青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
鵜川 うかわ
所在地:高島市鵜川
開設年月日:?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:
キロ程:白鬚神社前から1.2キロ(近江今津から18.0キロ 浜大津から34.8キロ)


IMG_4644.jpg

北小松駅と近江高島駅の中間地点、湖西は全体的に山が琵琶湖に迫っていますが、ここは特に平地が狭く、景色が美しい反面、交通に恵まれず、人口も希薄で、国道161号線沿いでも屈指の厳しい環境の土地だと思います。しかし、そんな中でもひとびとは古くから強く生きてきました。



IMG_4654.jpg

IMG_4642.jpg

今は高島市南端の集落というのが、当たり前の認識ですが、江戸時代の時点で滋賀郡に含められ、明治以降も長くその扱いでした。しかしそれでいながら、打下(うちおろし)の枝郷ともされ、しばしば北小松と境界争いが起こったそうです。1955(昭和30)年10月、それまで滋賀郡小松村の一部であったことを継承して志賀町になったものの、結局、翌年1956(昭和31)年9月、高島郡高島町に編入されました。そのはっきりした事情は、今手元に資料がなく、よく分かりませんが、郡をこえて、一部の地区だけ切り離して合併というのは、大変珍しいケースです。
もし、志賀町のままで、2006年の志賀町と大津市の合併時にも境界線が変更されなかったら、大津市の北端は今より数キロ北になり、白鬚神社は大津市の観光地となっているところでした。

↓北行きのバス停を南側から見ています。

IMG_4650.jpg

IMG_4643.jpg

↓待合所の中を見てみましたが、特に変わった様子はありません。

IMG_4647.jpg

IMG_4645.jpg

古い住宅地図を確認する限り、右手の点線の白線がある辺りに、南行きのバス停があったようです。

IMG_4653.jpg

また渋滞が始まっています。

IMG_4635.jpg

天気が変わりやすい土地で、雲行きが怪しくなってきました。

IMG_4632.jpg

↓やっと大津市に入りました。大津市と言っても旧志賀町で、この辺ではまだまだ大津へ行くより今津に行く方が近いくらいです。

IMG_4657.jpg

次は、小松ビーチ前です。

※編集の都合で本シリーズの次回記事は更に1つ南の北小松から先に取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/356-8d9a3b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック