青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
生長の家 せいちょうのいえ
所在地:宇治市宇治塔川
開設年月日:1973(昭和48)年8月1日
廃止年月日:2005(平成17)年8月1日
付近:生長の家宇治別格本山 ホテル静山荘 
キロ程:白川口から0.5キロ(石山駅から維中前旧道回り27.3キロ 外畑回り24.8キロ)




「生長の家」は1930年(昭和5年)に谷口雅春により創設された宗教団体です。
その「別格本山」が宇治におかれており、その最寄りバス停だったのが、その名もずばり「生長の家」バス停です。
「生長の家」の教化部は全国各地にあるのに、この停留所がずばり「生長の家」であることも、「別格本山」があるからだと考えれば納得です。ただ、バス停の歴史は意外に浅く、今年の8月1日が開設40周年でした。
開設の日と廃止の日が同じとは何とも皮肉です。

↓1953(昭和28)年2月14日付朝日新聞京都版に、宇治に本山を作るという記事が載っていました。

S28.2.14AK 宇治に生長の家本山b

我ながらよくこんな記事を見つけられたものだな、と感心するやら呆れるやら。

因みに、今年2月14日付拙稿なつかしいバレンタインで同じ日の京都版の他の記事も取り上げておりますので、宜しければご覧下さい。

また、この前日に京阪電鉄労組が、白襷白鉢巻き姿で京都市内を自転車で走って、賃上げデモを行ったという記事も載っています。
地方版は1ページかせいぜい2ページですが、その中でこれだけ本ブログで取り上げたいと思わせる要素のある記事が集まっていることは珍しいです。

1983年版の吉田地図「宇治市南部」の住宅地図によると、バス停のポールは、宇治方面にしか設置されておらず、下の写真で、「錬成会 100m先」と書かれた看板の前辺りのようです。

IMG_3365.jpg

IMG_3366.jpg

しかし、宇治川線廃止直前の2003年版のゼンリン住宅地図によると、宇治方面は、撮影のために私が立っている位置、下の写真で、車が数台停まっている駐車場の辺りだったようです↓

IMG_3407.jpg

因みに正面の坂から、宇治別格本山に上がれるようです。

↓2003年版の住宅地図には、宇治田原方面のポールも記載があります。別格本山の向かいにあるホテルの前だったようです。

IMG_3362.jpg

IMG_3363.jpg

↓駐車している軽自動車の前、木柱の横当たりのスペース化と思われますが、はっきりしたことは分かりません。

IMG_3364.jpg

宇治川ライン線の「平等院前」の項でも取り上げていますが、80年代にはここから川寄りの旧道を走っていたことが住宅地図等の資料で確かめられます。

本山に上がる坂の向かいの細い道が旧道のようです。

IMG_3408.jpg

↓現在は東行き一方通行で、石畳が敷かれていて、車はほとんど通りません。

IMG_3409.jpg

この辺りから、宇治の市街地に入り、観光地らしい雰囲気になってきます。

次は、平等院前
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/418-769aa721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック