青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
※バス停を北から順番に並べると、本来「小松ビーチ前」の方が北ですが、編集の都合で、今回の「北小松」を先に取り上げます。

北小松 きたこまつ
所在地:大津市(旧志賀町)北小松
開設年月日:?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:JR北小松駅 北小松水泳場 志賀小松郵便局 小松市民センター(大津市役所小松支所)
キロ程:小松ビーチ前から2.1キロ(近江今津から21.0キロ 浜大津から31.8キロ)


旧志賀町の北端、北小松集落の中心にあり、江若鉄道・北小松駅の代替バス停だったのが「北小松」バス停です。
旧志賀町の北端ということは、大津市の北端のようにも思われますが、1967(昭和42)年に編入された比良山を越えて反対側の葛川(かつらがわ)学区の、葛川細川町の方が緯度が北で、大津市最北の民家も、恐らくそちらの方にあるものと思われます。江若交通に詳しい方(というのがこの世の中にどれほどいるのか分かりませんが)ならご存知の通り、この「細川」が現在、江若交通の堅田営業所と安曇川営業所が直接接する唯一の地点で、両営業所の「分水嶺」になっています。

江若鉄道があった頃は「北小松駅前」と呼ばれていたようで、「江若鉄道廃止申請書類」にも「北小松駅前」と記載されています。



JR湖西線北小松駅で降りました。大津市最北の駅であり、また、最も乗降客が少ないJR駅でもあります。

IMG_4727.jpg

↓夕暮れ時や天気が悪い時の寂しい雰囲気も好きです。

IMG_4707.jpg

冬は、ほとんど黒と言ってよいほど濃い紺の琵琶湖を背景に、吹きすさぶ雪交じりの比良颪(おろし)にじっと耐えて押し黙るように、家々が肩を寄せ合うさまが旅情を掻き立てます。

↓京都方面のホームから北東方面の眺め。白い軽バンが停まっている辺りから続いて、緩いカーブを北に向かう道が、江若鉄道の廃線跡が分かりやすく見える個所として有名です。国道161号線の「小松拡幅」の関係で、ここがメインの道路になる可能性もあるようです。

IMG_4730.jpg

↓合併から早いもので6年経ちましたが、未だに「志賀町」と書かれた駅前の電話ボックス。

IMG_4716.jpg

↓毎年9月5日だけ、このように駅前広場に高島今津線(白鬚神社臨時バス)のバスが発着しますが、江若バス浜大津線などがあった時は恐らくこんなふうに駅前にバスが乗り入れたこともなければ「北小松駅行き」というのもなかっただろうと思われます。

IMG_5959.jpg


そろそろ本題のバス停に行きましょう。

↓駅から3分ほど歩くと、国道161号線に出ますが、この辺りは最も工事が遅れている地域で、よく言えば江若鉄道や、京都今津線があった頃の雰囲気がまだ色濃く残っていますが、ドライバーにとっては運転しにくく、どうしてもスピードが落ちるボトルネックとなるせいか、慢性的な渋滞が起きています。

IMG_4723.jpg

歩道らしい歩道もなく、歩くのが怖いです。実際、1998(平成10)年6月にはトラックが横転、炎上し、民家の軒先まで燃えたり、2001(平成13)年7月にはトレーラーが家に突っ込んだり、恐ろしい事故が既に何度も起きています。

古い住宅地図を何枚か確認しましたが、バス停のポールの記号は南向き1カ所しかありません。片側だけだったのでしょうか。位置は写っている横断歩道の向かって右手辺りです。

IMG_4722.jpg

渡ったところから反対側(山側)を撮っています。

IMG_4721.jpg

上の写真で写っているミラーの根元付近に何かの跡…。こういうものを見ると、すぐにバス停か?と思うのですが、多分違うでしょうね。

IMG_4717.jpg

「江若鉄道廃止申請書類」には、北小松の「折り返し地点図」があります↓

IMG_3893.jpg

しかし、北小松駅前始発 浜大津方面行 本申請は安曇川車庫から廻送のうえ北小松始発となるため折返し地必要なし」とあります。ただ、同申請書類中の代替バス時刻表に、北小松始発のダイヤはないのが不思議です。右下に、「小松ビーチ前利用の折返し地略図」があります。小松ビーチ前発着の定期便もやはりないのですが、夏季臨時バスや、積雪による通行止め等が発生した時の折返し方法ということかと思われました。

この折返し地点については、「小松ビーチ前」の項で取り上げたいと思います。北から順番に南へ向かう場合、次は南小松(近江舞子)なのですが、本シリーズの次回記事は一旦北にバックして「小松ビーチ前」を取り上げます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/367-86359736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック