青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
高島本町 たかしまほんまち
所在地:高島市勝野
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:高島老人福祉センター 高島市シルバー人材センター 高島郵便局 高島市商工会高島支所
キロ程:新町から0.4キロ (近江今津から13.5キロ 浜大津から39.3キロ)




旧高島町の中心です。古くからの商店や町家が軒を連ねています。
山車(だし)が見えます↓

IMG_4466.jpg

↓今思えば真正面から撮影すればよかったなあ。もうだいぶ前に撮影したので状況をよく覚えていませんが、そこまで思いが至らなかったのか、ひとがいたから遠慮したのか…。

IMG_4467.jpg

↓北を望んで撮っています。「新町」の項で取り上げた、屈曲しているスプリンクラーは、写真奥のカーブ、化粧品店の辺りから北にあります。

IMG_4470.jpg

↓高島老人福祉センターと南行きバス停。「町」の文字を下しているのが分かります。この場所にはもともと高島町役場があり、『増補 高島郡誌 全』(1972)の最後の付録写真の中に、旧高島町役場庁舎と、その真ん前にある「高島本町」バス停の写真があります。

IMG_4468.jpg

↓農作業用の帽子…よく農家のお母さんたちがかぶっていますが、こういうところで売っているんですね。

IMG_4473.jpg

↓造り酒屋「萩乃露」と、コミュニティバス。特に意識して撮影したわけではありませんが、あとで思えば、江若バスの多くのバス停ポールに広告が出ている「萩乃露」はここなんですね!正式な名前は福井弥平商店というそうで、比良山系の伏流水を使った日本酒の他、酒粕を使った奈良漬けも作っているようです。

そういえば、この辺りの琵琶湖の浜を「萩の浜」と呼んでいて、2、3枚目の写真に写る標識にも「萩の浜」の名前がありますが、もともとこの浜に萩が群生しており、店の創業当時の藩主が、それに因んで「萩の露」という命名したそうです。
取材後に知ったのですが、この「萩の浜」の一角に、1941(昭和16)年4月6日に発生した「琵琶湖遭難事故」の追悼の石碑があるそうです。同事故では四高(現在の金沢大学)漕艇部8名と京大生3名の計11名がなくなりました。この事故の原因は、湖西独特の強風、比良八荒(ひらはっこう)だと言われています。

IMG_4497.jpg

萩乃露にはファンも多いようで、奈良漬けで萩乃露を一杯なんていったらもうたまらない!というひともたくさんいるのでしょうけど、私は日本酒も奈良漬けも全くダメで、お店を訪ねようなどとは夢にも思いませんで(ごめんなさい)、南へ、南へと急ぎました。

次は高島町(高島町駅前)です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/451-68a2dfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック