青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
びわ湖バレイ口 びわこばれいぐち
所在地:大津市(旧志賀町)木戸
開設年月日:?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:びわ湖バレイ 清林パーク 志賀聖苑
キロ程:不明


IMG_2703.jpg

ここは江若鉄道廃止申請書類の中には出てこないバス停なので、あとで設置されたものと思われます。

スキー場、びわ湖バレイそのものは、もともと「サンケイバレイ」として1965(昭和40)年に産業経済新聞社※が開業し、1968(昭和43)年から名鉄が引き継ぎ、「びわ湖バレイ」となったので、びわ湖バレイ自体は存在しているはずなのですが、バス停は、びわ湖バレイのリフトの真下の「びわ湖バレイ前」だけだったのでしょう。

※「東洋レーヨン」→「東レ」、「鐘淵化学工業」→「カネカ」など、略称が結局正式社名となるケースがよくあるため、これも「産経新聞」の旧称かと思ったら、現在も正式な社名は、滅多に聞くことがありませんが、「産業経済新聞社」のようです。



↓北行きのバス停

IMG_4919.jpg

↓一応現役なのですが、待つひとなどないだろう、という想定なのか、もともとあったのであろう屋根はなくなっています。

IMG_4920.jpg

↓志賀駅行きが通り過ぎました。一応それなりに乗っているひとがいました。スキーシーズンでもあるまいに何をしに行ったひとなのだろう?と思いましたが、オフシーズンは公園となっている他、比良山の登山ルートの1つとなっているので、行楽客なのでしょう。
IMG_4917.jpg

こういう感じで、京阪バス京都今津線、江若バス浜大津線が走っていたんでしょうね。

↓びわ湖バレイに続く道。奥左手に、びわ湖バレイ行き用のバス停があるのが見えます。

IMG_4926.jpg

↓せっかくなので、「取材」中に何度か通り過ぎた江若バスを撮影して、往時を偲びます。

IMG_4918.jpg

IMG_4925.jpg

↓この辺りは湖西線の撮影に絶好のポイントです。

IMG_4924.jpg

ああ、写真、上手に撮りたいなあ…。腕も大事ですが、場所と、チャンスを逃さない情報収集も大事ですね。

↓浜大津方面のバス停は、もちろんもうありませんが、古い住宅地図を確認する限り、交差点から少し南寄りのこの辺りだったのだろう、と思われます。

IMG_4927.jpg

バス停のすぐ近くには、「清林パーク」という公園があります↓

IMG_4426_20140817073115f78.jpg

IMG_4425_201408170731147b6.jpg

これは志賀清林(しがのせいりん 生没年不詳)という、近江木戸出身だと言われている奈良時代の力士・行司を記念する公園で、公園の入口付近に、墓↓や、1918(大正7)年に建立された、板垣退助碑文の石碑もあります。

IMG_4433_20140817073117528.jpg

IMG_4430_201408170731168cf.jpg

1974(昭和49)年4月24日付読売新聞の「湖西線を行く」という記事に、この付近を撮影した写真が掲載されていますが、道路がどう見てもあぜ道のようにしか見えず、でも、墓を囲う石垣は確かにここのものとしか思えず、実に不思議です。

力士は東北や九州の出身者が多い傾向があり、滋賀県出身の力士は現在たった3名、もともと特に相撲が盛んというイメージがありませんが、実は日本の国技に大きな役割を果たしていたのですね。

次は、八屋戸です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/348-74f0dce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック