青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
1952(昭和27)年5月11日、ちょうど60年前の今日、後に近鉄、奈良交通、京阪バス3社がしのぎを削ることになる京都奈良線のバスの中で、最も歴史が古い「奈良電鉄バス」(のちの奈良交通バス京都営業所)の京都奈良線が開通しました。

S27.5.5KY 京都‐奈良間に奈良電鉄バスb

停留所名もある、詳しい記事です。1日20往復!1時間2本程度でしょうか。

これより以前から話題にはなっていたようで、1949(昭和24)年8月20日付京都新聞山城版には、以下のような記事がありました↓
S23.8.20KY 京都‐奈良直通バス運転計画b

ここでは「奈良交通」と書かれています。奈良交通の京都奈良線は、後述の通り1965(昭和40)年開通ですが、どうも、奈良電鉄が近鉄と合併して現在の近鉄京都線となるタイミングで、京都奈良線のバスを近鉄、京阪、奈良交通の三社で運行するということに整理されたようなので、この「奈良交通」は実際は「奈良電鉄バス」のことなのかもしれません。

↓こちらは近鉄バスの京都奈良線。

PICT0012.jpg

車庫があった関係で、大安寺発着となっています。

↓こちらは奈良交通。1965(昭和40)年8月25日開通で、同日付朝日新聞京都版(京都市内)に広告が掲載されています。それをそのまま出せないのが残念ですが、開通当初は5往復で、大和八木発着の1往復を除く4往復が和歌山線・五条駅発着です。京都-八木間2時間弱、五条までは2時間35分かかります。

PICT0034_20120309192948.jpg

↓こちらは京阪バスの京都奈良線。1962(昭和37)年7月25日開通です。京都今津線が同年5月19日開通なので、中長距離路線開通ラッシュだったんですね。車両は洛南営業所A-3346 昭和55年式です。

59-8-20京阪

↓こちらは洛南営業所では唯一のエアロミディだったA-1013です。「京阪」のヘッドマークを付ける直前の頃ですね。

61-11-23奈良駅

京阪バスの奈良行きは、近鉄奈良でも、国鉄奈良駅でもない中途半端な場所で、いったいあの場所は何なのか?と時々各サイトさんで話題になりますが、「京阪バス五十年史」の年表に、1965(昭和40)年5月8日「京都奈良線近鉄奈良駅-車庫前間二・〇粁路線延長免許」とあり、そのことかと思われます。
社史にはこれ以上の記述はなく、いつから免許通りに運行されたのか分かりませんが、1965(昭和40)年6月1日付京都新聞第1滋賀版に、「京阪バス奈良都心へ延長」という記事がありました。

京阪バスでは、一日から京都・奈良線の奈良側を二キロ延長運転する。
従来の終点だった近鉄奈良駅前を奈良市西木辻町、奈良レストラン前の“奈良停留所”まで延長して奈良都心部へ乗り入れるもので、中間に“国鉄奈良駅前”停留所が設けられる。



昔は「奈良レストラン」というものがあり、「都心」と認識されていたのでしょう。

京阪バスの京都奈良線は1996(平成8)年3月27日に廃止、奈良交通も日付ははっきりしませんが同年廃止、近鉄バスが最後まで命脈を保ったものの、1998年の廃止直前は、2月5日付拙稿月に1回の路線バスで取り上げた、奈良交通の向島-大川原系統同様、第3日曜日だけ運行という、虫の息のような状態でした。

一時は、3社合わせて20分間隔程度で運行されていたというのに、今やその「大河」はほとんど完全に干上がってしまい、60年前にきっと華々しく開通したであろうことなど、もはや誰も覚えていないのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昭和37年頃、玉水の友人宅に行く時、奈良線で行くと言ったところ、バスは30分に1本あるよと言われて、市電で稲荷まで行き乗りました。
バスは国鉄奈良線とほぼ並行しており、当時国鉄奈良線の京都~奈良間は昼間約1時間30分間隔で、手許の昭和39年10月の時刻表では京都駅発8時26分の次が9時7分、10時35分、11時54分、13時38分、15時8分、16時29分と続き以降は1時間間隔という状態で、その間に新田折返しが1本入り、京都~新田間は約45分間隔でした。この時代、奈良線沿線の人が京都や奈良に行くときは、日常的にバスを利用しておりました。
バスが衰退した理由は、奈良街道が観光シーズンを中心に交通渋滞のため定時制が保てなくなったこと。(京阪バスで6時間かかったという話を聞きました)マイカーを持つ人の増加。奈良線電化による列車本数の増加、と不利な条件が重なってしまい、存在価値がなくなってしまったことが挙げられます。
京阪バスと近鉄、奈良交通のルートの違いは、京阪バスは京都行の場合、師団街道を北上して塩小路通りの交差点で左折、塩小路橋を渡り塩小路高倉交差点を直進して京都駅に向かったのに対し、近鉄と奈良交通は、七条通りの交差点まで北上して左折、七条大橋を渡り七条烏丸交差点を左折して京都駅に向かったと思います。
2012/05/13(日) 21:40:20 | T.F | #jIIb2Skw[ 編集]
Re: タイトルなし
T.F.樣、いつも貴重な写真とコメントで盛り上げて下さって、ありがとうございます。

> バスは国鉄奈良線とほぼ並行しており、当時国鉄奈良線の京都~奈良間は昼間約1時間30分間隔で、

信じられないですね。もっと古い時代のダイヤ改正を報じる新聞記事を見た時は、これが1日の本数全てなのか?と目を疑いました。京阪や奈良電があったからそれほど困らなかったんでしょうね。そして、その隙間を埋めるのが京都奈良線ということでしょうか。

> 京阪バスと近鉄、奈良交通のルートの違いは、京阪バスは京都行の場合、師団街道を北上して塩小路通りの交差点で左折、塩小路橋を渡り塩小路高倉交差点を直進して京都駅に向かったのに対し、近鉄と奈良交通は、七条通りの交差点まで北上して左折、七条大橋を渡り七条烏丸交差点を左折して京都駅に向かったと思います。

最近、ルートが変えられたみたいですが、京阪バスは鳥羽街道辺りからの山科急行のルートと近いですね。
結局それほど大きな違いではないんですね。
京都まで手を伸ばすときりがないので、大津を一通りし尽くさない限り手は出さないつもりですが、京都奈良線もなかなか面白そうですね。

2012/05/13(日) 22:09:46 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
[斜体]斜体の文[/斜体]夢のある路線
ネットで旧奈良電のバスが存在することは聞いたことがありました。京都·奈良に一般バス路線があったとは。かつて、大阪·京都間に阪急バスの路線(京都急行線というんでしたっけ?)があったそうですが、当時は、どのくらい鉄道との棲み分けができていたのでしょうか?

現在は、地下鉄烏丸線から近鉄直通の急行も激減してしまいましたね。残念ですね。
最近、外国人観光客を京都市内でも以前にも増してよく見かけますね。奈良でのお土産の袋を持った人も見かけることがあります。
私も今は、関東在住で、京都に行く時は、いつも伊丹空港から阪急で京都に行きます(伊丹空港から直接京都に向かわない事も多いのですが。)。
阪急や京阪ユーザー、奈良と京都を回る為の京都市内中心部(四条烏丸や四条河原町、三条)から奈良市内行きのバスがあれば、どれだけ便利かな?と思います。地下鉄に乗れば、2駅でも、とくに阪急利用者には、京都駅は、とても遠いように感じています。
遠い、自分の知らない時代に思いを馳せ、記事を拝読しました。
2015/05/02(土) 17:13:21 | モモチン | #-[ 編集]
Re: 斜体の文夢のある路線
ももちん様、コメントありがとうございました。

> ネットで旧奈良電のバスが存在することは聞いたことがありました。京都·奈良に一般バス路線があったとは。かつて、大阪·京都間に阪急バスの路線(京都急行線というんでしたっけ?)があったそうですが、当時は、どのくらい鉄道との棲み分けができていたのでしょうか?

棲み分けの程度や内容までは私も分からないですね。起終点を自社線の駅とは微妙にずらしたり、駅と駅の中間点で鉄道が不便なところなどをうまく縫っていたのだろうとは思いますが。
あと、鉄道の運行本数が今より少なく、そしてもちろん自動車の普及率が低いから、商売が成り立ったのでしょう。

> 現在は、地下鉄烏丸線から近鉄直通の急行も激減してしまいましたね。残念ですね。

地下鉄直通を増やすと、竹田駅の構造上、その分どうしても竹田以北の近鉄線の本数を減らさざるを得なくなるので、近鉄にとっては線路容量は無駄になるは、儲けは減るはで、メリットが薄いのでしょう。そのデメリットを補うほど直通需要が多いならやる値打ちがありますが、そうでもないのでしょう。

> 私も今は、関東在住で、京都に行く時は、いつも伊丹空港から阪急で京都に行きます(伊丹空港から直接京都に向かわない事も多いのですが。)

新幹線ではないのですね。伊丹空港と京都の間を行き来したことはないのですが、私ならリムジンバスに乗りそうだな。

> 阪急や京阪ユーザー、奈良と京都を回る為の京都市内中心部(四条烏丸や四条河原町、三条)から奈良市内行きのバスがあれば、どれだけ便利かな?と思います。地下鉄に乗れば、2駅でも、とくに阪急利用者には、京都駅は、とても遠いように感じています。

確かに阪急とJRや近鉄の行き来は面倒ですね。あと、地味ですが地下鉄東西線と阪急を行き来する時の1駅間の烏丸線も大嫌いです。

> 遠い、自分の知らない時代に思いを馳せ、記事を拝読しました。

そうしたご感想が大変嬉しいです。私も自分の知らない時代に思いを馳せながら、古い新聞記事を読んだり、記事を書いたり、現地を取材したりしています。
2015/05/02(土) 22:11:53 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/440-6050701a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック