青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
京都今津線から連続する流れが京津国道線につながって長い特集が終わってしまい、さあ、これから何をしようかとぽっかり穴が空いてしまったような気がしますが、実は昨年は京津国道線の東半分が失われてから10年目であるとともに、市内北部の路線の多くと旧13号経路(国道・湖岸連絡系統)が廃止となってから10年目でもありました。

去年は京津国道線だけで精一杯になってしまいましたが、比叡山線以外の定期一般路線の北限の大きな後退は、やはり重大な出来事ですので、本日からは2006(平成18)年7月1日で廃止されたこれらの路線を中心に取り上げていきたいと思います。

取り上げ方を迷ったのですが、南から北に向かう方が話が進めやすいので、先に旧13号経路から取り上げていきたいと思います。

他の路線と重なるところについてはその項をご参照頂き、13号経路単独の停留所であった、「平野市民センター」、「におの浜三丁目」、及びなぎさ公園線とは乗場が異なっていた「びわ湖ホール」の3カ所を取り上げたいと思います。

平野市民センター ひらのしみんせんたー
所在地:大津市打出浜
開設年月日:2001(平成13)年10月1日
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:平野市民センター(大津市役所平野支所・大津市立平野公民館) 大津市立平野幼稚園 義仲寺
キロ程:市民病院玄関前から0.5キロ




大津市内で37か所も市民センターがあるのに意外ですが京阪バスでは唯一、「市民センター」がバス停名となったケースでした。(かつて「石山市民センター前」という副停留所名があった野々宮を除く)

ここは幸い、私が最終運行日である2006(平成18)年に両方のバス停の写真を撮っていました。

↓大津署前・びわ湖ホール方面(上が最終運行日、下が2014年11月)

00000576.jpg

IMG_5833.jpg

↓国道から石山駅方面

00000577.jpg

IMG_5826.jpg

特に石山駅方面は文字通り市民センターの前だったことがよく分かります。

「平野」というのはどこかにも書きましたが、「平野神社」に由来しており、行政上の地名ではありません。

IMG_7397.jpg

2014(平成27)年3月25日付拙稿有楽座前【旧大津市内線 14-2】でも取り上げましたが、ここでピアニスト 久野久(くのひさ)が幼少時代、転んで脚に障害を負いました。

↓私が前に行った時はちょうどGWでお祭りをしていました。

IMG_7399.jpg

↓国道・石山駅方面のバス停跡を含めた、国道・石山駅方面全景

IMG_5828.jpg

この先に見える交差点で右折していたので、バス停から交差点までがずいぶん近かったことになります。普通なら許可されないでしょうけれども、ここは道幅が狭く、交通量もそれほどではないので、認められたのでしょう。

因みに、旧大津市内線は向こうの膳所駅方面から直進してきました。ここにはバス停がなく、下の写真の先の旧東海道と交差する大津警察署の裏に「大津署前」バス停がありました。

IMG_5829.jpg

↓交差点から国道方面を眺めると、結構な坂道です。

IMG_7390.jpg

↓市民病院玄関前まで結構な距離があると思います。途中にもう1か所バス停があっても不思議ではありません。

IMG_5835.jpg

最終運行日の、バスが通っている様子を撮影した写真がありました。

「市民病院玄関前」を出ると、くるっと回り込んでこの坂を走って国道1号線をくぐり…↓

00000572.jpg

↓国道1号線の反対側で見ているとこうして平野市民センター方面から坂を上ってきます。

00000573.jpg

坂が急なので、こういう路線はもっと設定されてしかるべきだと思います。

↓通り沿いの素敵なケーキ屋さん、ああ、ケーキ食べたいなあ。ケーキって結構いい値段するんですよねえ…。雨の中で見ると、『魔女の宅急便』の「グーチョキパン店」を思い出してしまう…。あれはパン屋だけど…。

IMG_5836.jpg

palette(パレット)か…いいネーミング…ですが、下の"especially for"がよく分からない。"especially for you"みたいに、代名詞や人名が入るなら「特に誰それのため」という意味だと分かるんですが、これだとforの続きがないので、「特にのために」て書いてあるみたいに見えます。まあ、この部分には、お客さんがそれぞれその日ケーキを食べさせたいと思う大切なひとや、ゲストの名前を入れて下さい、という「余白」なのかな。

次は、大津署前(2014(平成27)年12月2日付拙稿大津署前【大津市内総合線 湖岸系統8】に飛びます)
本シリーズとして次回は「びわ湖ホール」を取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/520-6d2466f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック