青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
「撮り鉄」派でも「乗り鉄」派でも、必ず知っていて、どうしても気になる終点・美濃赤坂(みのあかさか)↓

IMG_4190.jpg

石山から1,620円。石山駅の自動券売機は、特別に更に高額の名古屋までの乗車券が買えるようになっていますが、普通の自動券売機で買える乗車券は100キロ以内ということで、1,620円区間が最高額です。



行こうと思えばいつでも行けるので、出不精な私はなかなか重い腰が上がりませんでしたが、昨年秋、名古屋に用事があったので、ついでに立ち寄りました。

なぜこんな支線ができたのか、何を調べてもよく分かりませんでしたが、付近は石灰石の産地で、西濃鉄道という貨物専門の鉄道に接続していて、貨物がメインであることはいろいろなサイトさんで分かりました。

私の手元にある、「国鉄全駅ものしりガイド 西日本編」(小学館 1983)によると、

「五駅ある東海道本線の終点の中では、唯一の終端駅となっている」

とのことです。

「東海道本線 終点」をキーワードに検索すると、一様に「神戸」と書かれていますが、本当はそれでは不十分ということになります。
東京は「起点」なので、残り3つはどこなのか?ということになりますが、戸籍上は貨物線を含んでいたり、信号所だったりすることもあるので、私にも調べきれませんでした。ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

↓発車するのは大垣駅の切り欠きホーム3番線です。

IMG_3552.jpg

↓2両編成の電車です。

IMG_3556.jpg

↓厳密な分岐点は「南荒尾信号所」で、暫く本線と並走した後北に分かれて、すぐに唯一の途中駅、荒尾に着きます。

IMG_3561.jpg

↓5分ほどで終点の「美濃赤坂」に着いてしまいます。

IMG_3568.jpg

IMG_3563.jpg

IMG_3567.jpg


先にも引用した「国鉄全駅ものしりガイド 西日本編」によると、「東海ライナーの乗り入れが唯一の救い」ということで、昔「東海ライナー」と呼ばれていた快速列車の直通があったことが分かります。有名な4310(ヨンサントー)改正(1968 昭和43年10月のダイヤ改正)から1年間は、何と東京発美濃赤坂行きの夜行があったというのだからすごい。これが後の「大垣夜行」であり、今は臨時列車化している「ムーンライトながら」です。


駐輪場ができていること以外、同書に掲載されている写真とほとんど変わらない駅舎です↓

DSC_1047.jpg

↓田舎の駅だと特に国鉄時代の写真で、窓口の近くに掲示された表に、近隣の駅の他に「東京都区内」とか「大阪市内」とか、遠方の主だった駅の運賃が書かれているのが写っていたりしますが、ここはやはり自動券売機と同じく、100キロ以内の駅という基準のようです。大都市近郊区間以外の区間が含まれる101キロ以上の区間の乗車券は、途中下車ができる、有効期間が1日を超えるなど、扱いが異なるからなのでしょう。ただ、この駅に自動券売機や、ICカードのタッチパネルはありません。

IMG_3570.jpg

JR西日本エリアまで運賃の記載がありますが、同じ東海エリアの中央線や高山線などの100キロ以内の駅は書かれていません。

上の写真の運賃表では「美濃赤坂支線」と書かれていましたが、時刻表は「美濃赤坂線」になっています。今は線内運転だけです。

DSC_1045.jpg

地元のひとでしょうか?私は華道、茶道、柔道、剣道…など、何とか道とつく、日本的なことが何1つできないだらしない日本人なので、よく分かりませんが、静かにきっちりまとまっているように見えました。

IMG_3583.jpg

↓駅舎内

IMG_3586.jpg


駅だけで十分面白くて、結構な枚数の写真になってしまいましたが、次回の記事では駅を飛び出したいと思います。ご興味がおありの方は、次回の記事もご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「この続き」とても楽しみです。
私もずっと気になっていて、ちょうど一年前に訪れ、雰囲気のある美濃赤坂駅を堪能したあと、廃線跡をたどり、迷い迷い。。。(笑) バス停もみつけられず、疲れました。
そのあと、再び大垣駅からバスでお雛様見に行きました。
そういえば、あの時の記事もまだブログアップしてないなぁって思い出しました。
2012/02/18(土) 22:01:56 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
こんばんは。
いずれも貨物線の新興(横浜市)、大阪貨物ターミナル(摂津市)、神戸港が末端に接続線のない終点。これが正解かは何ともいえませんが。
枝線という意味では梅田貨物線や高島線(横浜市)、東海道貨物線(浜松町~浜川崎)などもありますね。
北方貨物線や東海道貨物線(横浜羽沢経由)は枝分かれしたあと再び本線に合流しています。
2012/02/19(日) 00:53:01 | METEOR | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
yume様、続きを楽しみにして下さっているとのこと、ありがとうございます。そんなに大したことが書けるかどうか、心許ないですが。yume様も訪れられたとのこと、やはり皆さん、あそこは一体何なのだろう?と思われるんですね。貴ブログでも、美濃赤坂の記事がUPされるのをお待ちしております。
2012/02/19(日) 08:10:51 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: タイトルなし
METEOR様、いつもお世話になります。さすがですね、早速にありがとうございます。ただ、美濃赤坂は「東海道本線の終点の中で唯一の終端駅」ということなので、末端に接続線がないとなると、ちょっとどうなのか分かりませんね。そういうのって何を見るとはっきりするのでしょうね。

2012/02/19(日) 08:14:14 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/398-1bc8a551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック