青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
近江木戸(木戸) おうみきど(きど)
所在地:大津市(旧志賀町)木戸 
開設年月日:?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:JR志賀駅 木戸会館 木戸デイサービスセンター
キロ程:荒川から1.1キロ(近江今津から29.2キロ 浜大津から23.6キロ)


江若鉄道廃止申請書類一式の中では、「木戸」とされていますが、昭和48年現在の路線図では「近江木戸」となっていて、現在もその名称です。

旧志賀町内のバス路線は、本当にこれで大丈夫なのかと思うほど、いつの間にかごっそりと廃止され、特に旧国道161号線沿いはほぼ全滅ですが、その中にあって、数少ない現役のバス停が近江木戸です。



現在は、飛地のように他の路線から離れている、土日祝日のみ運行の志賀駅-びわ湖バレイ系統だけが停車します。

起点・志賀駅の次の停留所ですが、地図をよく見ると、歩いて裏通りを通った方が距離は短いです。

スキーシーズンは毎日運転されるようですが、途中の停留所は止まらないようです。

IMG_4912.jpg

尤も、乗降扱いするということになっていても、志賀駅からは1つ目の停留所ですので、まず誰も乗降しないだろうと思われます。

IMG_4913.jpg

北を向いて撮影しているので、向かって左の待合所のある方が近江今津方面、右の、屋根だけがある方が浜大津方面です↓
IMG_4905.jpg

↓南行きのバス停。現在はびわ湖バレイ行きだけが来ます。

IMG_4904.jpg

↓北行きのバス停。江若バスのバス停の番号について、以前書いたことがありますが、ここは上下ともに22番です。どういう意味があるのでしょう。

IMG_4906.jpg

↓気になる待合所の中。

IMG_4910.jpg

IMG_4908.jpg

↓ここにも南比良と同じく、協力店舗名が掲示されていました。

IMG_4909.jpg

↓一番目を引いたのはやっぱりこれ! 
びわ湖バレイ口、びわ湖バレイ前、蓬萊駅、和迩駅、榎、小野(?)、びわ湖ローズタウン、真野浜(?)、琵琶湖大橋口(?)、堅田駅…なぜ北行きのバス停なのに、南の方のバス停名が羅列されているのかはよく分かりません。

IMG_4907.jpg

↓ここには何が掲示されていたのでしょうか?

IMG_4911.jpg

↓びわ湖バレイ行きのブルーリボンが通り過ぎます。

IMG_4914.jpg

↓待合所を北から眺めました。

IMG_4902.jpg


ここを訪れたのは2011(平成23)年5月でしたが、その後9月にここを通りかかった時、驚きの残念な発見をしてしまいました。それは次回取り上げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして。以前より拝見致しております。
江若交通沿線に住んでおりますので投稿させていただきます。

江若交通の停留所円盤内の数字ですが、これは当該停留所の発駅券(整理券)の番号を表しています。
ただし同一停留所でも路線によって異なる場合があり、例えば堅田駅は浜大津・ローズタウン・琵琶湖大橋線は14番、堅田葛川線16(1)番、仰木・仰木の里線は0番でした。
堅田営業所管内はICカードシステム導入で変更されましたが、それ以前は浜大津線が県庁前を起点に0番~和邇駅17番となっていました。
びわ湖バレイ口21番、近江木戸22番、高島今津線は北小松駅27番~安曇川駅35番なので、かつては通しだったのかもしれません。
また、以前取り上げられていた仰木線は本堅田20番~仰木中学校前23番、朽木・古賀線は五番領15番~野街道38番でした。
最近は小型の標柱が普及しており、このタイプの円盤は少なくなっています。

最後になりましたが、今後のご活躍にもご期待申し上げます。
2012/11/03(土) 15:17:55 | 山の下 | #o6me2aAI[ 編集]
Re: タイトルなし
山の下様、初めまして、貴重な情報ありがとうございます。
私も恐らく整理券番号だろうなとは思っていたのですが、やはりそうなんですね。

> ただし同一停留所でも路線によって異なる場合があり、例えば堅田駅は浜大津・ローズタウン・琵琶湖大橋線は14番、堅田葛川線16(1)番、仰木・仰木の里線は0番でした。

駅前などでポールが路線ごとに違う時は区別できますが、途中停留所で複数路線が重なっているところは区別できませんね。そういう時は本数が多いものや、歴史の古いものの番号が選ばれるのでしょうか。
しかしそれにしてもなぜバス停に番号を書く必要があるのでしょうね。車掌の目印?と一瞬思って、整理券があるということはワンマンなので、車掌はいないな、とすぐ考え直しました。

> 堅田営業所管内はICカードシステム導入で変更されましたが、それ以前は浜大津線が県庁前を起点に0番~和邇駅17番となっていました。
> びわ湖バレイ口21番、近江木戸22番、高島今津線は北小松駅27番~安曇川駅35番なので、かつては通しだったのかもしれません。

そういう感じがする番号配列ですね。一度江若鉄道廃止申請書類中にある、浜大津線全線の三角運賃表を調べなおしてみます。

> また、以前取り上げられていた仰木線は本堅田20番~仰木中学校前23番、朽木・古賀線は五番領15番~野街道38番でした。

浜大津線と重なる番号があるということで、特にバス停固有の番号とか、これによって運賃が通し計算できるシステムとか、そういうことでもない様子ですね。

> 最近は小型の標柱が普及しており、このタイプの円盤は少なくなっています。

そうですね。古い標柱、味があって楽しいのに残念ですね。何か営業所とかに小さくてもいいから展示室作って、展示してほしいです。きっとたくさんのひとが集まると思います。

> 最後になりましたが、今後のご活躍にもご期待申し上げます。

ありがとうございます。これから南下して行きますので、また何かありましたら、ぜひコメントやメールでお知らせ下さい。お待ちしております。
2012/11/03(土) 19:42:44 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/315-5395156d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック