青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今からちょうど60年前、1956(昭和31)年3月17日付滋賀日日新聞↓

S31.3.17S 高い通学費で対立 大石b

2012(平成24)年8月16日付拙稿昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰなどのシリーズでも取り上げた、久々の南中の通学問題ネタです。

騒動から4年、保護者も諦めて南郷中学校に子どもを通わせていたようですが、ここにきて、バス通学定期代の高さが問題となったようです。

本当は義務教育なのだから、市が通学できるように定期代を出すか、分校を作って対応すべきことだと思うのですが、京阪バスが一方的に悪者になっています。しかし、京阪バスの頑固さもなかなかのものです。また、税金ですから、安易に分校を作るとか、補助とかできるものではないという事情もあるのでしょう。

この時までの間にも問題はあったはずなのに、なぜこの期に及んで急にこの問題が取り上げられたのかというと、恐らく文中にもある国鉄バス 近城線(記事では「金城線」と書かれているが誤り)の支線がこの前年に開通して、その定期券代との差が浮き彫りになったからでしょう。

↓こちらは、1955(昭和30)年8月24日付滋賀日日新聞の、開通見通しに関する記事

S30.8.24S 国鉄バス鹿跳橋まで延長計画b

この時点で10月予定とされていました。
余談ですが、同じ記事の中の打出中学校は、恐らく今の大津公会堂にあったということですね。新築と言っても、今の名神高速道路の大津IC近くのあの場所ではありません。1983(昭和58)年8月まで、今の大津土木事務所の辺りに校舎があったのでそこのことを言っているのでしょう。

思えば打出中学校も通いにくい、生徒のことを考えていない場所です。あまり意識したことがありませんでしたが、かなり山手の北大路は別にして、粟津中学校と打出中学校の間は、大津市内で最も人口が稠密(ちゅうみつ)な地域に、公立中学校が1校もないというのは驚くべきことです。直線距離なら意外にも3キロ弱しかありませんが、実際に移動したらそんなものでは済まないでしょう。

↓一方こちらは同日の朝日新聞滋賀版

S30.8.27A 国鉄バス鹿跳橋延長計画b

ここでも分かりますが、信楽から石山の国鉄(JR)バスは近城線の支線だったのですね。
なお、近城とは、「近江」と「山城」の1文字ずつを取ったものです。

↓一方こちらは、開通直前、1955(昭和30)年12月17日付朝日新聞滋賀版。

S30.12.17A 国鉄バス信楽‐鹿跳運行b

鹿跳橋から北は、京阪バスに「路線権」があるので「とりあえず」鹿跳橋まで運行するとあります。
10月だったはずの予定は、なぜか12月にずれ込んでいます。

↓こちらはその翌日付の読売新聞滋賀版です。

S30.12.18 読 国鉄バス信楽‐鹿跳開設、京阪接続b

どのバスがどのバスに連絡しているのか分からない、不親切な書き方です。

右側の江若鉄道バスの貸切も面白いですね!1日の午前12時は午後12時の間違いでなく、本当に真夜中の出発でしょうか?2日、3日は、朝9時という無理のない出発時刻で、帰着時刻も16:30だから、それほど疲れない気がしますが、香里園の成田山なんてそんな遠いところまで含んで、こんなにたくさん回れるでしょうか?道路事情がよい今の方が、渋滞や駐車場の混雑で、却ってこんなにたくさん回れない気がします。参拝の時間や駐車場からの移動時間もばかにならないので、どういう計画なのか実に不思議です。現役のバス運転手さんならどう見るでしょうか?

↓そしてこちらが開通後、1956(昭和31)年1月9日付朝日新聞滋賀版

S31.1.9A 国鉄バス鹿跳開通b

祝賀会は延長先である大石小学校で催されています。
7往復と書かれていますが、4往復じゃないのでしょうか?区間運転か何かでしょうか?

この2か月後に、冒頭の記事が滋賀日日新聞に掲載されるわけです。

卒業を間近に控えた当時の6年生とその保護者は、祝賀会どころではなかったことでしょう。
それなら自転車で通えば、というひともいるかもしれませんが、道路事情を考えると現在でも鹿跳橋以北、少なくとも新浜辺りまでは非常に危険です。私も大石の同級生で自転車通学は1人、2人しか心当たりがありません。この当時、通行量は少ないかもしれませんが、恐らくもっと危険で、また、自転車自体も今より貴重品だったことでしょう。

この問題をどう解決したのか、結論は現時点で発見している限りの資料では分かりませんが、今も大石学区からの中学校通学はほとんど全て京阪バスに頼っているものとみられ、大津市の定期券補助制度の対象となる受給者は南郷中学校の生徒が圧倒的です。

皆が待ち望んだ国鉄バスは、結局80年代から90年代、廃止の直前は、運賃率が京阪バスよりはるかに高く、重なっている区間から外れると、途端に大幅に運賃が高くなり、ダイヤも今一つで、中学生の通学にはあまり用いられなかったのではないかと思われます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バス通学
南郷にいた時は、中学校でバス通学が違和感なかったのですが、中2で名古屋に引っ越してからは、バスでしか通えないのは特異なんだろうなと思います。全国的にはどうか分かりませんが、スクールバスとまでは行かないまでも自治体等から何か手当がされるべきなんでしょうね。
ちなみに名古屋市内だとバス通学がないのはもちろん、自転車通学もほとんど認められていません(というか徒歩で十分近いから)。学校数はやたら多いですね
2016/03/17(木) 21:52:26 | れお | #-[ 編集]
Re: バス通学
れお様、コメントありがとうございました。

> 南郷にいた時は、中学校でバス通学が違和感なかったのですが、中2で名古屋に引っ越してからは、バスでしか通えないのは特異なんだろうなと思います。全国的にはどうか分かりませんが、スクールバスとまでは行かないまでも自治体等から何か手当がされるべきなんでしょうね。

「大津市遠距離通学者通学費補助金交付要綱」第2条によると、山中町在住で京都市立近衛中学校に通学する生徒を含め、概ね通学距離が3キロ以上あるというのが補助金支給の条件で、同要綱第3条では、
「補助金の月額は、原則として当該児童又は生徒が最も経済的な方法で通学する場合における通学に利用する交通機関が発行する最長期間の通学定期券の額を、当該期間の月数で除して得た額の2分の1に相当する額以内とする」
と書かれています。屁理屈をこねられないよう、違った解釈が入り込まないよう慎重にことばを選んでいるため、何とも役所臭いですが、通常は6か月定期券の1か月相当分の半額、が1か月あたりの補助額ということになると思います。

> ちなみに名古屋市内だとバス通学がないのはもちろん、自転車通学もほとんど認められていません(というか徒歩で十分近いから)。学校数はやたら多いですね

ほとんど市域全体が平地で、人口密度が極端に異なっている場所や、離島も山地も含まれないからでしょうね。

2016/03/17(木) 22:52:25 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
面白い記事ありがとうございます
今は、道路事情もかなり改善されたと思いますが、開通当時の鹿跳橋の辺りってどんな状況だったのでしょうか。私も1983年頃毎週、この道を通って信楽まで通っていた事がありましたが、その頃は、まだ片側通行はかなり残っていましたが、もう全線舗装された道になっていたので当時とは、全く違うと思います。大雨の日、対抗してきた農家の軽トラに突っ込まれ車が田圃に落ちかけたのも宮尻でした。幸い怪我はありませんでしたが。バスは、未だ国鉄だったかと思います。いすゞの小型ツーマンが走っていましたが、これは水口営業所の管轄だったのでしょうか。昨日の事のようですが、記憶は彼方に。また面白いお話をお願いいたします。
2016/03/17(木) 23:21:59 | tkit | #-[ 編集]
小学校のバス通学例
中学校のバス通学例は他に知らないのですが、小学校のバス通学例なら彦根市にあります。

湖国バス三津屋線の開出今から三津屋側の区間では、城陽小学校へ通学する児童が乗車しています。また小学校最寄りの開出今始発の便が15時以降3便設定されています。(開出今終着の便は無し)
2016/03/18(金) 22:28:51 | じゅうしまつ | #p3bOkBJg[ 編集]
Re: 面白い記事ありがとうございます
tkit様、コメントありがとうございました。

> 今は、道路事情もかなり改善されたと思いますが、開通当時の鹿跳橋の辺りってどんな状況だったのでしょうか。

舗装もされていない、田舎道だったんでしょうね。

>私も1983年頃毎週、この道を通って信楽まで通っていた事がありましたが、その頃は、まだ片側通行はかなり残っていましたが、もう全線舗装された道になっていたので当時とは、全く違うと思います。

私ももう10年できかないくらいスーパーフレンド大石店付近から先、富川、信楽方面を見ていないので分かりませんが、地図を見る限り、だいぶショートカットされたりして改良されているようですね。

>バスは、未だ国鉄だったかと思います。いすゞの小型ツーマンが走っていましたが、これは水口営業所の管轄だったのでしょうか。昨日の事のようですが、記憶は彼方に。また面白いお話をお願いいたします。

私は奈良ナンバーのバスも使われていたことを覚えています。

面白い話だなんて恐縮です。自分の興味でつらつら書いているだけなのに、嬉しいです。こちらこそ宜しくお願いします。
2016/03/18(金) 22:45:39 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: 小学校のバス通学例
じゅうしまつ様、お世話になります。

> 中学校のバス通学例は他に知らないのですが、小学校のバス通学例なら彦根市にあります。

この辺でも外畑は小学生のバス通学がありますね。内畑はもはや学齢期の子どもがいないようで、何年か前に内畑始発の南郷中学校行き(小学校の通学も兼ねていた)がなくなってしまいました。
伊香立も江若で通学用のバスがありますね。
まあ、全国探せば数限りなくあることでしょう。

> 湖国バス三津屋線の開出今から三津屋側の区間では、城陽小学校へ通学する児童が乗車しています。また小学校最寄りの開出今始発の便が15時以降3便設定されています。(開出今終着の便は無し)

下校は学年や曜日、行事によって一定しないからバス路線として設定しにくいですね。
2016/03/18(金) 23:30:50 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: 小学校のバス通学例
早速のコメントありがとうございます。

内畑発は小学校の通学も兼ねてたんですね。

小学校の通学例もたまたま自分が乗ってた路線ぐらいしか知らなかったので、大変勉強になりました。ありがとうございました。
2016/03/19(土) 11:27:46 | じゅうしまつ | #-[ 編集]
Re: Re: 小学校のバス通学例
> 内畑発は小学校の通学も兼ねてたんですね。

実際に小学生がいたかどうかは分かりませんが、必然的に小学校の最寄の南郷一丁目も通らざるを得ないので、通学する子どもがいたなら利用していたはずです。

> 小学校の通学例もたまたま自分が乗ってた路線ぐらいしか知らなかったので、大変勉強になりました。ありがとうございました。

何なら幼稚園や保育園の通園向けというのもあるようです。
曽ての京田辺の草内には、最初からそういう目的のダイヤなのか、図らずもそうなったのか分かりませんが、幼稚園や保育園の通園にちょうどよい草内枚方線の便があったそうです。ところがダイヤ改正でそれがなくなってしまって困っている、との新聞記事がありました(1966(昭和41)年6月21日付朝日新聞京都版)。
2016/03/19(土) 21:38:56 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/480-d136f2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック