青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
熊野本 くまのもと
所在地:高島市新旭町熊野本
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月19日?
付近:




ここは既にコミュニティバスのバス停もなく(少し離れたところに、辻沢今市というバス停がある)、現地を見てもよく分からなかったバス停の一つです。

国立公文書館所蔵の「江若鉄道廃止申請書」(1969)には、代行バスのキロ程があるので、それである程度分かるかと思って調べましたが、このバス停は運賃区界ではなかったようで、バス停名自体抜けていました。

↓これは確か北から南を望んで撮ったはずです。縁石の形を見て下さい。ガレージも何もないのに低くなっているでしょう?こういう縁石や、ガードレールが不自然に切れているところなどをいつも探しているんです。

IMG_4015.jpg

↓付近

IMG_4016.jpg

↓スプリンクラーの加減なのか、この辺の道は、さび色が浮いていることがよくあります。これは南から北を望んでいますが、ここにも、縁石の形が不自然なところがあり、私はバス停がここだったのかな、と思ったのですが、交差点から近すぎるでしょうか?

IMG_4017.jpg

去年の3月の「取材」で、近江今津で昼を食べて、確か2時間から2時間半ほど経った頃で、疲れが出始めている頃だろうと思います。

これといってあまり書くことがないので、ネットでいろいろ調べたのですが、もともとは剃刀などの刃物の生産が盛んであったこと、最近多くの発見があり、高地性の集落遺跡として貴重な熊野本遺跡があることなどが分かりました。
有名な饗庭野演習場や、航空自衛隊饗庭野分屯基地、そのすぐそばにある旭化成子会社、旭化成ケミカルズ㈱あいばの試験所の入口でもあります。「新旭」だから「旭化成」ということでもないでしょうけど、地図を見て、航空自衛隊しかない山の中に旭化成の工場のマークがあるのを見た時は、何かの間違いかと思いました。同社公式HPにも載っていませんでした。

次は、安養寺(新旭)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/321-695186a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック