青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
6月19日付拙稿幻の「京阪バス今津営業所」 に頂いた「通りすがり」様のコメントにより、「今津レストラン」の位置が分かり、住宅地図でもその存在が確認できましたので、9月某日、湖西方面で「取材」し損なったところを取材し直すのに合わせて、行ってきました。

事前に図書館で住宅地図を調べますと、日本住図出版(ゼンリン)の、1981年版までは「今津レストラン」の文字を確かに確認することができました。勤労者体育センターの真南です。



その後数年空白が続いています。今は、全く京阪グループに関係ない会社になっています。

IMG_2333.jpg

↓高島高校、今津駅方面を望む。春に取材したポイントから本当に目と鼻の先でした。
IMG_2334.jpg

ちょうど、スクールバスがやってきました。西日本JRバスが高島市教委からの委託を受けているのでしょう。

IMG_2329.jpg

☆☆お知らせ 今後の京都今津線関係の記事の進め方予定☆☆

今後の京都今津線の記事の進め方ですが、友人に見せてもらった1973(昭和48)年の京阪バス、江若交通の路線図を参考に、廃止になったものを含めて、北から順番にバス停とその跡を辿って行きます。

その路線図では、京阪バスは急行便なのか、江若バスより、停まる停留所が少ないのですが、一方で、その図では停まっていないはずのバス停にも京阪バスが停まっていたことが明らかに証明される新聞記事もありましたので、基本的に江若バスの浜大津線が停まっていたところには、京阪バスも全て停まっていた想定で書きます

「今津営業所」を①としましたので、今津の次のバス停、「今津中浜」バス停を②とすべきですが、ここだけは何を調べても、バス停がどこにあったのか全く分からないので、新たな情報がない限り、当分の間欠番とします。更にその次の「木津」を③として、そこから順番にUPする予定です。堅田以南では、大津比叡山線、大津市内総合線が重なるところがありますが、三保ヶ崎までは、さしあたり京都今津線のバス停として扱い、浜大津より京都寄りは、京津国道線などで別途取り上げ、他の記事も含めながら、断続的に書いていく予定です。ご興味のある方は宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
平成初期の住宅地図に今津中浜?のバス停を見たことがあります。
場所は今津西町から東へ。現在の滋賀県信用組合(当時の高島信用金庫)や関西アーバン銀行(当時はびわこ銀行)のあたりです。
当時はバス路線がなかったのに表示があったのを不思議に思ってました。
また、江若バスが小浜まであった頃は近江今津駅と木津の間に今津南浜という停留所がありました(JRバスの営業所あたり)。
2011/10/28(金) 11:56:51 | 通りすがり | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
前にコメントして下さった「通りすがり」様と同じ方でしょうか?ありがとうございます。

> 平成初期の住宅地図に今津中浜?のバス停を見たことがあります。

そうなんですか!私も見ていたのに全然気づきませんでした。そんな基本的な資料に載っているんですね。南浜のバス停も含め、もう一度注意深く調べます。

2011/10/29(土) 00:03:16 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/314-a6eca14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック