FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
引き続き、昭和50年代の山科営業所所属車両の写真です。

↓京22か1084 A-1288 1974(昭和49)年式MR470

京22か1084

こちらは今も番号が残っている22号経路の京阪六地蔵行です。ひたすら外環状線をまっすぐに南下する21号経路と違って、こちらは蚊ケ瀬の南、名神高速道路のガードをくぐったところで斜め左の旧奈良街道に入って(下の地図参照)、現在の「小野随心院口」の辺りからは現在の路線と重なって、醍醐上ノ山町、醍醐新町…の順に停車していました。現在の22号経路は小野駅で直角に曲がっていますが、少なくとも1992(平成4)年3月20日現在の路線図ではまだそのルートはありませんでした。それはそうですね。そこにはまだ小野駅がないのですから、通る意味がないのです。



↓今も、斜めに入った後奈良街道(醍醐道)と突き当たるところには、こんな標識が…

IMG_5352.jpg

IMG_5353.jpg

ここから北、大宅方面にも…↓

IMG_5356.jpg

IMG_5354_20170924235440cd8.jpg

今も早朝にだけある大宅発の六地蔵行きは、今は醍醐北団地を経由しますが、以前は旧奈良街道、醍醐上ノ山町を経由していたようです。それで、こんな標識が今も残っているのですが。随心院より北側には現在は定期バス路線はありません。

因みに、現在の小野駅のバス停も、小野随心院口のバス停も、両方とも「小野」だったようです。また、1992年のその路線図でさえもまだ「醍醐北団地」のルートは影も形もないので、当然、T.F.様が写真を撮影された時はそんなルートはありません。いや、醍醐北団地自体もなかったか、やっと開発され始めたかどうかくらいでしょう。

今は山科急行も通っていて、そちらの方がメインのような扱いになっています。

↓京22か1187 C-1310 1975(昭和50)年式MR470

京22か1187

撮影場所がよく分かりませんが、市内半日コースに就いています。

↓上と同じ車両です。

京22か1187

後ろの黒い塔のようなものは何でしょうか?今はこのようなものはありません。

↓京22か1188 C-1311 1975(昭和50)年式MR470

京22か1188

C-1310号車と同じ場所で撮影されています。「京の新名所コース」だそうですが、この当時、どこを新名所と呼んでいたのか知りたいものです。今だったらどこなんでしょうね。ロームシアターは名所というのはちょっと違う気がするし、やはり京都鉄道博物館、京都水族館、そして将軍塚青龍殿でしょうか。

↓京22か1527 A-1362 1976(昭和51)年式MR470

京22か1527

浜大津での撮影です。下は山科駅前での同じ車両です↓

京22か1527+京22か1089

21号経路なので外環状線経由でしょう。これに対して、並んでいる京22か1089 A-1294は24号経路で旧奈良街道回りです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/513-4429ce53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック