青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
白鬚神社前(白鬚駅前) しらひげじんじゃまえ(しらひげえきまえ)
所在地:高島市鵜川(うかわ)
開設年月日:1951(昭和26)年7月8日
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:白鬚神社
キロ程:打下から1.8キロ(近江今津から16.8キロ 浜大津から36.0キロ)


ここは、湖西最大のハイライトといってよい素晴らしい景観・白鬚神社のまん前です。よその地方から来た友人に、滋賀県内を案内するとしたら、やっぱりここを見せてあげたいな、と思います。

IMG_4599.jpg

湖中の大鳥居は圧巻です!
といっている私も、実は走る車の中から見るだけで、実際に近くで見たのはごく最近です。

IMG_4603.jpg





京都今津線が開通するより10年以上前、1951(昭和26)年に京都からの京阪バスが、ここまで延長されています。
あとちょっとで高島の中心なのに、なぜここまでの延長となったのかと不思議でしたが、「江若交通〈上〉」(『バスファン』№42)によると、これは、「夏季水泳臨として」の延長だということです(浅野・藤本・中田 1980)。

なお、延長当時の正式なバス停名は「白鬚駅前」で、江若鉄道廃止申請書類に記載の、代行バス輸送計画の文書中でも「白鬚駅前」となっていますが、1973(昭和48)年の路線図では「白鬚神社前」となっております。

黄色いロープがある辺りが、確か毎年9月5日の祭礼の時だけの臨時バス停です↓

IMG_4607.jpg

↓この臨時バスは、一般路線免許に基づいて運行されているので、運賃は通常路線と同じ対キロ区間制の計算に則っており、江若、京阪両社の紙式回数券が使用できます。

IMG_5947.jpg

↓近江高島駅、安曇川駅から白鬚神社前止めのバスの他、北小松駅行きも出ています。

DSC_0207 (2)

↓白鬚神社前止めのバスがどこでどう折り返していたのかよく覚えていませんが、少し南の方でターンしていたと思います。

IMG_5949_20120218180819.jpg

↓バス停のポールは、北行きだけ乗り合いタクシー用として残されています。

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

↓浜大津方面を望む。

IMG_0001.jpg

写真を改めて見てみると、これだけスペースがあれば、ここで何とか折り返せそうな気がします。昔、白鬚駅前行きの京阪バスもここで折り返していたのでしょうか?その時代だと、地形図以外に今のような都市地図や道路地図がないので、何とも分かりません。白鬚駅は、白鬚神社より少し南だったようなので、ここが駅跡なのかもしれません。地形図も見てみましたが、ここと特定できるほど詳しくはありませんでした。

白鬚神社は滋賀県最古の神社と言われているだけに、数々の歴史的人物に縁があります。その辺りのことについては、次回別途取り上げます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/355-113cbf4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック