青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
↓1949(昭和24)年10月14日付京都新聞山城版

S24.10.14KY 宇治‐伏見 宇治バス免許申請b

記事に書いてあることに基づいてルートを描くと、↓のような感じになるのかと思います。



(詳しい地図を見る、をクリックして、地図の範囲を広げて下さい)

この路線はなかなか許可が出なかったのか、これに関係すると思われる記事は、2年後に掲載されます↓
1951(昭和26)年11月27日付京都新聞山城版

S26.11.27KY 宇治バス宇治‐桃山間開通b

因みに、記事中の「宇治田原バス」「宇治バス」は、京阪系列ではありません。京阪電鉄が買収して、「京阪宇治交通株式会社」になったのは、1959(昭和34)年6月25日のことです。

昨年9月26日付拙稿京阪 ミュージアムトレインにてで書かせて頂いた、京阪宇治交通110系統が、ほぼこれに相当するものと思われます。ただ、京阪桃山駅が「宇治川西岸堤防」と書かれていて、これがどこのことなのかよく分かりません。

現在、この路線に最も近いルートを通る、「子孫」のような路線は、経路番号に1プラスした111系統(京阪宇治-槇島-目川-近鉄向島)でありましょう。2011年11月現在、京阪宇治発は平日朝2本、土日祝日朝1本、向島発は平日朝1本夕方2本、土日祝日は朝夕1本ずつしか運転されておらず、ここに写真を載せたかったのですが、諦めました…。


私が持っているのは、112か113系統の、逆光で残念な向島駅のポンチョの写真だけでした↓

IMG_6007.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/363-564f05cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック