青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
上関寺 かみせきでら
所在地:大津市逢坂一丁目
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:関蝉丸神社(下社) 安養寺 妙光寺 幻案寺 若宮八幡神社 大谷加圧ポンプ場 京都大学防災研究所付属地震予知研究センター逢坂山観測所(旧国鉄東海道本線 逢坂山隧道) (現在ないもの)京阪上関寺駅
キロ程:労働基準局前から0.5キロ


滋賀労働局前(労働基準局前)から道がだいぶ上りになってきます。



平安の頃、ここに「関寺」という大きな寺があり、上、中、下の関寺町があった(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P236)ことに由来します。1965(昭和40)年に住居表示制が施行されてからも、バス停の名前は残りました。

↓ふと国道から右手の路地を覗くと、長安寺踏切

IMG_7524.jpg

いろいろなサイトさんで写真は見るものの、どこなのだろうと思っていた風景が目の前に広がって、ちょっと感激したのを覚えています。

踏切は安全上はあまり好ましい施設とは言えませんが、景色に独特な風合いとアクセントを与えるのもまた確かでしょう。

↓踏切を渡ったところにある長安寺には、このような大きなツボのようなものがあります。

IMG_7528.jpg

↓「関寺の霊牛」の供養塔です。

IMG_7529.jpg

関寺近くの近松寺(ごんしょうじ いわゆる「高観音」)の僧 證昭と、清水寺の僧・仁胤とが、当時進められていた関寺の復興工事に協力するため、1頭の牛を提供したのですが、この牛は美しく、力が他の牛よりはるかに強かったといいます。
ある檀家がこの牛を借りて使ったところ、
「この牛は仏の化身で関寺の工事のために現れたのだから、他のことに使ってはならない」
と夢で言われて、あわてて寺に返した、と言います。関寺の工事が無事に終わって間もなく亡くなったこの牛を弔うために建てられたのが、この供養塔です(『大津の伝説』1988 大津市教育委員会博物館建設室/編 P88-89)。

尚、この長安寺こそ、関寺の跡だと言われています。

↓階段の下の踏切

IMG_7531_20150510095026259.jpg

↓また気になる踏切

IMG_7534.jpg

奥のお寺の名前を取って、「妙見寺」踏切です。
このお寺のためだけの踏切かと見えますが、右手の方に回り込む道がありました。

それも過ぎると、JRを越える陸橋です。

↓電車に乗っていると気づきにくいですが、南禅寺の水路閣を思い出させる風格です。

IMG_7536.jpg

年を経るほど美しくなるのが本当に素晴らしい建築だと、学生の時、建築に関しては素人の経済学の先生が言っていたのが印象に残っているのですが、本当にそうだと思います。

今、美しい、と言われている建築のうち、数十年後も美しいと思える建築がどれほどあるでしょうか。

IMG_7540.jpg

↓北側のトンネルは、1970(昭和45)年の複々線化のタイミングで供用開始されたことがすぐ分かる味気ないものです。

IMG_7538.jpg

真上に先ほどの妙光寺が乗っかっているように見えます。もちろん乗っかってはいないのですが、もともとトンネルの出口付近も寺の土地だったのかもしれません。

なお、この陸橋と平行して京津線もJRを越えています。

更に歩くと今度は右手に「関蝉丸神社」の下社(しもしゃ)が。

IMG_7541.jpg

↓蝉丸神社踏切

IMG_7542.jpg

IMG_7543.jpg

この神社のためにあるような踏切です。

蟬丸、逢坂峠と言って何と言っても忘れてはならないのは「これやこの…」の歌でしょう。

↓蟬丸の歌碑

IMG_7544.jpg

「これやこの行くも帰るも分かれては知るも知らぬも逢坂の関」

この歌を知らなかったら、この石碑、絶対読めないなあw

でも、大津市民なら絶対知っておきたい歌です。リズムや解釈も百人一首の中では比較的易しい方で覚えやすい、人気も知名度も高い歌だろうと思います。

↓社殿は残念ながら傷みが激しかったですが、工事が行われていたので、間もなく美しく甦ることでしょう。

IMG_7547.jpg

寄り道ばかりして、結局肝心のバス停を取り上げられずじまいでしたが、長くなりましたので、これは次回にさせて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/308-3597cfb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック