青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
東山三条 ひがしやまさんじょう
所在地:(比叡平方面)京都市左京区南門前町
    (三条京阪方面)京都市東山区三町目
    (山科方面)京都市東山区大井手町
    (旧山科方面、比叡平方面?)京都市東山区七軒町
開設年月日:?      
付近:地下鉄東西線東山駅 京都中央信用金庫東山支店 滋賀銀行東山支店 三条市営住宅 京都文教高等学校 京都市粟田地域包括支援センター 旧京阪京津線東山三条駅


東大路通と三条通の交差点で、市電の時代から「東山三条」と呼ばれています。
曾て、三条通には京津線が、東大路通には市電が走り、市電と京津線の間には戦時中、屎尿を運ぶ列車が直通できるように渡り線が設けられていて、戦後も長く残っていたと言います。



京都比叡平線は、曾て本停留所で京津国道線や京都八日市線などに合流していました。

私も詳しい地図を見て改めて知ったのですが、このバス停は東山区と左京区に跨っています。東山区は1931(昭和6)年から今の山科区にあたる地域を合併によって含んでいましたが、山科の人口が増加し、そもそも山科は合併までは「宇治郡山科町」であって地域性も歴史も全く違うことから1976(昭和51)年再び分離しました。もともとは市街地であるこちら側がずっと人口も多かったのでしょうけれども、今は全く逆転して、京都市11区の中で最も人口が少ない区で、高齢化率は政令指定都市の「区」の中で最高です。

↓比叡平方面

IMG_4368_20120213170744.jpgIMG_4366.jpg

京都市内では独立したポールが設けられることが多い京都比叡平線ですが、ここは珍しく市バス、京都バスの北行きと共用です。

↓B-1237の比叡平行きが到着しました。

IMG_4364_20120213165611.jpg

↓ここは地下鉄東山駅の最寄りバス停で、京阪バスについても地下鉄連絡乗車停留所に指定されています。京都比叡平線・京都比叡山線は1dayチケットの使用などに制約がありますが、地下鉄の連絡乗車券については特に制限があるような記述はないので、差額を払えば使えるのだろうと思われます。

IMG_5614.jpg

↓三条京阪方面のポールは、17号経路と、京津国道線の流れをくむ19号経路(現在はどちらも醍醐に行かないのに「四条山科醍醐線」といういわくありげな路線名となっている)と共用です。

IMG_4369_20120213170744.jpg

IMG_4371_20120213170743.jpg

↓17・19号経路の東行きのバス停は、市バスの5系統岩倉方面行きと同じ場所にポールがあります。

IMG_4363_20120213165612.jpg

IMG_5624.jpg

ただ、これは現在のことで、1997(平成9)年版以前の住宅地図を見ると、今はどの社局のポールもない、京都比叡平線三条京阪行きのポールのほぼ向かいの辺りにポールがあり、京津国道線も京都比叡平線もここに停まっていたようです。また、三条京阪方面も微妙に位置がずれていました。

写真中赤いマークで示したのが三条京阪方面、青で示したのが山科・比叡平方面です。(あくまでも目安とお考え下さい)

IMG_5632.jpg

IMG_5631.jpg

信号より手前で停車すると、せっかく青信号でもバスが他の車両の進行を塞いでしまう、と考えられたのかもしれません。また、京津線の電停のスペースとの兼ね合いもあったのかもしれません。

大津比叡平線を秋にスタートして真冬を跨った旅もお終い、近くの要法寺の前の桜が咲き誇るような時期になりました↓

IMG_5620.jpg

次は、三条京阪 終点です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いよいよ次回で終点ですね。
久々の投稿です。地元大津に住んでいてもまだ一度も乗った事のない比叡平線でしたので毎回楽しみに見ていました。次はいよいよ終点三条京阪〜楽しみにまっています。
2013/03/25(月) 11:34:17 | タカリン | #mQop/nM.[ 編集]
Re: いよいよ次回で終点ですね。
タカリンさま、コメントありがとうございます。
「久々の投稿」とのことですが、他にタカリン様からのご投稿が見当たらないので初めてでいらっしゃるのではないでしょうか?

>地元大津に住んでいてもまだ一度も乗った事のない比叡平線でしたので毎回楽しみに見ていました。

車両写真を中心としたサイトさんは多いですが、こういう切り口のサイトさんはほとんど見たことがなく、受けるのかどうか分からなかったので、そう言って頂けると嬉しいです。

編集の都合で、次回にUPできるか分からないのですが、今月中に終わることには変わりありませんので、どうぞお楽しみに。また、4月からは石山、南郷方面を中心に進めますので、そちらもよろしくお願い致します。
2013/03/25(月) 21:27:03 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/395-ba7ff83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック