青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
大宮前 おおみやまえ
所在地:京都府綴喜郡宇治田原町岩山法泉寺
開設年月日:1961(昭和36)年12月9日(翌年の同日の可能性あり)
廃止年月日:不明
付近:大宮神社
キロ程:維中前から0.4キロ(石山駅から19.5キロ)


『地域とともに60年』の年表では翌年の同日にも開設の記述がありますが、どちらが正しいのかUP日時点では確かめることができません。いずれにしろ、石山線開通前後、京阪宇治交通発足直後にできたことは確かですが、バス停名を「大宮神社(前)」でなく、「大宮前」としているあたり、「局前」など同様の宇治田原自動車時代的な雰囲気があります。ひょっとすると維中前同様に戦時中に休止になっていたバス停の、遅れてからの復活なのかもしれません。引き続き調べます。



↓ここにも未だに「路線バスを除く」の補助標識が残っています。

IMG_3489.jpg

↓自動販売機のある辺りにバス停のポールがあったようです。

IMG_3490.jpg

バス停名にある「大宮」とはバス停の北の方向にある、「大宮神社」のことです↓

IMG_3488.jpg

大宮神社は、神社そのものと宇治田原町役場がある「荒木」地区と、最も人口が多い「郷之口」地区という、宇治田原町の中心的な存在である2地区の氏神だそうです。

IMG_3875.jpg

IMG_6291.jpg

IMG_6292.jpg

IMG_6293.jpg

この神社の住所は「宇治田原町大字荒木小字天皇38」です。小字が「天皇」とはすごいです。天智天皇の第七子として生まれた「施基(しき)皇子(田原天皇)」が屋敷を構えたという伝承がある他、この近くに陵墓があるという伝説もあるようです。

↓神社の石段から見た、宇治田原町の景色。

IMG_3876.jpg

IMG_6294.jpg

次は、役場前


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/427-c67c5e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック