青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
雄琴温泉ホテル前 おごとおんせんほてるまえ
所在地:(浜大津方面)大津市雄琴六丁目 (近江今津方面)大津市苗鹿二丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1974(昭和49)年7月20日?
付近:雄琴温泉港 びわこ緑水亭 大津市立おごと温泉観光公園
キロ程:雄琴温泉から0.3キロ


一つ北の「雄琴温泉」と紛らわしく、何か別のネーミングがないのかと思いますが、そちらはもともと『雄琴温泉駅』だったので、一応今よりは区別がつきやすかったのでしょうか。それでもまだ紛らわしいです。

バス停名の由来ははっきり分かりませんが、目の前にあるのは「びわこ緑水亭」です。特定のホテルを指しているというよりは、ホテルが多い地域だから、このネーミングなのかもしれません。



↓浜大津方面の乗り場 北向きに撮影

IMG_3790_20140505122715a86.jpg

↓逆に南向きに撮影

IMG_3791.jpg

↓こちらは堅田方面 南向きに撮影しています。

IMG_3786.jpg

端に「特殊浴場」ということばが見えますが、雄琴というと、今も関西屈指の風俗店街のイメージがあります。ただ、エリアの住所は実際には「苗鹿」で、雄琴温泉の中心であるここからは少し離れています。

↓北向きに撮影

IMG_3787.jpg

↓バス停のすぐそばに雄琴港があり、北行きのバス停からはこのように見えます。

IMG_3776.jpg

近江鉄道バスの名神大津-守山駅系統が、廃止前暫くの間雄琴温泉発着だった時期があり、その時、この雄琴港の広場を使ってターンしていたのではなかろうかと、膳テツさんと話しました。

2012(平成24)年12月9日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2スペシャル』で、上の写真の奥、左手の煉瓦の建物に入っていた「マハカレー」というネパール人のカレー店が取り上げられていて、それなりに有名だったのですが、私が行った時は閉店から既に2か月ほど経った後で、残念でした。膳テツさんはあまりお腹が空かないらしく、平気そうでしたが、こういう時に限って私は結構お腹が空いていて、参りました。結果的には、まだだいぶ南の比叡辻までお昼はお預けとなりました。

↓雄琴港

IMG_3782.jpg

何となくくたびれた感じです。

↓ここからはサスペンスドラマや旅番組ですっかり有名になった「琵琶湖グランドホテル」がよく見えます。

IMG_3779.jpg

↓近くの掲示板をチェック。

IMG_3780.jpg

ここに書かれている、昔の源泉のありかを知りたかったのですが、この時には分からず、後日改めて行ったのですが、それでもよく分かりませんでした。

↓びわ湖花街道の裏手の山の中で、櫓のようなものがあるようなのですが…。

IMG_5889.jpg

↓現在の源泉は、大津市立雄琴小学校の裏手にあります。

IMG_5886.jpg

IMG_5885_20141108224959d3d.jpg

↓バス停から山手に上がると大津市立おごと温泉観光公園があります。

IMG_5883_20141108224958f61.jpg

場所が分かりにくいのが難点です。国道161号線沿いではなく、旧道、恐らく江若鉄道の走っていた跡の道を通らなければならず、それもどこから入ればよいかはっきりした案内がなくて、私はわざわざ雄琴駅まで行ってUターンしました。
…そこまで行かないとターンできないのは、私がこの辺の地理に疎いのと運転が下手くそでとっさの判断ができない結果でしかありませんが、もう少しちゃんとした案内板が欲しいです。

中は観光案内所と売店で、滋賀県の土産物などが売られています。大好きな「アドベリーパイ」がここにはなかったのが残念。現在確認できている「南限」は「びわ湖米プラザ」です。

雄琴駅と並んで、ここにも足湯があって、ほっと一息つけます。

↓国道に戻って、南向き全景

IMG_3785.jpg

次は、苗鹿です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雄琴温泉ホテル(雄琴港
うん10年前近くの高校に通っていたとき
春から秋にかけてコウジャクバスの比叡山線に乗って堅田駅までよく乗っていました。比叡山線のみ(近江バスもありました)雄琴港に乗り入れしてましたが、一回も
このバス停で乗降する方は見られませんでした。もう雄琴港には路線バスは、来ないんでしょうね。
2015/10/09(金) 14:45:06 | 雄琴のひと | #mQop/nM.[ 編集]
Re: 雄琴温泉ホテル(雄琴港
雄琴のひと様、初めまして、レスが遅くなって申し訳ないです。

江若の比叡山線は雄琴港に乗り入れていたんですか?それは初耳です。→辻ヶ下→雄琴駅→北雄琴→雄琴港→北雄琴→堅田駅というルートでしょうか?
江若は専門外ですが、今後の課題として気に留めておきます。
2015/10/12(月) 22:48:33 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
喜撰猿丸さま 北雄琴~雄琴港~北雄琴~堅田駅のルートを走っていました。廃止からも何年かは、お正月三が日に比叡山頂迄の臨時バスとして走ってましたが今は走らなくなりました。近江バスも名神大津~守山間走ってましたね。結局乗れなかったのが残念でした。(近江バスは、浜大津を出ると雄琴までノンストップでその次は堅田までまたまたノンストップと飛ばしまっくてました。堅田は駅には入らずダイエー付近にバス停があったみたいです)
2015/10/13(火) 11:08:52 | 雄琴のひと | #EBUSheBA[ 編集]
Re: タイトルなし
雄琴のひと様、ご返信ありがとうございます。

> 北雄琴~雄琴港~北雄琴~堅田駅のルートを走っていました。

へぇ!雄琴港なんかに入っていた、という路線図は見たことがないですね。また調べてみます。

>廃止からも何年かは、お正月三が日に比叡山頂迄の臨時バスとして走ってましたが今は走らなくなりました。

何なら、もっと昔は江若も比叡山DW経由で浜大津、大津駅方面に縦走していましたからね。

>近江バスも名神大津~守山間走ってましたね。結局乗れなかったのが残念でした。(近江バスは、浜大津を出ると雄琴までノンストップでその次は堅田までまたまたノンストップと飛ばしまっくてました。堅田は駅には入らずダイエー付近にバス停があったみたいです)

ダイエー付近というと、今でいうと琵琶湖大橋口のバス停に相当するのでしょうか?
今思えば信じられない路線ですが、そんなに昔の話じゃないんですよね。
2015/10/14(水) 21:38:50 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
そんな昔の話でもなく確か近江バスの雄琴から
名神大津部分廃止の時(今から10数年前かな?)までですね。その後近江バスは、
雄琴から先は、堅田駅(ようやく乗り入れできました。)まで江若バスと同じバス停に止まるようになりました。それから数年たって雄琴から堅田駅間が廃止になりました。
2015/10/19(月) 15:50:56 | 雄琴のひと | #EBUSheBA[ 編集]
Re: タイトルなし
雄琴のひと様、ありがとうございます。

そうですね。時間間隔が一番記憶に残りにくいと言われていますが、それにしてもそんな古い気はしませんね。確かに雄琴発着の時代がありましたが、北の方の情報はなかなか入らないので、どこにどう停まっているのかは知りませんでした。
2015/10/21(水) 20:47:42 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/456-c219557d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック