青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
あけましておめでとうございます!旧年中はお世話になりました。今年も宜しくお願い致します。

数日前からテンプレート(背景)を変えました。今は廃線跡「取材」が多くて割と写真が載せられる記事が多いですが、もともと写真中心にしにくい内容のブログなので、テキストが多くても見やすいもの、ということで選びました。雰囲気が全然違うので、以前の記事も、全く違うものに見えます。文字の色が見にくいなど、何かありましたら、できる限り対応しますので、お知らせ下さい。

さて、早速ですが、30年前の今日、1982(昭和57)年1月8日、南郷洗堰と赤川の間に「南郷一丁目」バス停が開設されました。



南郷一丁目 なんごういっちょうめ
所在地:大津市南郷一丁目
開設年月日:1982(昭和57)年1月8日
付近:南郷市民センター(大津市役所南郷支所、大津市立南郷公民館)、大津市立南老人福祉センター、大津市立南郷小学校、南消防署南郷分遣所、滋賀県職業開発能力協会、関西電力宇治発電所導水路石山制水門、南郷プラザ、フレンドマート南郷店


↓石山駅方面のバス停

IMG_5682.jpg


↓南郷・大石方面を望む

IMG_5683.jpg

↓車両の入れ替えや乗務員の休憩のための運行かと思われる、平日のみの新浜発石山団地行き。

IMG_5684.jpg

バス停の真ん前には南郷市民センターがある他、周辺に学校や行政機関が集中していて、旧集落の「南郷」バス停をしのぐ、南郷学区の表玄関となっています。

IMG_3605.jpg

IMG_4205_20120108001552.jpg

バス停の名前が「南郷市民センター(前)」でもいいのに、と思うような位置ですが、市民センターの方が1年後輩で、バス停ができた時にはありませんでした。

因みに、1982(昭和57)年2月1日付毎日新聞によると、市民センターのすぐ南隣の南消防署南郷分遣所↓は2月4日に「再開」とあるので、こちらはバス停と同じく30周年です。

IMG_4206.jpg

「再開」というのは、昭和45年に一度設置されたものの、消防体制の変更で昭和50年に一旦閉じられたものが、人口の増加で再度設置することになったためです。

この南郷市民センターには、大津市内原則として1小学校区に1カ所、計36カ所ある市民センターの中で唯一、南郷にしかないある施設があります。

IMG_2644.jpg

堅田瀬田のような「不在者投票」「休日開庁」がある、いわば「別格」の大型支所にさえない、「図書室」が設けられているのです。これは南郷の住民としてはちょっとした自慢です(?)。

図書室は、大津市立図書館の分館のような位置づけで、カードは共通、大津市立図書館(本館)、北図書館、和邇(わに)図書館、移動図書館「さざなみ号」の本を返却することもできますし、逆も可能です。他の図書館からの取り寄せも可能です。決して規模は大きくありませんが、たいていのことは間に合います。

図書館から離れている地域は、「さざなみ号」が来るのが普通で、北部の北図書館(堅田)のように、南部の分館を作る、ということなら、瀬田の県立図書館からも距離がある、石山駅周辺が選ばれるのが普通でしょう。なぜ、どういういきさつで、あまり交通の便が良くなくて、他の学区からの利用者の流入もほとんどなさそうな南郷にだけ図書室ができたのかはよく分かりません。南郷学区屈指の謎だと私は勝手に思っています。

行政面の他、商業面でも南郷の中心といえましょう。

↓嘗ては京阪バスのアナウンスでも「お買い物は南郷プラザでどうぞ」と言われた「南郷プラザ」も最寄りですが、核になるスーパーマーケットが撤退してから、どんどん寂れており、いつの間にかアナウンスもなくなってしまいました。

IMG_2261_20111015153441.jpg

その斜向かいの「フレンドマート南郷店」↓もともとは、写真の左端に看板が写っている、現在の「TSUTAYA南郷店」の位置にありました。人口1万人弱の南郷学区で唯一のスーパーマーケットです。

IMG_2266_20111015153731.jpg

↓バス停の北にあるこの交差点で、南郷中学校経由系統が分岐します。

IMG_2637.jpg

↓石山団地発南郷中学校行きは、昼間の運用に続かないようで、よくB-3969や1939が使われるのですが、この日はW-1989という何とも平凡な車が来ました。

IMG_3596.jpg

他に、南郷二丁目東始発の便も画面奥の北から回送で走って来て、ここで右折しています。

↓ちょっと変わったものとしては、関西電力の導水路入口にある水門。


IMG_2640.jpg

↓水門から取り込まれた水がどこに行くのか、実は私を含め、地元の人間もよく分かっていないのではないか、と思いますが、調べてみると、喜撰山の揚水発電所にも天ヶ瀬ダムにも関係なく、京阪宇治バスの志津川口、明星町3丁目バス停付近の地下を通り、宇治上神社近くの宇治発電所に通じています。

IMG_3431.jpg


大津市内の他の学区では多分、「疏水」といえば長等の「琵琶湖疏水」で当たり前でしょうけど、南郷で単に「疏水」と言うとこの導水路のことで、私も調べるまで正式名称を知りませんでした(汗。

IMG_2265_20111113201636.jpg

この水路、地図を見ると分かるのですが、地上に出ているのはこの付近をはじめ、ほんのわずかです。真正面に見える袴腰(はかまごし)山にぶつかる辺りで、地下に潜って、ほとんどそのまま宇治市内に向かうのですが、その歴史は信じられないほど古くて、1908(明治41)年に着工、1913(大正2)年には運用を開始しているそうです。今のような掘削機もないでしょうに、よくこんなものが掘れたものです。掘る間に酸欠状態になったりしなかったのか不思議です。

「南郷一丁目」バス停の利用者数は、大津管内では別格の石山駅や京阪石山寺を別にすれば、恐らく石山団地や赤川と並ぶトップクラスと思われますので、今後も充実の40年目、50年目を達成してもらいたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年の初めから懐かしい写真をありがとうございます。どの写真の風景もよく知っています。しかしながら、「南郷一丁目」のバス停は後からできたものだったのですね・・・。ちょうど今年が大津を離れて名古屋に出てから20年になりますが、初めて知りました。このように、離れて初めて知ることが多いのです・・・。

このバス停、南郷住民だったので非常によく使いました。家の場所はむしろ「南郷中学校系統」のバス停に近かったのですが、ご存知のとおり非常に本数が少なく、主力は一丁目であり、部活動で帰宅が遅くなる姉(既に高校生だった)を父母と迎えにいったりしたことも思い出しました。私自身も、土曜の午後に合唱団の練習で島ノ関(市民会館)に行くときによく使っていました。

疎水の写真もupありがとうございます。毛虫には悩まされましたが、春になると本当に素晴らしい桜が見られますね。また見にいければ・・・と思っています。



2012/01/08(日) 22:29:33 | れお | #pamUQ3n2[ 編集]
Re: タイトルなし
れお樣、こちらこそ宜しくお願い致します。

>ちょうど今年が大津を離れて名古屋に出てから20年になりますが、初めて知りました。このように、離れて初めて知ることが多いのです・・・。

私も、京阪バスの社史の年表を確認して初めて知ることや、曖昧だった記憶がはっきりすることがたくさんあります。

> 疎水の写真もupありがとうございます。毛虫には悩まされましたが、春になると本当に素晴らしい桜が見られますね。また見にいければ・・・と思っています。

あの疏水沿いの桜は南郷の「名物」の1つでしょうけど、桜は、花が咲いている時以外は、毛虫に落ち葉と管理が大変ですね。

今年は南中開校・南中経由系統開通25周年なので、何か特集を組めたらと思っております。その節はまたご覧頂ければ、と思います。
2012/01/09(月) 09:34:51 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
あけまして、おめでとうございます。

先ほどは、弊ブログにも新年のご挨拶をありがとう
ございました。今年もよろしくお願いします。

さて、大津市南郷地区といっても「南郷洗堰」と
「水産センター」しか思い浮かばない身には、
南郷一丁目がいまいちピンときません(^^ゞ

でも、このローカルな視点を取り上げられるのが
ネットの良いところなんですよね。

宇治発電所の水が南郷から直接山越えで送られて
いるとは知りませんでした。てっきり天ケ瀬ダム
から送水してると思ってました。
勉強になりました。

2012/01/09(月) 11:01:33 | なかっちょ | #4RB3NX36[ 編集]
Re: タイトルなし
なかっちょ様、改めまして、今年も宜しくお願い致します。

> さて、大津市南郷地区といっても「南郷洗堰」と「水産センター」しか思い浮かばない身には、南郷一丁目がいまいちピンときません(^^ゞ

すみません、超ローカルネタで(汗。でも、それが仰る通り、自分から発信できるネットのよさですね。
狭い意味での南郷(住所が「大津市南郷」である地域)で、1-6丁目まであるうち、一番北側です。
「南郷水産センター」は「南郷」を冠していますが、南郷学区ではなく、川を挟んで向こう、田上(たなかみ)学区です。

> 宇治発電所の水が南郷から直接山越えで送られているとは知りませんでした。てっきり天ケ瀬ダムから送水してると思ってました。

私もそうです。今回いろいろ調べて初めて知りました。
天ヶ瀬ダムの水を夜間の電力需要が少ない時間に喜撰山ダムに汲み上げて喜撰山発電所で発電する他、天ヶ瀬ダム自体にもそれとは別に発電能力があります。でも宇治発電所はまた全く別物ということのようです。
2012/01/09(月) 14:14:13 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
遅くなりましたが新年おめでとうございます。今年もよろしくおねがいいたします。
南郷一丁目、ああ、そういえば昔はなかったなあ、と思い出しました。南郷一丁目を先例とすれば、野々宮~石山団地口の新バス停は「石山寺3丁目」
になるかと思いきや、「樋ノ口」でずっこけたのも
遠い昔です。
南郷プラザ、昔はみな「ナンプラ」と呼んでました。石山団地の家からは遠いのであまり行ったことはありませんが、中学生時代のある年、かまぼこを買いに行った覚えがあります。
30年ほど前まで、旧南郷中学の自転車通学の許可証はかまぼこ板に焼印(みたいなもの)を押したもので、新学期は皆かまぼこ板を持参したものです。
ある年、近所のスーパーでは売り切れていたのでナンプラまで買いに行きました。いまではステッカーでしょうが、皆、かまぼこ板を付けて自転車通学していました。かまぼこ板の取得は死活問題でした。ナンプラから撤退したスーパーは多分、石山団地に本店あったワ○ーだと思いますが、本店がなくなった団地も買い物が不便になったと実家の母はこぼしています。
疏水が宇治まで流れているのは意外でした。
また、色々な話題、楽しみにしています。
2012/01/10(火) 00:42:11 | K2 | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
K2様、コメントありがとうございます。今年も宜しくです。

> 南郷一丁目、ああ、そういえば昔はなかったなあ、と思い出しました。南郷一丁目を先例とすれば、野々宮~石山団地口の新バス停は「石山寺3丁目」
> になるかと思いきや、「樋ノ口」でずっこけたのも遠い昔です。

私は南郷一丁目がない時代がはっきり記憶にないんです。
樋ノ口ももう何だかんだで20年以上経ちますね。
「野々宮」や「南谷口(南谷)」、或いは郵便局に名前が残る「別所」は、『大平山のあゆみ』(財団法人 大平会 1971)に所収されている「石山寺円乗院所蔵大地図所載地名表」に掲載があり、小字なのだろうと思われますが、法務局で公図を調べた限り載っていません。

更に「樋ノ口」と「大浜」は、全く由来が分かりません。古い地名を大事にするのはいいことですし、古いバス停はともかく、新しくバス停を作るのに、わざわざ由来が分からないような名前にしてしまう必要性はないと思っています。そういうことをすると、地元でも、バス停があるから、何だかよく分からないけど「樋ノ口」というらしい、という本末転倒な話になってしまうのではなかろうかと思います。

> > 南郷プラザ、昔はみな「ナンプラ」と呼んでました。

ええ、私も南プラと略していましたね。南郷近辺の人間にしか分からないローカル用語だと思います。

> 30年ほど前まで、旧南郷中学の自転車通学の許可証はかまぼこ板に焼印(みたいなもの)を押したもので、新学期は皆かまぼこ板を持参したものです。

へえ……お店のひとも、何で新学期はかまぼこがいやに売れるのか不思議がっていたでしょうね。4月初めの食卓はどの家もうどんや木の葉丼、お吸い物などでどうにかこうにかかまぼこを消費していたんでしょうね。

> ナンプラから撤退したスーパーは多分、石山団地に本店あったワ○ーだと思いますが、本店がなくなった団地も買い物が不便になったと実家の母はこぼしています。

ああ、そういえばそうですね。人生の中で石山団地に足を踏み入れたのは、まだ片手で数えられるくらいで、石山団地の京阪バス折り返し場もこないだ初めてチラッと見たくらいなんですが(信じられないでしょうけど、行く必然性がないので、南郷の人間なんてそんなもんだと思います)、丘を下りて平和堂まで行かないとスーパーはないみたいですね。

今年も今から、あれを書こうこれを書こうといろいろ算段しておりますので、また宜しくお願いします。
2012/01/11(水) 00:14:48 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/291-ca328831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック