかし、法人が違いますから、そんなことにはお構いなしだということが後で分かりました。今の東行きのバス停より更に東、東洞院通も過ぎて、大丸のすぐ近くだったことが、『京都のりもの案内』(1973 京都総合プラン)や、同1976(昭和51)年版などで分かりました。この辺りかと思われます↓

IMG_8246.jpg

↓大丸京都店。郊外型のショッピングモールにはそれなりの便利さがありますが、やはり街中の百貨店に行く方が、「お出かけする」「買い物をしに行く」という昂揚感があります。

IMG_8247.jpg

↓西を望んでいます。

IMG_8248.jpg

四条通の歩道拡幅工事が始まってしまってから後に補足取材しましたので、もしここが京津国道線用のバス停だったのだとしたら、1車線分ほど手前に引っ込んだところ待つ必要があったことでしょう。

工事前に四条通経由で東に向かう京阪バスのポールがあったのは大丸より西です↓

IMG_7047.jpg

IMG_7050.jpg

↓対向車線から

IMG_7024.jpg

背後の変わった屋根は、長刀鉾保存会です。

他に、四条烏丸交差点の東側にも京阪バスの乗場があるのですが、古い住宅地図には記載がなく、四条山科醍醐線の、比較的新しくできたもののようです。

IMG_7019.jpg

IMG_7020.jpg

IMG_7023.jpg

四条通の歩道拡幅工事の影響で、位置が変わっているようで、今は京阪バス公式HPで検索しても出てきません。
どの系統がどう走って、どのポールに停まっているのか非常に分かりにくいです。運転手さんもよく間違わないなあと不思議です。私は絶対山科営業所の運転手、できないですね。それ以前に、「運転技能と性格に問題があり」ということで断られるかなwww
冗談抜き、乗客が戸惑いますね。京津国道線の記事なのに、ついでで悪いですが、果たして四条山科醍醐線というのは、AだのBだのCだの、こんなにたくさんの派生系統が必要なのでしょうか?1日数回しかないようなものにまで独立した経路番号を割り振る意味があるのでしょうか?時間帯によって経路や乗場を変えるとか、利用者が一番嫌がることだと思います。本当にどこまで必然性があるのでしょう?

素人が好き勝手なことを、と思われるでしょうけど、こんなブログをやっている私より、普通の利用者は遥かに素人です。私がついて行けないことは、高齢者には到底ついて行けません。
バスはマニアのために走っているのでも、会社の車両運用や運転手の勤務の都合で走っているのでもなく、利用者のために走っているのですから、系統を抜本的に整理することも考えないといけないのではないでしょうか。

次は、四条大宮 終点(京津国道線他)/烏丸五条(京都比叡山線旧線他)です。
※本シリーズでは四条大宮に進みます。

年内の更新は今回が最後です。途中、中断でご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。来年も宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/55-cb10edbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック