青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
昨日に続いて、8号経路を取り上げます。
石山駅方面から上千町行きに乗ると、赤川バス停で国道422号線に別れを告げるのですが、どこでどう別れを告げるのかが、新しい住民の方や高校生以下くらいの世代の方には見当がつかないと思います。しかし、あの右折しにくいところで、普通に千丈川沿いに続く細い道に入るのです。

赤川から千町口方面

左の方に見える信号から右折する道ではありません。その右に写っている細い道です。

赤川から千町口方面

道の入り口に立つとこんな感じです。

逆に、赤川バス停で石山駅行きのバスを待っていると、今は、信号の向こうのカーブを曲がって来るバスしかありえませんが、突然右手の細い道から、どっこいしょという感じで姿を現す「8 石山駅」「8 市民病院前」、休日の日中には「8 国道市民病院」という表示を出したバスが見られたのです。

赤川付近

4月には満開の桜、6月になると蛍が群れ飛ぶこの辺りを、バスが行き来していました。

千町口

赤川の次のバス停は、千町口です。右手の電柱が立っている少し先にポールがありました。今は自動販売機が並んでいるだけですが、90年代前半頃まで、そこはタバコ屋でした。

千丈川を遡ってしばらくすると、道路が改良されて、広くなっているところもありますが、下千町のバス停の手前で、また下の写真のように、普通車同士でも離合が苦しい狭さになります。
こんなだから、よそから来た親戚や友人に、ここをバスが通っていたと言っても、誰も信じてくれません。

千町口-下千町

その一番狭いところを過ぎて、左手に千町公民館、右手にお寺が見えると、下千町。今、ポストが立っている辺りにポールが立っていました。ゴミ置き場はありませんでした。
石山駅行きは反対方向ですから、みんなお寺の前の石段でバスを待っていました。今の赤尾町や中千町に負けない利用者数でした。

因みに、このポストはもともと数十メートルほど上千町寄りの民家の前にあった、昔ながらの円筒形のポストが形を変えて10年ほど前に移転したものです。円筒形のポストの、石臼の片割のような台座はまだ残っています。

下千町

石山駅方面のバスを待つひとから見たら、↓のような感じです。左手の新しい家は、上の写真を撮った時はまだ建設中ですね。もちろん、バスが走っていた当時はありませんでした。畑だったので、今より視界が開けていたと思います。

下千町から上千町方向を望む

カーブの向こうからバスが姿を現すと、他のバス停とは違う嬉しさがありました。「本当に来るんだ!」と、何度乗っても感心しました。

今でこそ信号のある中千町バス停ですが、8号経路があった当時は、そんなものはありませんので、左右をよく確認してから向こう側に渡っていました。中千町バス停ができてからも、8号経路は通過していました。

とても残念なのは、この区間を走っていたバスの写真が全くないことです。私の少ない脳味噌の中には、鮮明なイメージがあるのに、それを取り出してお伝えできないのが残念で仕方ありません。

唯一、バスが走っていた当時を彷彿とさせる写真がこれらの2枚です。
2003(平成15)年6月、フレンドマート南郷店の新装オープン当初の3日間だけ、貸切で、南郷学区内の、普段はバス路線がないところを、S車が巡回しました。

下は赤川-旧千町口間です。

FM南郷店貸切2

旧下千町を出発して、中千町方面に走る姿です。

FM南郷店貸切1

開店当時配られた時刻表です。晴嵐台やグリーンハイツ、第二グリーンハイツなど、その他のバス路線がないところも走っていたので、今思えばもっと積極的に撮っておくべきでした。

FM南郷店開店時チラシ FM南郷店開店時 送迎バス時刻表

ただ、これらの車両は納車時期が8号経路廃止以後なので、8号経路としてここを走ったことはありません。
そもそもこんなに狭いのに、中型のバスでここを走った記憶は少なく、大型のイメージの方が強いです。

現存する京阪バス車両で、ここを走ったことのある車は、残念ながら、2010年9月現在、恐らくもう1台もありません。
ここを走ったことがほぼ間違いなく、最も最近まで生き残っていたのが、下の写真のエアロスターK A-1802だったと考えられます。1991(平成3)年式で、転出入が多い中、珍しく生粋の大津っ子で、滋賀ナンバー以外のナンバーを付けたことがありません。2007(平成19)年秋まで、16年間走り続けた、いわば大津の生き証人で、その時点で既に恐らく、唯一、移転前の大津営業所を知っている車両でした。

A-1802 廃車前 石山駅で

(続)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/38-a71b4554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック