FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
雄琴駅 おごとえき
所在地:大津市雄琴北一丁目(旧雄琴三丁目)
開設年月日:
廃止年月日:(京阪バスとして)
付近:おごと温泉駅(旧雄琴駅)
 



意外に様子が変わってしまったらしいのがここです。

IMG_3716.jpg

まだ大津比叡山線が走っていた1983(昭和58)年当時の住宅地図を見ると、開業から10年近く経っているというのに、駅以外周囲にほとんど何もありません。この点、南草津とは大きな違いです。本当に誰が利用していたのだろう、どんな感じだったのだろう?と心配になるくらい、何もありません。
「仰木の里」開発の前だから仕方ないのでしょう。

また、バスターミナルは既に一応あったのですが、今と違って、大津京駅と同じように南側が抜けていて、県道大津雄琴線と直接出入りできる構造になっていました。

↓つまり、今フェンスで囲まれている、この南側が抜けていたことになります。

IMG_3728_20140505103239ab2.jpg

↓昔バスターミナルの出入り口だったと思われるところにあるのがこの掲示板。

IMG_3729_201405051032407fd.jpg

左右で日英対訳になっているのかと思ったら、英語はかなり違う内容です。
最後に何で日本文では出てこないduckが突然出てくるのか?What's the "duck stew"?と一瞬考えて、ああ、鴨鍋、鴨すきのことか!と分かりました。

↓駅広場の隅には足湯

IMG_3715.jpg

ターミナル内の道路標識の裏側に、1996(平成8)年と書かれていて、実際上屋の作りもそのくらいの年代を思わせるものだったので、その頃に付近の道路の整備と併せて大きく作り変えられたのだろうと思います。

IMG_3722_2014050510314371d.jpg

もはやこのターミナル↓内でどこで大津比叡山線が停車していたのかなど、知る由もありません。

IMG_3717.jpg

現在は北東の隅から、バスや車が出入しています。

IMG_3718.jpg

仰木の里から来たバスが左折しようとしていますが、湖西線開通以後の大津比叡山線も、左折はしないもののこういう感じで通っていたのでしょうか。


IMG_3725_20140505104554878.jpg

結局、ここに、大津比叡山線があった時代を物語るようなものは何もなさそうでした。でも、私の手元には、この雄琴駅にあったことが間違いない貴重な路線図のコピーがあります。

雄琴駅1

雄琴駅2

↓そしてこれも、恐らく比叡山ドライブウェイ内用と思われる路線図。

IMG_2701.jpg

次は、北雄琴です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/531-e6173928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック