青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
平津 ひらつ
所在地:大津市平津一丁目
開設年月日:(京阪バス)不明
      (京阪宇治交通)1962(昭和37)年11月1日?
廃止年月日:(京阪宇治バス)2008(平成20)年11月1日
付近:大津市立石山中学校(旧大津市立南郷中学校) 洛和グループホーム石山寺(旧滋賀銀行石山保養所南郷荘)
キロ程:滋賀大前から0.3キロ(石山駅から3.9キロ)


平津という地名は、渡船場があったことに由来するそうです(『角川日本地名大辞典 25滋賀県』P603 1979)が、この辺りは、「稲津」「黒津」「関津」といった、「津」のつく地名が多いです。

南隣の千町とは、渇水の時に用水をめぐって争いが起きたと言いますが、一方で、イノシシの害を防ぐために共同で垣を設置したりもしています(『滋賀県の地名 日本歴史地名大系25』P254)

前にもちらっと書きましたが、大津市内で「××〇丁目」というときの「〇丁目」は、別保のようなよく分からない特別なケースもありますが、原則として大津駅に近い方から数えています。平津は、東西で一丁目と二丁目に分かれていて、山手の西側の方が直線距離で見れば大津駅に近いのですが、山手の県道が未整備だったころに住居表示制が施行されたこともあってか、道路の便を考えると瀬田川に近い東側の方が大津駅から近い、と判断されたようで、バス停がある瀬田川沿いの東半分が一丁目、山手が二丁目、とされています。

↓全景、大石方面を望む。

IMG_6071.jpg

大石小学校までほとんど平坦なこの路線にあって、ここ平津だけはアップダウンがあり、毎年3月の「びわ湖毎日マラソン」では仰々しく「平津峠」と呼ばれています。私たち住民の感覚では、「峠」はおかしい気がするのですが、同マラソンの現行コース内でも、目立つアップダウンがここだけであるため、選手たちを悩み苦しませる場所として知られています。

↓石山駅方面
IMG_4265.jpg

↓雪が凍った道で乗降扱いする今は亡きA-3762。

ssIMG_3299.jpg

↓南郷・大石方面

IMG_6072.jpg

但し、1983年版の住宅地図では現在グループホームとなっている、旧滋賀銀行石山保養所の門の前あたりにバス停がありました。

IMG_4268.jpg

私も何となくそういう記憶があるのですが、上の写真でいうと、右端の門のそばだったと思います。

↓石山駅方面も住宅地図では1999(平成11)年版までは今より南にあったことになっていますが、こんなに南だったかな?と不思議です。

北から南を望む。

IMG_6079_20130504215416.jpg

南から北を望む。

IMG_6080.jpg

住宅地図の印刷の関係で多少ずれているのかもしれません。
寧ろ、最初の「石山駅方面」の写真の右奥にちらっと写っていて、昔のアナウンスでも広告が流れていた「スズラン美容室」の近くだったような記憶があります。

南中経由と特に区別する必要がある時は、別線となる区間の中央にあるバス停であるためか、「平津経由」と呼ばれ、側面表示にも現れるようになりましたが、どちらかというと地味で、利用者が少ないわけでも多いわけでもない、あまり特徴のないバス停です。

しかし、旧大津市立南郷中学校が、現大津市立南郷小学校と入れ違いに平津に移転して以来ずっと、その最寄りバス停とされています。

IMG_6078_20130420214414.jpg

中学生の通学のために、「石山団地発平津行き」があったことはうっすら記憶にあるのですが、それを確かめるすべが長らく存在しませんでした。しかし、「大浜」や「石山小学校前」の項で貴重な写真を紹介させて頂いた、ケンジ様からご提供頂いた「野々宮」のバス停時刻表写真は、私が知る限り初めての、本記事UP日現在唯一の、「平津行き」が存在したことが確認できる大変貴重な資料です↓

野々宮 S58頃

1983(昭和58)年頃撮影とのことです。
文字がつぶれてしまっていますが、恐らく8:07発が平津止まりだと思われます。

↓南から見た中学校

IMG_6090.jpg

1987(昭和62)年4月、現大津市立南郷中学校が赤尾町に開校してから、この中学校は石山中学校と改称し、バスは、石山団地が石山中学校の学区である以上、平津止まりのままでもよかったのに、なぜか南郷中学校行きとして運転されています。

次は、赤川です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/445-0a6287c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック