青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_4450.jpg

中千町 なかせんちょう
所在地:(南郷方面)大津市千町一丁目 (石山駅方面)大津市千町四丁目
開設年月日:1987(昭和62)年4月8日
付近:ファミリーマートそがわ千町店 半田橋 水害想出之塔


石山方面から来ると、北千町を出て木立を抜け、カーブを曲がり、千寿の郷に続く道の分岐点を過ぎると、千丈川に沿って、赤川バス停付近から上千町、岩間寺まで続く道路と交差する信号が見えてきます。それを渡ると中千町のバス停です。石山駅方面は互い違いになっていて、信号の北側です。



もともとはこんな信号機はなく、信号機の設置年を確認したら2002(平成14)年となっていました。確かにその頃だった気がします。上千町、岩間寺方面から出てくる車、下千町方面から出てくる車が危険だと昔から言われており、桜峠方面の道路がよくなって、大型トラックの通過も増えたため、地元からの要望が高まったのだと思います。夜10時を過ぎると点滅信号となるため、通常は石山駅22:10発の最終バスだけ、点滅信号の状態で通過します。

千丈(せんじょう)川が作った谷の底に位置し、石山駅に向かっても、南郷に向かっても上り勾配です。

↓下流

IMG_4609_20120318224406.jpg

↓上流 向こうに見える橋が半田橋で、50号経路や岩間寺行きが通ります。

IMG_4610.jpg

この千丈川は、何の変哲もない瀬田川の小さな支流ですが、ホタルが有名です。これほど住宅が建て込んでいる中でホタルが多く繁殖しているというのは全国的にも珍しいのだそうです。昭和初期までは、瀬田川本流も蛍狩りの名所だったというのが信じられませんが、そのホタルたちが、住処を追われ、少しでもきれいな方へきれいな方へと逃げ伸びてきたのかもしれません。

かなり住宅開発が進みましたが、上千町側を中心に周囲は田畑が多く、獲れた米で炊いたご飯を食べさせてもらったことがあるのですが、とてもおいしかったのを覚えています。

↓石山駅方面のポール

IMG_4445_20120303215851.jpg

「上千町(かみせんちょう)」バス停と、「下千町(しもせんちょう)」バス停(廃止)の中間なので、「中千町」という名前がついたのだと思いますが、地元では従来から「上千町」「下千町」という呼び方はあるものの、「中千町」という表現は特にありません。
南郷中学校系統開通から6年ほど共存していた8号経路(上千町-下千町-赤川-石山駅-市民病院前)は、ポールが設けられず、通過していました。


信号の北側には、2012年4月現在、コンビニ「ファミリーマートそがわ千町店」があります。南郷学区は、「コンビニ」という業態が向いていないのか、一時は3軒あったコンビニも、今はこの1軒だけです。それも24時間営業ではありません。

IMG_4446_20120303215852.jpg

他の2軒は、もっと通行量が多い国道422号線沿いにあったのですが、却ってこちらの方が宇治や奈良への抜け道として結構使われていて、周辺に店らしい店が全くないので、商売になるのでしょう。千町の旧集落の高齢者が比較的多いのも特徴です。

ここは紙式回数券の時代からの、京阪バスの回数券委託販売所です。紙券は車内で売られていませんでしたので、貴重な存在でした。

中千町には50号経路(上千町→石山駅)が1日1回だけ合流する他、岩間寺臨時バスは、貸切化後も岩間寺行きは乗車のみ、石山駅行きは降車のみ扱いで停車しています。

↓上千町寄りの千丈川にかかる半田橋を渡るA-3649(2008(平成20)年10月18日撮影)。

s-IMG_4557.jpg

↓岩間寺行き用のポールもあります。

IMG_4449.jpg

↓袴腰山を背に、赤尾町方面からの坂を下って来るN-3891。

IMG_4166.jpg

↓雪景色。2008(平成20)年2月3日撮影

IMG_2025.jpg

千丈川は小さな川ですが、大雨が降ると、驚くような激流となり、昔は氾濫で悩まされたようです。

一番最近の大きな水害は、1953(昭和28)年9月25日のテス(Tess)と呼ばれる台風でもたらされた大水害で、それを記録した「水害想出之塔」が、中千町バス停の上千町寄りに建っています↓

00000321.jpg

現在は、付近に建物が建ってしまい、このような形では撮影できませんが、移動させたりすることなく、この場所にそのまま立っています。

残念ながら当時の新聞記事を今持ち合わせていませんので、検索して興味深いことが出てきましたら、また本ブログでも取り上げたいと思います。

次は、赤尾町です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
超地元の記事で頷きながら読ませて頂きました。
今 バスの走っている道路はもともと小さな道で車が通る事すら考えられなかったのに、今の交通量の多さには驚かされます。

コンビニは本当に不思議です。
隣の学区に行けば、瀬田川沿のコンビには健在ですものね。
旧集落の高齢者には近くにあるスーパーも少し遠いし、どうしても帰路が登りになるので行き辛いらしく、叔父伯母も、そがわさんで買い物をすることが多いようです。
2012/04/27(金) 23:16:18 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: タイトルなし
yume樣、コメントありがとうございます。

> 超地元の記事で頷きながら読ませて頂きました。

ありがとうございます。南郷近辺に関わるサイトさんて、ありそうで少ないんですよね。

> 今 バスの走っている道路はもともと小さな道で車が通る事すら考えられなかったのに、今の交通量の多さには驚かされます。

その時代は分からないですね。そうなんですか。

> コンビニは本当に不思議です。
> 隣の学区に行けば、瀬田川沿のコンビには健在ですものね。

ちょっとした立地条件とか、品揃え、人口密度や交通量に適した店数とかの微妙なバランスなんでしょうね。

> 旧集落の高齢者には近くにあるスーパーも少し遠いし、どうしても帰路が登りになるので行き辛いらしく、叔父伯母も、そがわさんで買い物をすることが多いようです。

あんまり生鮮食料品はないでしょうけど、ちょっと何かという時には、昔でいう「よろず屋」感覚で行けるのでしょうね。
2012/04/27(金) 23:33:00 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/345-7b765011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック