青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_5519.jpg

東草津を出て、新聞記事通りなら、実に12キロも停車せずに「大篠原」に着きます。石山駅-大石小学校間でさえ8キロ強です。そんなに長い間通過して、採算が取れるのか不思議です。今なら、1本の路線どころか、2本の路線といってもおかしくない距離です。

※京都八日市線、京都今津線について、今まで①②…と数字を振ってきましたが、付け方を変えることを検討中ですので、今回は番号を振っていません。



↓近江鉄道バスの標柱と一緒に、コミュニティバスの標柱もあります。ここは野洲市ですね。

IMG_5518.jpg

このバス停は京都方面です。

IMG_5517.jpg

付近は農地や古くからの集落です。

IMG_5512.jpg

引いて、道の反対側から撮影。

IMG_5516.jpg

「篠原」というと、JRの篠原駅が近江八幡市にあることを思い出される方もいるかもしれませんが、「大篠原」「小篠原」、という地名はそもそも野洲のものです。

IMG_5515.jpg

こちらは八日市方面。近江鉄道の八日市駅行きはもちろん、長命寺行き、木之本行き、彦根行きなども停まっていたのでしょう。

IMG_5514.jpg

次は、六枚橋
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/300-c00867b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック