青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
三条京阪 さんじょうけいはん
所在地;京都市東山区五軒町
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始
改称年月日:1981(昭和56)年1月17日「京阪三条」→「三条京阪」 
付近:京阪三条駅 京都市営地下鉄東西線三条京阪駅 京阪バス三条案内所 三条大橋 京都三条大橋郵便局 檀王(だんのう)法林寺 だん王保育園 三条市営住宅 京都市教委体育健康教育室(旧京都市立有済(ゆうさい)小学校)
キロ程:東山三条から0.5キロ


京都比叡平線としての三条京阪バス停については、三条京阪【京都比叡平線開通30周年記念特集24】をご覧下さい。

三条京阪は言わずと知れた京都市内屈指のバスターミナルです。現在は市バスこそ、ここで折り返している定期路線はありません(書類上、旅客案内上起終点となっていても、連続して運転するため実質循環のようになっている)が、それでも発着する路線の系統数やターミナルの規模は京都駅に次ぐものでしょう。

しかし、そもそも京阪電車の終点であることから、最初にターミナル化させたのは京阪バスでした。

↓1952(昭和27)年1月25日付京都新聞市民版

S27.1.25KC 三条京阪にBTb2

京津線の京津三条駅が京阪線の駅と統合されてできた空き地をバスターミナルにする、ということで、記事にもある通り「もっぱら京阪バス専用」ということです。

何とこの当時もう既に「鴨東線」が企画されていたのですね!
調べてみると、それどころか何と大正の頃に、京福電鉄の前身「京都電燈」が免許を取得しており、この記事が出たころには、電車が三条から北の鴨川べりを走ることについての景観論争が巻き起こっていたようです。

「鴨東線開通までの臨時措置として大阪天満から八瀬まで一貫した足の連絡がつくわけ」



「臨時措置」……。ずいぶん長い臨時措置でした。

それにしても、この時代の新聞記事にはよく「~~なるわけ」といった終わり方をする文章があり、口語的すぎる気がして、非常に違和感があります。今の新聞ではまず見かけない表現ですね。

現代のことばは乱れている、とか言いますが、寧ろこの時代の新聞の方が、校正が不十分ということもあるかもしれませんが、変なことば遣いや、明らかな誤字脱字が結構あります。また、語彙の流行り廃りやことば遣い自体の変化があるのだろうなと思われることも多々あります。

その次の文章も興味深いです。京津線と京津国道線のプール制です。今もたまにネットオークションなどで見かけますが、後の時代にはこれらに更に江若交通も加わった、3社の共通乗車券というのが発行されていて、気分や都合で、どれにでも乗ることができました。

↓そしてたった1か月ちょっとで完成。

S27.3.6KC 三条京阪BT完成b

やはり京阪バスを中心に、京都バスも発着することになったようです。

↓しかしそれでもまだ足らず、僅か3年後には東側に拡張したということです。1955(昭和30)年10月30日京都新聞市民版

S30.10.30KC 三条京阪ターミナルb

右手に写っている京阪バスは京津国道線です。「京都⇔大津」と書かれているのが分かります。

↓広告。1955(昭和30)年10月26日付京都新聞滋賀版。「どこでも」行けるそうですw

S30.10.26KS 三条京阪市バスセンター新設b

しかし1957(昭和32)年の住宅地図を見ると、これでも、ターミナルの面積は今の半分もなかったようで、まだまだ全然足らず、昭和40年代後半から50年代にかけて更に拡幅され、それが京津線の廃止に伴って更に整備されたのが今の形、ということのようです。

今この写真に写っている、市バスが出てこようとしている通りの前身となるような細い通りは、その住宅地図には既に記載があり、確かに完全に南北ではなく、微妙に東に傾くような形で通っています↓

IMG_4374_20120213171027.jpg

左に写っている古い民家は「キヨタ牛肉店」。
「昭和32年の住宅地図には、既に記載があって驚きました」と書こうとしてネットで検索してみたら、何と開店は1927(昭和2)年!恐らくその当時からこの建物なのでしょう。

IMG_7488_20150506115917be7.jpg

↓今となっては信じられませんが、現在駐輪場になっている辺りは、西願寺、三縁寺、養福寺、高樹院という4つの寺院を中心に住宅が密集していました。

IMG_4376.jpg

1972(昭和47)年1月11日付京都新聞には、これら4カ寺のそれぞれの見解が掲載されていましたが、移転に反対していた寺院も今はないところを見ると、結局仕方なく移転したのでしょう。
調べてみると、これら4つの寺を「三条縄手四軒寺」または、養福寺以外の3つを「三条縄手三軒寺」と呼ぶようですが、いずれも昭和49年から50年頃に八瀬や岩倉などの洛北に移っていることが分かりました。

↓よく「土下座像」と呼ばれ、待ち合わせスポットになっている高山彦九郎像。

IMG_5640.jpg

でも、土下座をしているというのは誤りです。江戸後期の尊王思想家である彼は、御所の方角を拝んでいるのです。

三条案内所に関することや、三条京阪周辺で撮影された京津国道線の懐かしい写真など、取り上げることが多いので、このバス停についてはもう2回取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
面白いですね。昔の記憶が段々曖昧になる中で、このような広告等、貴重な資料だと思います。探される努力も大変かと思います。
天満橋、三条とも市バスの行き先がまた歴史を感じます。京都市バスの5番など白川がまだ仕伏町で止まっていた時代の証明でしょうか。
2016/10/02(日) 10:36:46 | | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。この次はハンドルネームをご入力下さいますようお願い致します。

> 面白いですね。昔の記憶が段々曖昧になる中で、このような広告等、貴重な資料だと思います。探される努力も大変かと思います。

労って下さってありがとうございます。飽きっぽくて集中力がない私がよくこんなことをしてきたな、と自分でも思います。
インターネットでは検索できないことを知ることができるのが嬉しいです。

> 天満橋、三条とも市バスの行き先がまた歴史を感じます。京都市バスの5番など白川がまだ仕伏町で止まっていた時代の証明でしょうか。

仕伏町というか別当町のようですね。でも5系統はほぼ今と同じような形で走っていたというのが驚きですね。1や17は今のそれとは全く違うようです。16も、旧16系統(みぶ-藤森神社)とも違う、「旧旧16系統」ともいうべき路線ですね。
2016/10/02(日) 21:41:55 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
かつての市バスの系統
>1や17は今のそれとは全く違うようです。
17系統については、その通りだと思いますが、1系統については違うと思います。1系統は、京阪電車に乗ってきた佛教大学が主たる利用者であるのは今も昔も同じだと思います。京阪電車の出町柳駅延伸後は1系統は出町柳駅始発となり、三条京阪と異なり待機することが出来なくなりました。ただ、玄琢も折り返しが出来ないため、運行の都合上、近隣の西賀茂車庫へと行き先が変更となっただけではないでしょうか。

私が覚えている限りでは、平成の初期には、8系統は京都駅から高雄までで、出発地が三条京阪始発から京都駅始発へとこの後変更されていますね。現在は四条烏丸始発になっていますが。
あとは12系統も大きく変わっていますね。平成の初期では、三条京阪から河原町通、四条通、堀川通、北大路通から金閣寺道を通って立命館大学までになっていました。今から約60年前では、立命館大学は現在の京都府立医大病院あたりにありましたので大学移転と経路変更には何らかの関連があるのかもしれません。
2016/10/10(月) 16:24:23 | むっくん | #CWUURYHQ[ 編集]
Re: かつての市バスの系統
> 17系統については、その通りだと思いますが、1系統については違うと思います。1系統は、京阪電車に乗ってきた佛教大学が主たる利用者であるのは今も昔も同じだと思います。

佛大の学生が主たる利用者であるかどうかについては一言も書いていません。彼らが主たる利用者であっても、歴史的に連続性がなければ「全く違う路線」ということになります。逆に言えば、違う時代に存在する同じ経路番号の路線について、同じような質の利用者がいるということを以て、その路線が同じ路線と断定する理由にはなりません。大津の京阪バスの現53号経路と旧53号経路がこれに近い例かと思います。


因みに、Wikipediaに同系統の変遷経緯が詳しすぎるぐらい詳しく書かれていて、その記述が正しいなら、確かにこの1系統は現在の1系統に連なるものであり、私が全く違うようです、と書いたのは間違いでした。
1系統が出町柳発着となったのは、延伸の直後ではなく、2001年のことのようです。1997年までは特1系統が出町柳発着だったようですが、これについては記憶がありません。西賀茂車庫発着に変更になったのは1973年と言いますからもう40年以上も前です。因みに玄琢発着というのは、後の北1に引き継がれているようです。

> 私が覚えている限りでは、平成の初期には、8系統は京都駅から高雄までで、出発地が三条京阪始発から京都駅始発へとこの後変更されていますね。現在は四条烏丸始発になっていますが。

8系統が京都駅発着になったことはありません。三条京阪始発でした。1997年の東西線開通のタイミングで三条京阪と四条烏丸の間が廃止されました。

12のことはよく分かりませんが、立命がそんなところにあったのは不勉強で知りませんでした。広小路学舎、というようですね。ありがとうございます。
2016/10/10(月) 22:58:51 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/460-cb0ccdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック