青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
近江舞子(南小松) おうみまいこ(みなみこまつ)
所在地:大津市(旧志賀町)南小松
開設年月日:?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:JR近江舞子駅 大津市立小松小学校 (現存しないもの)旧志賀町立志賀中学校小松分校
キロ程:北小松から2.6キロ(近江今津から23.6キロ 浜大津から29.2キロ)


00001273.jpg

(おいそれとは見られない321系の「近江舞子」車内表示 終点まで粘って撮影…)



北小松から2.6キロもの距離を走って、やっと近江舞子(南小松)です。

近江舞子は琵琶湖屈指の景勝地として、また多くの湖西線が折り返す駅としても、関西では割合よく知られた地名だと思いますが、正式な地名ではなく、頼りにしている『角川地名大辞典 25 滋賀県』には、「近江舞子」はおろか、古くからの呼称である「雄松崎」(おまつざき)の項さえなく、なぜここを「近江舞子」というのかがよく分かりませんでした。

大津市歴史博物館が監修したらしいWeblio辞書の「近江舞子」の項をやっと見つけて確認したところ、近代以降に「雄松崎」の通称として、兵庫県の舞子に因んで呼ばれるようになったようです。

そういえば、神戸線に「舞子駅」(神戸市垂水区)がありますね。

江若鉄道の駅は1929(昭和4)年8月10日に、それまでの「雄松」から「近江舞子」に改称されたので、その頃にはもう使われていた呼称なのでしょう。

ただ、「江若鉄道廃止申請書類」によれば、バス停名は少なくとも江若鉄道廃止の頃までは行政上の正式な地名の「南小松」だったようです。1973(昭和48)年時点の路線図では京阪バスも江若交通も、「近江舞子」となっています。

↓近江舞子駅。
IMG_4741.jpg

湖西線は、もちろん1974(昭和49)年の開通当時は国鉄ですが、このような「通称」が国鉄の駅名として採用されることはあまりないと思われ、近代からの決して長くはない年数でいかにしっかりと根付いたかが窺われます。
駅名に旧国名を冠する場合は、ほとんどの場合、同じ駅名が先に他にある場合ですが、ここは単に先に舞子駅があるということでなく、「近江舞子」でセットの呼び方と考えてよいでしょう。

IMG_4734.jpg

正直、こんなにきれいだとは思っていませんでした。ひとが入らないように写していますが、水泳にはまだ早い5月でも、バーベキューやピクニック、釣りを楽しむひとでいっぱいでした。

IMG_4756.jpg

「琵琶湖周航の歌」(作詞・小口太郎、作曲・吉田千秋)の2番の歌詞はここを歌ったものですが、まだ「近江舞子」の呼称はなかったのでしょう。でも、情景はぴったりです。

松は緑に 砂白き
雄松が里の 乙女子は
赤い椿の 森陰に
はかない恋に 泣くとかや



IMG_4752.jpg

↓小松沼という内湖を挟んで向こう側、比良山をバックにちょうど「トワイライトエクスプレス」が走って行きました。「撮り鉄」もちゃんとやりたいけど、今やっているこのブログ関係の調査で精いっぱい……

IMG_4760.jpg

↓駅前には、今しもバスが来そうな回転場がありますが、これは臨時用で比較的最近できたようで、平成初期の住宅地図を数枚確認しましたが、「駐輪場」と書かれていました。

IMG_4738.jpg

もちろん、江若交通にも京阪バスにも関係ありませんから、国道に出て、バス停跡を確認します。
ここは上下両方向とも待合所がしっかり残っているので、楽々確認できます。

↓浜大津方面を北向きに撮影。バスポケットらしいスペースがあるのが分かります。

IMG_4804.jpg

↓浜大津方面を南向きに撮影

IMG_4807.jpg

↓中は、今も使われていると言っておかしくないくらいきれいでした。

IMG_4808.jpg

↓こちらは近江今津方面。手前の落書きのあるコンテナではなく、その奥が待合所です。バスポケットはよく分かります。Yahoo!地図でも、拡大すると、忠実にポケットの形を再現しているのが分かりますので、ご興味がおありの方は冒頭の地図を拡大して見て下さい。

IMG_4809.jpg

IMG_4810.jpg

↓南行きほどではありませんが、まずまずきれいな感じです。でも何の「遺構」もないのは残念。

IMG_4812.jpg

「江若鉄道廃止申請書類」によると、南小松(近江舞子)では1日3回折返し便があり、折返しの方法について、以下のように説明されています。

IMG_3892.jpg

これについては次回別途取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/354-5100b31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック