青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
京阪バス、特に滋賀地区の路線について調べれば調べるほど、今まであまり意識したことのなかった、江若交通について知っておかなければならないことを思い知らされます。大津以北でしか見かけない江若交通は、子どもの頃はあまりなじみがない存在で、京阪系の会社だということも最近まで知りませんでしたが、思っていたよりずっと関係が深いことが分かってきました。

1969(昭和44)年10月31日、浜大津/膳所と湖西の今津を結んでいた江若鉄道が廃止されます。この辺りのことについては、他に詳しいサイトさんがいくつかあるようですし、昨日、記録動画は取り上げさせて頂きましたので、そちらをご覧頂くとして、今日、私が注目したいのは、バス代行輸送です。

国鉄湖西線の開通と入れ替わりに江若鉄道が廃止されたわけではなく、1974(昭和49)年7月の湖西線の開通まで、約5年、湖西方面には、坂本以南の京阪電車を別にして、鉄道が全くなかったことになります。この空白を埋めたのが、社名を「江若鉄道」から改めた「江若交通」と、そして、以前から重なって走っていた京阪バスなのです。

江若鉄道は1961(昭和36)年から京阪系列の会社となり、連絡乗車券なども販売され、関係の深い会社でした。それ以前から、京阪バスは、京都今津線などを運行し、江若鉄道バスのエリアに入り込んでいました。

このバスの代行輸送は湖西線の全面開通する四十八年三月まで約三年半にわたって運転されるがその発車に備えて、会社側は、新しく三十四台のバスを購入、合計百十三台を総動員して、急行、区間急行、堅田急行バスを含む浜大津-今津間四十二往復(うち京阪バス十二往復)浜大津-堅田間百七十二往復(同二十五往復)のダイヤを編成、足の確保につとめることにしている。
1969(昭和44)年10月31日付サンケイ新聞


浜大津-堅田172往復!今の約5倍です。仮に朝の6時台から夜10時台まで運行していたとすると、1時間当たり平均約10本!仰木の里もびわこローズタウンもなくて、まだまだ開発はこれから、という時代にこれほどのバスを動員するということは、いかに江若鉄道の輸送力が頼りになっていたかということでしょう。今なら完全にパンクでしょうね。

利用者の特に多い浜大津-堅田間は全面的にワンマンカーに切り替えられ乗車券、定期券も競合区間は江若、京阪両バスとも共通となる。
1969(昭和44)年10月31日付サンケイ新聞



この制度は、実は40年以上経った今もその名残を残しており、あまり知られてはいませんが、京阪バス大津北地区の定期券や、特別定期券で江若交通の際川以南に乗車できますし、江若交通の定期券も重なっているところで使えます。また、京阪バスの紙式回数券はコミュニティバス、琵琶湖大橋線以外、基本的に江若交通全路線で今も使えますし、逆に江若交通の回数券は大津地区の京阪バス全線で利用可能です。比叡平とか、山科管轄のところはどうなのかとか、多少疑問は残りますが…。
あと、京阪バス29号経路(石山駅-湖岸道路-浜大津-比叡山坂本駅)が平成18年に廃止されるまでは、共通乗車区間に「坂本ケーブル乗場-日吉大社間の乗降を除く」(だったかな???)という例外規定があったのは大きな謎です。

サンケイ新聞が書いている「競合区間」がどこなのかが分かりにくいのですが、京都新聞には、

浜大津-近江今津間と比叡辻-日吉大社前間とも双方の乗車券、定期券でいずれのバスにも乗れることになる


とあります。京阪バスにも江若交通にも、京阪坂本駅行きや日吉大社行きがあったようで、京阪石山坂本線への乗り換え客の便を図っていたようです。現在は、片道1日2回だけしかない、比叡山坂本駅発堅田駅行きが、その名残をとどめています。

江若交通との関係やこの当時の様子については、たくさんの記事があるのですが1回では取り上げきれませんので、今後も、実地調査を含めながら、断続的に取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちわ。
江若鉄道が廃止になってから、湖西線が開業するまでの間、鉄道が空白になる期間があるのですがその間の代行バスの規模はすごかったのですね。初めて知りました。また次回の記事も楽しみにしています。

追伸
私のブログからリンクを貼らせていただきたいのですがよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします
2010/10/31(日) 16:45:16 | たけひろ | #QL.gWd3w[ 編集]
No title
こんにちは、コメントありがとうございます。リンクの件、こちらこそ宜しくお願いします。
石山が地元なので、石山駅より北、特に浜大津から先というのは疎くて、江若関係での更新はすぐには難しいと思いますが、できればもはやバス路線がほとんど残っていない旧志賀町内なども、歩いて実地に調査したいと思っております。
2010/10/31(日) 17:06:48 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
こんばんわ
江若鉄道の動画、見させてもらいました。
私が、江若鉄道の存在を知ったのは最近のことです。湖西線が新しいことも知ってはいましたが、まさかその前身のような鉄道があったとは…と衝撃を受けました。

こうして動画を見ていると、のんびりしている鉄道と思うほか比較的住宅の付近を走っているところもあり、私鉄としてよくある便利なところを走っていると思いました。

湖西線の竣工の時代には廃止という選択肢しかなかったかもしれませんが、おそらく湖西線よりは駅数も多かっただろうし、今なら富山ライトレールのような形で軌道として残せたのではないかな~と思います。

2010/11/02(火) 23:47:56 | mkj64 | #-[ 編集]
No title
おはようございます。コメントありがとうございます。
私も、知識としては、江若鉄道というものがあったというのは、たぶん子どものころから知っていたと思うのですが、地域的にも、時代的にも離れていて、あまり深く気に留めることがありませんでした。

ライトレールは微妙ですね。坂本までは京阪電車もあるし、湖西線は北陸と関西を短絡するという目的があるので、それはそれで必要ですし、更にそこにライトレールまで並走させると、平地が少ない土地で、人口が希薄なので、採算的に難しいと思います。

江若は浜大津-近江今津間51キロに対して22駅(臨時駅と膳所駅除く)、平均駅間距離2.5~6キロといったところでしょうか。起点が違うので単純に比較できませんが、湖西線は滋賀県内ということで大津京-近江今津間で考えると47.8キロに対して16駅、平均駅間距離は3キロ強です。
江若鉄道の方がキロ当たりの駅数は多いということになりますが、湖西線も、国鉄時代から存在し、比較的人口が希薄な地域を走る路線である割には、駅間距離が短い方だろうと思います。特に旧志賀町内は、江若鉄道の駅をできるだけ踏襲しようとしたので、比較的駅間距離が短い、という話を聞いたことがあります。
2010/11/03(水) 10:41:22 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/46-6e3da4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック