青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
八日市インター口 ようかいちいんたーぐち
所在地:?
開設年月日:?
廃止(休止)年月日:1984(昭和59)年10月24日
付近:名神高速道路八日市インターチェンジ 国立滋賀病院 ケーズデンキ八日市インター店 東近江市立御園小学校


久しぶりの京都八日市線の記事です。
この八日市インター口については、奥山 (八日市特急線5)でも書きました通り、再確認したい事項があって、遅くなりました。

最初、何も疑問に思わず、名神八日市バス停を「取材」していたのですが、バス停名が「八日市インター口」となっており、インターチェンジの北にある同名の交差点にあった可能性が捨てがたいと考え、再調査したのでした。



上の地図で青い線を引っ張っている区間は、ここ10年ほどでできたバイパスで、京阪バスが走っていた当時には存在しません。
「八日市インター口」交差点は、普通に考えれば、インターから一般道に出てすぐのところにありそうなものなのに、それより北にあるのはこのためです。

↓今は4つある信号機のうちの1つにしか、交差点名表示がありません。

IMG_4547_20120311192934.jpg

↓バス停があったとすると、交差点の西側の可能性が高いですが、八日市特急線があった頃の住宅地図を何種類見ても、「八日市インター口」なるバス停は存在しませんでした。

IMG_4544_20120311192933.jpg

↓あったとしたらこの辺かな…。

IMG_4546_20120311192933.jpg

↓交差点の南側、つまり、八日市から来たバスなら、西から南に右折してきたところ、京都から来たバスなら、左折する手前、という可能性も考えました。

IMG_4549.jpg

↓一方こちらは現在もある「名神八日市」に続く歩行者通路

IMG_4551.jpg

IMG_5358.jpg

↓バスに乗り換える客のためなのか、駐車場がありました。そちら側から撮影しています。手前が一般路線バス用のバス停、奥に高速バス用のバス停があります。

IMG_5361.jpg

↓こんな位置関係です。両者とも、上下両方向のバスが停まれるようにうまい構造になっています。

IMG_5363.jpg

↓ここは菩提寺と共にバリバリの現役バス停で、それなりに重要な拠点となっているため、時刻表や運賃表が賑々しく掲示されています。

IMG_5364.jpg

京都や名古屋におおむね1時間1回行けるんですね。

↓自販機とトイレ完備です。

IMG_5366.jpg

↓名古屋方面に向かう高速バスが来ました。

IMG_5369.jpg

今思ったのですが、やはり名神八日市のバス停に停まってしまうと、構造上、一般道を走るバスは一般道に、高速道路を走るバスはまた高速道路に戻らざるを得なくなってしまうので、やはり、一般道上に「八日市インター口」というバス停があり、名神八日市は通過していたのだと考えた方が自然な気がします。

次は、蒲生です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/327-cc93d1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック