青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
1952(昭和27)年10月29日付滋賀日日新聞↓

S27.10.29S 京津国道線に100人乗り大型バスb

1954(昭和29)年10月30日付朝日新聞滋賀版↓

S29.10.30A 京津国道線に100人乗り大型バスb

ちょうど2年間の間をおいて、京津国道線に100人乗り大型バスが導入されるという同じような記事が掲載されています。どういうことなのかと思いますが、恐らく、27年が初めての導入で、29年は、更にこれに追加での導入ということなのだろうと思われます。


燃料は29年の方に記事によると、「重油」???船の燃料ならともかく、バスで本当に重油なんて使われていたのでしょうか?

それにしても、100人乗り、とか全長12mというのがどのくらい大きいのか、というのが私には今イチピンとこなかったのですが、現在普通に街で見る路線バスは、大型でも12m未満で、10-11.5m、車幅2.5mが普通なので、このバスがいかに大きかったのかが分かります。確かに、27年の記事の方の写真で見ると、今のバスより長く見えます。

今、この大きさだと、特別に許可を受け、決まった経路を通ることしかできないかもしれません。

京津国道線が全国で初めて、というのもすごいですが、こんなに賑わっていたなんて、今となっては全く考えられません。京津国道線は、やっぱり大事な路線だったんだな、というのが、こういう記事を見ると、改めて感じられます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/323-47e21b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック