青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
山ノ下 やまのした
所在地:大津市衣川1丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:
キロ程:衣川から1.2キロ




山ノ下という地名自体は、『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』を見ても、特に何も出てきませんでしたが、文字通り「山ノ下」で、「仰木の里」の「麓(ふもと)」に当たります↓

IMG_6378.jpg

↓ちょうど堅田駅行きがやってきました。私が見ていた時は、乗るひとが1人、降りたのは子ども含めて5,6人だったので、日中としてはかなり盛況だったのでは?と思います。駅から歩くにはちょっと遠いし、大津方面からだと乗り換えが必要ないので、一定の利用者がいるのかと思われます。
ここから北に向かうひとがいたのが意外でしたが、この辺りからは警察の所轄も大津北(旧堅田)署になるなど、堅田への依存が強くなるのだろうと思います。

IMG_2297_20111015184727.jpg

↓北側から見ています。

IMG_6395_20150607205039ded.jpg

↓よく見ると、「山の下」だったバス停が「山ノ下」になっています。

IMG_6394.jpg

↓大津方面のバス停は、滋賀県下を中心に展開する有名なホームセンター「アヤハディオ」の堅田店の真ん前です。

IMG_2294_20111015184726.jpg

IMG_6376.jpg

他にもドラッグストアなど、ロードサイド型の店が数多く並んでいます。堅田方面を望む↓

IMG_2292_20111015184726.jpg

ただ、これはあくまでも現在の江若交通のバス停です。はっきりした位置関係が分かる住宅地図としては一番古い1983(昭和58)年版では、今よりずいぶん南にバス停があったことになっています。

IMG_7963.jpg

上は浜大津方面、下は堅田方面を望んでいます。

IMG_7961.jpg

旧道が漸近線のように微妙に触れ合いそうで触れ合わない、変な形状になっているところです。

IMG_7958.jpg

これは恐らく、この国道161号線の1本西の道が、江若鉄道の跡なのでしょう。

1971(昭和46)年の住宅地図と、1986(昭和61)年から1991(平成3)年にかけての住宅地図では、ここと現在のバス停の中間地点辺りにポールがあったことになっています↓

IMG_8371.jpg

上が浜大津方面、下が堅田方面を望んでいます。

IMG_8367.jpg

しかし、特に1971(昭和46)年の地図は道路の真ん中に丸がぽんと書かれているだけなので、結局、京阪バスの京都今津線がどこに停まっていたのかはよく分かりません。1983年だけ位置が違っているのも不思議です。

↓この辺りの琵琶湖は山ノ下湾と呼ばれていて、釣りの名所だそうです。

IMG_6358.jpg

IMG_6405.jpg

次は、北雄琴です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/313-ca721c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック