青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_4444.jpg

水尾(水尾駅前) みずお(みずおえきまえ)
所在地:高島市鴨
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:
キロ程:出鴨から0.5キロ (近江今津から12.1キロ 浜大津から40.7キロ)




鴨地区の南端に、「水尾」バス停があります。江若鉄道廃止申請書類においては「水尾駅前」となっていますが、昭和48年の路線図では「水尾」となっており、恐らく、駅がなくなってしまってから後「水尾」に改称されたのでしょう。

今は、正式な行政地名として「水尾」の名は残っていませんが、1943(昭和18)年までは「高島郡水尾村」という独立した村で、その中に本ブログでも触れている鴨などの大字がありました。同年、高島村、大溝村と合併して高島町となり、消滅したものの、駅名としては残り、今もバス停名として残存しています。

IMG_4052.jpg

「駅前」と言っても、上の資料の通り、駅まで200mあったことが分かります。

いつも使っている『角川大地名辞典 25滋賀県』には、「水尾停車場線」なる項があり…、

県道299号線。旧江若鉄道(国鉄湖西線)の水尾駅(廃駅)から、高島郡高島町大字鴨の国道161号に至る道。全長243m・幅員5.5m以上。



と書かれています。ここからも、「駅まで200m」というのがほぼ裏付けられます。
現在、滋賀県道299号線は欠番になっています。

近江高島から北、安曇川付近までの江若鉄道の廃線跡は、ほとんど湖西線の線路になっていて、現在の水尾駅跡は、この辺りから少し南に下がったところのようです。

IMG_4870_20120520182919.jpg

↓新旧の国土地理院発行地形図です。

ssScan0456.jpg
(大正9年測図 昭和7年補入 1:25000地形図「大溝」)

ssScan0457.jpg
(昭和51年修正 1:25000地形図「勝野」)

↓現在、石材屋さんになっているこの辺りが駅だったようです。

IMG_4873_20120507234006.jpg

古い地形図でも分かりますが、村の外れだったようで、当時も今も民家はあまりありません。

↓付近の水場。コップが置かれていますが…

IMG_4439_20120205181145.jpg

↓溜まっている水を飲むわけではないとは言っても、あまり飲みたいな、という感じではありませんね…

IMG_4441.jpg

↓一番上の、南行きのバス停を、南から望んで、北向きに撮影しています。

IMG_4446.jpg

↓足元はこれもまたバス停の土台だったのだろうかと思われるようなコンクリートの塊で抑えられていますが、何だか危なっかしいです。

IMG_4445_20120205181439.jpg

↓こちらは北行きのバス停です。南行きより古くからあるように見えます。

IMG_4447.jpg

↓バス停には、文字は薄れていますが、古い路線図が残っていました。

IMG_4448.jpg

↓珍しい郵便ポストです。このお宅の郵便受けのポストかと思ったら…

IMG_4442.jpg

↓ちゃんと収集に来る公共のポストです。後で調べたら、「差出箱2号」というタイプのポストで、私が知らなかっただけで、全国各地にあるようです。

IMG_4443.jpg

次は、青冷寺(しょうれいじ)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

旧江若鉄道の駅名の中でも「水尾駅」だけがなじみが無く、
ピンと来ません。

おそらく、鉄道があった頃も無くなってからバスそして
湖西線へ変遷していっても、せいぜい高島町(近江高島)
までしか、水泳や比良山のハイキングで行く機会が
なかったからでしょうね。

夏になると、大津から延々と161号線を北上する江若
バスに乗って行った、舞子や白髭や萩の浜の水泳場を
想いだします。

帰り道は、小用のためバスを降りて動き出したバスを
走って追いかけて飛び乗るひとが良くいました。
バイパスの整備された今ではこんなことは、考えられ
ませんね(笑)
2012/07/29(日) 16:48:39 | なかっちょ | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
なかっちょ様、お世話になります。

> 旧江若鉄道の駅名の中でも「水尾駅」だけがなじみが無く、ピンと来ません。

確かに、今ある湖西線の駅名にも、行政地名にも引き継がれていないため、最も分かりにくい駅の一つかもしれません。

> 夏になると、大津から延々と161号線を北上する江若バスに乗って行った、舞子や白髭や萩の浜の水泳場を
> 想いだします。

すごい時代ですよね。自分で何回か運転していますが、肩が凝ります(笑)。冬なんて本当に大変だったでしょうね。

> 帰り道は、小用のためバスを降りて動き出したバスを走って追いかけて飛び乗るひとが良くいました。
> バイパスの整備された今ではこんなことは、考えられませんね(笑)

えーっ!我慢できなくて、ということでしょうか?バイパスが整備されていなくても、今では考えられないですね。確かにあの距離では結構厳しいですね。
2012/07/29(日) 19:52:11 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/448-c647d593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック