青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
くつわ池登り口 くつわいけのぼりぐち
所在地:京都府綴喜郡宇治田原町郷之口神縄釣(かんじょうづり)
開設年月日:1964(昭和39)年3月31日
廃止年月日:2005(平成17)年8月1日
旧称:くつわ池
付近:くつわ池自然公園 宇治田原町浄化センター
キロ程:宇治山から0.6キロ(石山駅から旧道経由21.8キロ)




「くつわ池」バス停については『地域とともに60年』(1983)に、1939(昭和14)年7月26日に開設され、1944年(昭和19)年9月10日に廃止された、という記述もありますが、この「初代」の「くつわ池」と、1964(昭和39)年新設の、後の「くつわ池登り口」につながる「くつわ池」とが同じ場所なのかまではよく分かりません。

1991年頃、立場(たてば)林道線が開通してそちらに「くつわ池」バス停ができると、こちらは「くつわ池登り口」と改称されました。

「くつわ池」は漢字で書くと「轡池」で、馬の口にくわえさせる馬具の「くつわ」に似ているのでその名がついたということです。

1982(昭和57)年版の住宅地図では、〇印があるだけで明確なポール位置は分かりませんが、この上り坂の入口の所にポールがあったのだろうと思われます。

IMG_3470_20120101141327.jpg
IMG_3471.jpg

IMG_3472.jpg

T.F.様がご提供下さった、昭和50年代のパンフレットにも記載があります。

Scan1713 (2)

立場林道沿いの現在の「くつわ池」バス停↓

DSC_0049.jpg

↓案内板

DSC_0047.jpg

キャンプ、テニス、釣りなどができるようです。入園料が必要なので中までは取材していません。…とかケチなことがバレるようなことわざわざ書かんでもええのに(苦笑)。

↓通過する維中前行き。

DSC_0051.jpg

日中は宇治方面も、維中前方面も毎時15分、45分発なので、ダイヤが乱れなければ必ずここですれ違うダイヤです。

私が行った時は、ぴったりと同時ではありませんでしたが、間もなく京阪宇治行きがやってきました↓

DSC_0053.jpg

かつては宇治川線の方の「くつわ池(登り口)」が1時間2本程度は走っていたのでしょうけれど、今や路線さえもなくなり、時代の変化を感じさせられます。

末筆になりましたが、T.F.様、貴重な資料、ありがとうございました。

次は、宵待橋(新宵待橋、辻堂)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/422-7d74865f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック