青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
展望台前 てんぼうだいまえ
所在地:大津市山上町
開設年月日:?
付近:馬ヶ背展望台
 

Googleの標高表示によると、296mまで上ってきたことになります。大津京駅では90mですから、200m以上登っています。



ここも「ゴルフ場前」「郵便局前」と並ぶ漠然としたバス停名ですが、1970(昭和45)年「大阪人文社」発行の『奈良県・滋賀県市街地図集』には既に記載があり、意外にその歴史は古いらしいことが分かります。

バス停のポールは大津京駅方面にしかありません↓

IMG_4735.jpgIMG_4746.jpg

比叡平方面に乗る時は、バス停の向かいに立っていればいいのでしょうけれど、かなり危ないです。

IMG_4675.jpg

「展望台」とは、上の写真でも写っている、喫茶店「馬ヶ背」の奥にある展望台のことで、あとで「馬ヶ背展望台」というのが正式な名前だと分かりました。

一度店に入ってみました。

IMG_4668.jpg

↓因みに、よく目立つ右側の店は閉店していて、左側の方が営業している「馬ヶ背」さんです。後で、右の方はまた全く別の店だと分かりました。比叡平にも同じ名前の店がありますが、そちらも閉まっています。

IMG_4626.jpg

IMG_4662.jpg

店の方によると、今の店は開いて35年くらいだそうです。ただ、話からするとその方の身内のようでしたが、65年くらい前からこの辺りで茶店をやっていたそうです。

「展望台」なのに望遠鏡らしきものは見当たらなかったので聞いてみたところ、もう寒くなって風も強くなってきたので、片付けたとのことでした。片付けられるんだ……。なるほど確かに望遠鏡を据え付けておくための台座らしいものが見えます。びわ湖の眺めがよさそうです。何も知らなかったときは、右の店の特徴的な建物の2階が、展望台なのかと思っていました。

IMG_4664_20121208213815.jpg

きつねそばを頼みました。何の変哲もないきつねそばですが、「取材」当日は寒かったので、温まりました。だしの味は甘すぎず辛すぎず、好きな味でしたね。

IMG_4665.jpg

店内には、まだ新しいサイン色紙が↓誰のものか尋ねたら、何と超有名人で、向かって左が北大路欣也、右が柴田理恵なのだそうです。何かのロケできていたのだとか。

IMG_4666.jpg

店の前は典型的なヘアピンカーブです↓

IMG_4745.jpg

↓大津京駅行きが下りてきました。

IMG_4754.jpg

↓かつてはいろいろな案内が掲示されていたのでしょうか?

IMG_4677.jpg

↓表にトイレがあるのですが……こんな造りありかよ…(爆)。いったいここでは何を流すのでしょうか?

IMG_4676.jpg

家に帰ってから「馬ヶ背」という店の名前の由来を聞き忘れてしまったことに気づきましたが、いろいろなサイトさんを検索すると「馬ヶ背登山道」などといったことばが出てくるので、この辺りの通称なのでしょう。近くには馬頭観音もあるようです。

↓先はまだまだ。ガードレールが山の中腹と、更にその上にもあるのが見えますでしょうか?上は比叡山ドライブウェイのもののようです。

IMG_4747.jpg

次は、田ノ谷峠
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/532-f6aaf8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック