青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
↓補助席があるB車の車内。比叡平で撮影。山科B-190×だったと思います。

Scan0268.jpg

B車でも最近は、不必要と判断されると補助席を撤去しているケースがままありますが、貸切運用等を考えてか、山科管内の比叡山線、山科急行用のB車各車や、大津のB車はそのままになっていて、場合によっては勝手に使えないように補助席を覆うカバーが取り付けられていることもあるようです。

いつか、秋の比叡山に行った時、僅かな本数のバスに乗客が殺到し、何人かの客が補助席を勝手に使い始めたものだから、乗務員やバス停にいた係員が、「補助席に座らないで下さい」と宣(のたま)うなんていう場面がありました。ちゃんと臨時を出す手はずを整えておかないと、商機を逸してしまうばかりでなく、あんな急坂で立ち客満載で、万一ブレーキが利かないだの、車内で転倒しただの、事故が起きたらどうするつもりなのか、と思いながら見ておりました。

しかし補助席に関するトラブルは、今に始まったことではありません。

↓今から52年前の今日、1961(昭和36)年2月16日付朝日新聞滋賀版の読者投稿記事

S36.2.16A すわれない近江バスの補助席(投書)b

さすが近江鉄道、長距離路線向けに観光バス並みの座席を導入していたんですね。今思えば、90年代前半まで見られた旧型のモノコックのバスの一部に見られたハイバックシートの車両のルーツはこんなところにあるのかもしれません。その頃の古いバスだと昭和40年代製でも普通です。私が知っているのは、主に草津駅-バイパス-石山駅-湖岸道路-西大津駅の運用ですが、嘗ては本当に、八日市京都線、木之本浜大津線などの長距離路線で使われていたのでしょう。

いろいろなご意見があるかとは思いますが、この投稿に関しては、近江鉄道バスの方の言い分に分があるように見えます。やはり混雑区間では補助席はなしで、お互いに我慢するというのが現実的かな、と思います。ただ、この投稿者は蒲生の方で、混雑が激しい区間を利用している時に「補助席を使わないで」と言われたのかどうかまではこの文面からはよく分かりません。

それにしても、補助席を使いたくなるほど、木之本-浜大津などという路線が混雑していたということも、そして、この時代に既に「補助席」というものが存在したことも、私には新鮮な驚きでした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
補助席
 記憶違いでしょうか? 石山駅から南郷方面へのバスでも、時折 補助席のあるバスに乗った事があるように思います。
使えるのかなぁ? 使えないだろうなぁ。。と見ていた記憶があります。

混雑時 補助席があれば補助席を使いたくなるのは当然です。
それを「使わないでください」と言われれば多少なりとも気分が悪くなります。

 どうなんでしょ? 使えないように何か細工をしておくとか、ひとつひとつ「この補助席ご使用になれません」とカバーでもかけておけば 双方とも嫌な思いをせずに済むように思うのですが、そんな簡単な事をしないわけはないでしょうから。。無理なのかな?
2013/02/16(土) 20:08:55 | yume | #-[ 編集]
Re: 補助席
yume様、コメントありがとうございます。

>  記憶違いでしょうか? 石山駅から南郷方面へのバスでも、時折 補助席のあるバスに乗った事があるように思います。

記憶違いではありません。
実は正に今日の今日も、B-1230という普通は限られた便以外南郷方面では使われない補助席付の車両が南郷中学校経由のバスで使われていたのを自分の車を運転しているときにすれ違って、これは何か起きていると思って、新浜で待ち伏せしましたw

この車両の存在する理由は結構また込み入った話になるのですが、もともとは季節波動が大きい定期観光バスの予備車両で、春秋の行楽シーズンは京都を中心に、京阪バス各営業所に配置されたこの車両が、信じられないかもしれませんが、「定期観光バス」などと行き先表示を出して、私が分かる限り80年代の前半までは使われていたようで、その名残です。
現在は、京滋地区の場合、本格的な観光バスを使うほどでない短距離の貸切、比叡平・比叡山関係路線、山科急行、びわ湖競艇場の無料送迎、岩間寺臨時便が主な用途です。

故障や事故、大幅にダイヤが乱れた時、車検で車両が不足しているなど、何か特別なことがあるか、特にその車両を使うと予めほぼ決まっている便(大津では土曜ダイヤの南中系統の一部など)以外、一般の路線には使われません。なので、私のような「商売」をやっている人間にとっては、「値打ちがある」んです。但し、山科営業所だけはあまりこれといった傾向なく、いつでもどこでも使われています。

14日の記事で登場する各車両も、確かB-1905などは晩年は補助席が外されていた気がしますが、B-3969は取り付けられています。
この時も、雪でダイヤが乱れていたため、予備のこれらの車を動かしたのだろうと思われます。


> 使えるのかなぁ? 使えないだろうなぁ。。と見ていた記憶があります。

…まあ、使うひとはいないでしょうね。使うと運転手さんに何か言われそうですね。

>  どうなんでしょ? 使えないように何か細工をしておくとか、ひとつひとつ「この補助席ご使用になれません」とカバーでもかけておけば 双方とも嫌な思いをせずに済むように思うのですが、そんな簡単な事をしないわけはないでしょうから。。無理なのかな?

いや、そういう車両もあったと思います。山科で見たのか、よその会社だったか忘れましたが。
脱着が面倒ということもあるのかもしれませんが、大津の場合、補助席を使うなどということはほとんどありえないので、確かにカバーを付けた状態を標準としてもいいかもしれないですね。
2013/02/16(土) 21:13:55 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/464-725c0585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック