青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回の続きです。

トンネルを通り抜けると琵琶湖。この日はあいにくの曇天でしたが、滋賀県はこういう感じの日が割と多いですし、あまり華々しくいい天気であるより、情緒があるような気もします。

IMG_4536.jpg

コンクリートの護岸が濡れているのは、波がかかるからでしょうか。

IMG_4539.jpg

遠くに釣り人も見えます。

IMG_4541.jpg

私も南に向かって歩いてみたのですが…、え?何これ?水がヒタヒタ上がってくる。

IMG_4543.jpg

あ!怖い怖い!湖だか護岸だか分からなくなってくる!気づいた時には、湖に入ってしまっていたなんていうことになりそう。

IMG_4544.jpg

慌てて近くの階段から上に上がりました。高島バイパスです。1975(昭和50)年開通なので、京都今津線がこの辺りを走ったことはないはずです。先ほどの旧集落内のバス停から遠くないところに、南行きのバス停もあったのでしょう。

IMG_4546.jpg

↓現在の南行きのバス停は、このバイパス上にあります。

IMG_4547.jpg

白鬚神社臨時バスは、ここを通り、ちゃんとアナウンスも設定されていますが、まあ乗り降りするひとはほとんどないでしょうね。

IMG_4548.jpg

どんより……

IMG_4550.jpg

↓沖島の島影でしょうか。

IMG_4586.jpg

バイパスを南下して眺めた、旧道の入口。これを入って行くと、先ほどの北行きのバス停に辿りつくわけですが、ここで渡ることはできませんので、バイパスをくぐるトンネルを使って回り込みます。

IMG_4553.jpg

旧道側から見た旧道の入口。もともとはバイパスなどなく、この旧道に国道が切れ目なくまっすぐとつながっていたのでしょう。現在、この場所は一方通行で、大津方面から入ってくることしかできません。

IMG_4576.jpg

旧道から大津方面に行きたい車は、この少し北に、車が通れるバイパスをくぐるトンネルがあるので、そこを通ります。白鬚神社の臨時バスはもっと北の別のトンネルからバイパスに出ています。

IMG_4574.jpg

IMG_4554.jpg

↓画面左下の方に、小さな道標のようなものが写っています。

IMG_4555.jpg

↓拡大すると…

IMG_4575.jpg

瀬田の唐橋から143キロもあるかな?と思って、裏側を見ると、50キロ。ああそうか、143キロというのは左回り、草津、米原を先に回った場合の距離なんですね。

IMG_4577.jpg

↓旧道の入口はこんな感じです。高島バイパスができたのは湖西線開通後なので、京都今津線はここを走っていたのでしょう。

IMG_4581.jpg

次は 白鬚神社前
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/443-8ea24e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック