青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
御陵 みささぎ
所在地:(四条大宮・京都駅方面)京都市山科区御陵下御廟野町(みささぎしもごびょうのちょう) (浜大津方面)京都市山科区御陵上御廟野町
開設年月日:
付近:京都市営地下鉄・京阪京津線御陵駅 天智天皇陵(御廟野古墳) 京都山科御陵郵便局
キロ程:京都薬科大学から0.6キロ
 

やすみしし我ご大君の かしこきや御陵(みはか)仕ふる 山科の鏡山に 夜はも夜のことごと 昼は日のことごと 音(ね)のみを泣きつつありてや ももしきの大宮人は 行き別れなむ (額田王「万葉集」巻2-55)

天智天皇が崩御して、大宮人たちが昼も夜も嘆き悲しんでいると言っています。額田王は、
「茜指す紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(巻1・20)」
の和歌で有名ですが、生没年は未詳です。ただ、天智天皇に深く愛されていたことは間違いないようです。大宮人だけでなく、彼女も昼夜問わず泣いて悲しんだのでしょう。

鏡山は、天智天皇陵の奥にある山です。「鏡王」(かがみのおほきみ)の娘と言われる彼女は鏡に縁が深く、吉田金彦は『京都の地名を歩く』で、もしかすると二つに分かれた鏡山の頂の一方を天智天皇に、もう一方を自分に置き換えているのではなかろうか、と言っています(P116)。

↓陵の向こうに見えるのが鏡山でしょうか。

IMG_6683.jpg

本当は「陵」の文字だけで「みささぎ」と読むことができ、めったに使われませんがちゃんと「常用漢字表」にも載せられています。ここでは更に、天皇の陵墓に対する敬意を表してか、接頭辞「御」をつけて「御陵」としています。つまり「御」は、「大和」の「大」などと同じく、いわゆる「黙字」で、発音していないことになります。
ここでいう天皇は、もちろん天智天皇です。
大化の改新の立役者であり、班田収授などの実施、そして百人一首第一首

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ(『後撰集』秋中・302)

があまりにも有名です。

↓天智天皇陵

IMG_6702.jpg

考古学的には「御廟野古墳」というそうです。私たちはしばしば○○天皇陵、ということばを使いますが、実は本当にその天皇の陵墓なのかはよく分からないことがほとんどで、ここほどに、埋葬されている人物の実在性や誰が埋葬されているのかという信憑性などがはっきりしているケースは珍しいそうです。

↓時計を作られた天皇、ということに因んでか、日時計が入口に作られています。

IMG_6706.jpg

↓青い空に、広々とした参道

IMG_6696.jpg

現在の最寄りバス停は1つ東寄りの「陵ヶ岡天智天皇陵」です。

IMG_6684.jpg

そのすぐ近くに、「陵ヶ岡みどりの径」↓

IMG_6694.jpg

京津線の廃線跡です。ここから専用軌道に入っていました。

↓そこから数百m歩くと、旧御陵駅跡です。

IMG_6572.jpg

IMG_6573.jpg

IMG_6574.jpg

そういわれてみると、駅の屋根のように見えます。
私はほとんど記憶がないのですが、ここから一旦三条通の路面区間に出ていたのでしょう。

↓その位置から東行きのバス停がちらっと見えます。

IMG_6575.jpg

肝心のバス停を取り上げる前にかなり内容が増えてしまったので、バス停そのものは次回別途取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/530-e142523d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック