青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
先月お話しました通り、年表を更新しました。大正期の大きな誤りを直すとともに、ICカード導入など、ここ最近の大きな動きも加えましたが、もちろん、まだ完全だとは思っておりません。引き続き、皆さまからの情報をお待ちしております。大きさについては、前と同じように、75%くらいに設定して頂くと、うまく全画面で見えると思います。そこを改善できたらよかったのですが、どうしたらいいのか分かりませんで、申し訳ないです。

年表 -1964(昭和39)年以前

年表 -1965(昭和40)年以降

なお、今回の公開と入れ違いに、2010(平成22)年8月に公開した年表とこれに関わる記事は、混乱を防ぐため削除します。
以下、当時とほぼ同じになりますが、ご利用上の注意をもう一度書かせて頂きます。

1.明らかな誤字、誤植でない限り、社史記述に由来する部分は、基本的に社史の文言をそのまま使っております。一見矛盾する記述も存在しますし、資料の種類によって、同じ事項なのに日付が違うといったことがありますが、それは今後の調査によって、できる限り明らかにしたいと思いますので、ご了承下さい。

2.左側に大津営業所に直接関係する事項、右側にそれ以外の事項、という体裁をとっておりますが、社史には、京津国道線など、京滋間に跨る路線や、三条京阪のように時代によって、大津、山科両営業所共に関係するターミナルに関する記述もあるため、完全に区分できているとは限りません。
 また、新聞に記載があった場合は、内容の欄の右側に各紙の略称とともに日付を記入しております。

3.筆者の関心は一般路線に大きく偏っており、観光バス、高速路線に関する知識はありませんし、そもそも大津の路線の歴史を調査するための年表であるため、これらに関する記述は殆どありません。観光バス、高速路線について知りたい方は、各社史の年表等をご参照下さいますようお願い致します。
 ストについても、今回はあまり調査しておりません。

4.また、他地区の京阪バス路線、及びグループ他社についても、大津ほどに知識はありませんし、3で述べた通り、大津の路線の歴史調査のための年表ですので、特に必要がない限りは書いておりません。これらについても、各社史の年表等をご参照下さいますよう、お願い致します。

5.編集には細心の注意を払っておりますが、正式な学術論文や公的文書、その添付資料ではなく、個人の趣味の範疇で作成しておりますから、参考程度にご覧下さい。

なお、万一誤りがある場合、不明のまま、日付を「?」としている事項について正確な日付をご存知の方、或いは、古い写真、時刻表、路線図をお持ちの方、その他何か情報をお持ちの方は、ご連絡下さると幸いです。
但し、頂いた情報を即座に反映して年表を編集するようなことは困難です。更新はまとめて、という形になると思います。悪しからずご了承下さい。

参考資料
京阪バス株式会社編『京阪バス五十年史』京阪バス株式会社 1972
京阪バス株式会社編『輝く明日へ「この20年の歩み」1972~1992 京阪バス創立70周年記念』京阪バス株式会社 1992
京阪バス株式会社編『世紀を超えて「この10年の歩み」京阪バス創立80周年記念』京阪バス株式会社 2002
京阪宇治交通株式会社編『地域と共に60年』京阪宇治交通 1983
大津市役所 『新修 大津市史 年表・便覧』第十巻 大津市役所 1987
その他

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/310-1bdeb16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック