青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
禅定寺 ぜんじょうじ
所在地:京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺建藤(たてふじ)
開設年月日:1962(昭和37)年10月1日
付近:禅定寺
キロ程:猿丸神社から1.3キロ(石山駅から16.7キロ)




田辺の一休寺などとともに、「南山城六山」と呼ばれる古刹・禅定寺の前にあるバス停で、集落の名前もそのまま「禅定寺」です。

IMG_4000_20130331210506.jpg

パンフレットによると、正しくは「白華補陀落山観音妙智院禅定寺」というそうで、もともとは比叡山延暦寺と同じ天台宗の寺院だったそうですが、現在は曹洞宗です。宇治一帯が藤原一族の別荘地として注目されるようになった平安時代の中でも、禅定寺は先駆けだそうで、創建は991(正暦2)年です。もう1,000年以上の歴史があることになります。途中、戦国時代になって創建当時の伽藍が焼失しました。戦国時代に燃え落ちて、復興しなかった寺院は、例えば名神高速道路のサービスエリア及びバス停として有名な「菩提寺」の地名の由来となった「少菩提寺」など数多くありますが、幸い禅定寺は江戸時代に復興します。

↓本堂
IMG_3997_20130331210506.jpg

通常朝9時から夕方4時までは拝観することができ、決して大きな寺院ではありませんが、重要文化財に指定されている宝物(ほうもつ)がいくつもあり、驚かされます。

↓裏手の防災壁には、『禅定寺平成大涅槃図』が描かれています。

IMG_3989.jpg

1999(平成11)年に完成したそれは、日本画家・本田豊国氏によって下絵2年・制作4年の計6年ほどを費やして描かれた作品で、周りには一般公募の方々による、64の「私の仏様」が描かれている壮大なものです。

↓バス停

IMG_3972_20130331214426.jpg

IMG_3975.jpg

sIMG_6135.jpg

ポールは古い住宅地図を確認してもはっきりと分かりませんでしたが、もともとロータリー側にしかなかったようです。
ロータリーがあるのは、禅定寺止まりのバスがあったからです。宇治方面から見ると、京都府側で民家があるのはここが最後なので、需要が一段落すると考えられていたのでしょう。

秋雨が上がった夕暮れの禅定寺の里↓

IMG_4007.jpg

↓猿丸神社の臨時便運行日は、石山線があった当時を彷彿とさせます。

IMG_6222.jpg

sIMG_6134.jpg

13日だけはバスがあることを知っていて、禅定寺から利用するひともいました。

次は、上手です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして
長沢軽鉄と申します。
宇治・山城の記事を拝見させていただいて、宇治交通と地域のつながりに関心させられています。

さて、本題なのですが、記事で取り上げられた「禅定寺」「上手」「下手」のバス停が平成26年(2014)6月1日に廃止となりました。
バス停ポールも5月28日に撤収致しましたので、お知らせいたします。
2015/03/04(水) 00:38:17 | 長沢軽鉄 | #eZBdugSc[ 編集]
Re: タイトルなし
長沢軽鉄様、初めまして。

> さて、本題なのですが、記事で取り上げられた「禅定寺」「上手」「下手」のバス停が平成26年(2014)6月1日に廃止となりました。
> バス停ポールも5月28日に撤収致しましたので、お知らせいたします。

ええ、知っております。公式サイトにも載っていましたね。ありがとうございます。

後で判明したことを後日書き込んだりしたこともあったのですが、明らかに事実と異なっていたり、誤字だったりしない限り、最近はやめております。追記したところで、何年も前の記事などなかなか見て頂けませんし、書いた時点のことは書いた時点のこととして記録したいので。
記事管理の都合上、後で分かったことはまた何かのタイミングでまとめたいと思いますので、ご了承願います。また何かお気づきの部分がありましたら、今後の参考にさせて頂きますので、ぜひお知らせ下さい。
2015/03/05(木) 00:29:37 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/390-d5f9e7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック