青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
N-3899様、昨日はコメントありがとうございました。大阪はやっぱり早かったんですね。何事も真っ先に導入、という印象が強い高槻の方が大阪の他の営業所より後だったというのは意外でした。

せっかく整理券番号のチャイムのことを書いて下さったので、私も今回は、その思い出から書かせて頂こうかと思います。

>整理券番号が変わるときのチャイムですが、これは営業所によってマチマチです。
枚方・高槻・寝屋川営業所管内ではチャイムが鳴ります。

そうですね。私も廃止直前の樟葉中書島線に乗った時(=初めて大阪の京阪バスに乗った時)に驚きました。滋賀から大阪まで、何事もよく統一が図られている京阪バスにあって、これは意外でした。
ところが、テープ時代の大津とピッチが違うのがすごく残念だったんです。大阪の京阪バスのそれは、始発の時の外用アナウンスの「長らくお待たせいたしました」の前に入るチャイムと同じなんです。

樟葉中書島線一口(いもあらい)北口にて


言及されている男山のことはよく分かりませんが、宇治交は基本的にチャイムがありましたから、それを継承しているのかもしれませんね。

前回も引用した、清水誠治の「路線バスの案内放送のことば」では、チャイムやBGMについて、

「チャイムは、乗客にこれから案内放送が始まることを意識させるための、『皆様』『ご案内致します』といった言語に代わるメタ表現」

としています。「皆様」や「ご案内致します」は、どうもツーマンの時には結構よくあった表現で、それに代わるものがチャイムだ、ということのようです。また、

「運賃表示器の運賃画面が切り替わる停留所の案内時にのみ入れているところもあった」

と書かれているので、一見すると、京阪バスはこれなのかな?と思ってしまいそうですが、そうではありませんね。運賃画面が切り替わっても、チャイムは鳴るとは限りませんし、その逆もしかりです。

これは乗客への注意喚起ではなく、多分、整理券発行器が自動化される前、運転手への合図の意味で鳴っていたものの名残なのでしょう。小さい時は何の意味があるのか分からず、南郷・大石方面の「石山小学校前」では鳴るのに、石山駅方面では鳴らないのが何でなのかな、と思っていたのですが、やがて法則性に気付きました。
清水は、全国のバス事業者へのアンケートを基にこの論文を書いているのですが、こうした乗務員への合図については何も言及していませんので、全国的には珍しいケースなのかもしれません。

9号経路(後の4A号経路)(石山駅~大石小学校前~寿長生の郷)のように、対キロ区間制の区間にまたがるような路線だと、「唐橋前」「石山寺山門前」「滋賀大前」など、普通はチャイムが鳴らないところでも鳴りっぱなしだったことも思い出します。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、ブログ開設おめでとうございます。

整理券番号が切り替わる際のチャイム、私が初めて聞いたのは樟葉長尾線が枚方カントリーへ延伸した時でした。当時は枚方市駅や樟葉駅に出る際は全て1区間の系統で、整理券を発行するバスが走っていませんでした。樟葉駅~枚方カントリー系統に初めて乗った時、樟葉駅ゆきなら東山で幕式運賃表が変わる事に驚いた事を覚えています。
また、樟葉駅から乗る際には枚方カントリーゆきなら企業団地(現:中の池公園)でチャイムが鳴るのに、藤阪ハイツゆきではチャイムが鳴らない違いが当時は疑問に感じていた事も覚えています。

因みにチャイムですが、枚方営業所管内では整理券番号が変わる全ての停留所で鳴る訳でありません。樟葉地区では210円区間がありますが、樟葉駅ゆきなら企業団地中央、船橋、くずはモールが整理券番号が切り替わる停留所に該当しますが、これらは最近になって整理券番号が切り替わるようになった為か、チャイムが鳴ってなかったと思います。
2010/08/31(火) 13:55:01 | 薬師谷/長尾西口 | #-[ 編集]
No title
遅くなりましたが、ブログ新規開設おめでとうございます。

既にN-3899様が仰っておられますが、寝屋川管内でも確かに使われています。
一般の乗客からすれば、恐らく無意味なチャイムですが、伝統あるものだと思います。

因みに、仕事先の阪急バスではチャイム無しなので、慣れるまで大変でした。
2010/09/01(水) 07:47:16 | 535@岡機 | #jAfLvV.k[ 編集]
No title
薬師谷/長尾西口様、535@岡機様 コメントありがとうございます。
音のピッチが違うとはいえ、なぜ大阪で残って、京滋ではなくなってしまったのかが不思議ですね。大阪でも、あったからと言って、完全に自動化されている現在、実際的な役割はないのだと思いますが。

それにしても、チャイムにどれほどの方が関心を持っているものなのかな、と思っていたのですが、やっぱり注意深い方はよくご存知ですね。
2010/09/01(水) 21:19:59 | 喜撰猿丸 | #q1yVCC8M[ 編集]
No title
こんばんは。

さらに付け加えると、交野営業所管内においては、基本的に整理券番号変更のチャイムは廃止されているが、比較的新しく設定された[18]京阪交野市駅~田原台1丁目系統では、どういうわけか例外的に整理券番号が切り替わる度にチャイムが鳴ります(枚方・高槻・寝屋川と同じタイプ)。
2010/09/01(水) 22:10:29 | N-3899 | #CZ2g33i2[ 編集]
No title
N-3899様、解説ありがとうございます。
京阪バスというのは、サービスが非常に均質なようでいて、そういう営業所ごとのちょっとした違いが面白いですね。
田原台は、その道中の大半は他社が重なっているわけではありませんが、もともとが他社エリア(多分奈良交通)で、そちらに合わせないといけないんでしょうね。
2010/09/01(水) 23:11:45 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/42-5b3f9192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック