青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。

袴腰山の麓をたどるやうにして外畑といふ集落に着く。こゝらに來ると、最早全く山の中である。(田山花袋「宇治川の上流」『京阪一日の行樂』P488 博文舘 1923)



外畑ボート乗り場 そとはたぼーとのりば
所在地:大津市石山外畑町
開設年月日:1924(大正13)年12月15日?
廃止年月日:1976(昭和51)年11月?
付近:外畑ボート乗り場(現在はない)
キロ程:不明




田山花袋(たやまかたい)をして「全く山の中」と言わしめた外畑。内畑の方が「山の中」という感じがするのではないかと思いますが、山の岨(そば)を縫うようにして歩くしかなかったであろうこの当時、外畑は山深い村、と思われても仕方なかったのでしょう。いや、今もここから先は、内畑や笠取、二尾のように少し山に入ったところは別にして、川沿いには宇治まで集落らしい集落がなく、本当に「果て」という感じがします。

何で読んだのか忘れてしまって、原典を探すのに困っているのですが、昔、外畑のひとは、腰に魚籠(びく)をつけて、空気が溶けやすいように、腰を回すようにして水をかきまわして内畑から桜峠を越え、平津辺りで水を入れ替え、大津方面に魚を売りに行ったそうです。女性も、バスがない時代は炭や薪(たきぎ)を背負って石山や大津に歩いて売りに出て、逆に生活用品などを買って歩いて帰るのが普通だったそうです。トライアスロン選手でも音(ね)を上げそうな、激しい労働をしていたということに驚かされると同時に、同じ日本人として尊敬してしまいます。

村々の境界線争いはどこでも見られますが、外畑では無駄な争いを避けようとしてか、1727(享保12)年、庄屋以下村人42名の連署による村の掟が作られていて、二尾(現・宇治市二尾)、内畑、千町、南郷、曽束、淀の6村との境界線付近の山を荒らした者は、田畑家財没収の上、村から追放するという実に厳しい処分を定めていたということです(『滋賀県の地名 日本歴史地名体系25』P256)。

耕地が少なく、炭を焼くことや薪を売ることが主たる生業であったせいか、この11条の掟のうち、9か条が山の使い方に関することなのだそうで、やはり「山の中」というのがふさわしいのでしょう。
天ヶ瀬ダムの完成によって水没した、外畑の旧集落の跡には、宇治川ライン観光の汽船乗り場だけが残されていたようです。きっと、数多のお宅のアルバムの中に、旅行の楽しい思い出とともに、このボート乗り場の写真も眠っているのだろうと思われますが、インターネットで検索しても、ほとんどこれといったものはヒットしません。

そればかりか、外畑の旧集落の位置を確かめることも大変で、私も地形図で、多分この辺りだろう、という程度にしか調べられませんでした。

外畑ご在住の方、ご出身の方その他何かご存知の方は、ぜひお知らせ下さい。

『大津市天ヶ瀬ダム水没地区調査報告書』によると、外畑の村のひとは自村のことを「在所」といい、よその村を「他所在所(よそざいしょ)」と呼び、更に村の中を「東出」「西出」「浜」などと分けていたそうです。これとは別に「白砂」がありました(橋本鉄男「外畑の村制」『大津市天ヶ瀬ダム水没地区調査報告書』P12)。
この「白砂」と「大平」は今の公図では一緒に書かれている部分もあることから、一種の「錯雑地」なのでしょう。これらが現在の集落です。

この報告書には、恐らく今はいくらなんでもこんなことはないだろうな、と思うような厳しい本家分家の間柄や、現在の私たちから見ると、大変だとしか思えないような、でもきっと大切だったんだろうな、と思われるような正月の行事などが事細かに記述されているので、ご興味がおありの方はご覧ください。

2012(平成24)年3月21日付拙稿内畑口 【宇治川ライン線生誕35年企画1】では、
「里中橋という名前の橋なのですが、とても『里(集落)』の中にあるとは言えません」
と書きましたが、同書に「字里中」という表記もあることから、「里中橋」は里中の字にかかっている橋、ということなのでしょう。

↓地形図や風景から、最も可能性が高いだろうと思われた、南大津大橋のすぐ東側。

IMG_7827.jpg

IMG_7834.jpg

木の生え方が不自然です。
しかし、もはやどこがボート乗り場だったのか皆目見当がつきません。

少し下流から瀬田川を眺めると…

IMG_7806.jpg

木につく害虫「アブラムシ」のような点々は何だろうと思ってカメラの倍率を上げると…。

IMG_7804.jpg

イシガメらしい姿が。ほとんど動かないようでいて、よく見ていると時々川に入ったり、どこからともなく泳いできて木に這い上がったりして多少の入れ替わりがあります。
この木とは別にどこかにちゃんとした巣があるのでしょう。

イシガメやクサガメは30年くらいは普通に生きるそうで、長いものは40年以上生きるようですから、ボート乗り場があった頃に生まれてずっと棲みついている「主」もいるのかもしれません。しかし、さすがに水没前の外畑を知っているカメはいないのではないかと思います。

↓T.F.様が大変貴重な写真を提供して下さいました。「外畑ボートのりば」という行先を表示しています。1975(昭和50)年の撮影ですから、ボート乗り場廃止の直前です。

滋22か258

50-4-20 105

いずれも浜大津で撮影されています。
下の方の写真のバスは、ほぼ満席状態です。ここまで乗り通したひとはほとんどいないのではないかと思いますが、今ほどには路線バス離れが進んでいなかったこと、更には、浜大津が中心的商業地としての地位をまだ失っていなかったことがよく分かります。

外畑は来年、現在の集落への移転から50年を迎えます。人々の暮らしと思い出は、この川の中に沈んでいます。

IMG_7803.jpg

大正からの長い歴史を秘めた石山外畑線(大津市内総合線2・4号経路他)のシリーズは今回でひとまず終わります。今年の大半を占める長らくのお付き合い、ありがとうございました。

※お知らせ

京阪バス 石山外畑線、京阪宇治交通 石山線の大型特集がひとまず区切りがつきましたので、大変申し訳ありませんが、次の特集の開始(12月中・下旬)まで約1か月お休みを頂きます。

代わりに、例年年末年始に約1週間頂いているお休みは取らずに通常通りにお届けする予定です。

楽しみにして下さっている皆様には大変申し訳ないのですが、本ブログはあくまでも数ある趣味の中の1つですので、資料整理と取材を兼ねた充電期間としてご了承のほどお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは,2回目のコメント投稿です
小学校時代友人と二人で外畑ボートのりばまで乗ってみた事があります
何もないかなり寂しい場所で乗ってきたバスですぐに引き返したためバス停の正確な位置は思い出せませんが
幹線道路すぐ横の,山を切り開いたようなだだっ広い,バスが余裕で旋回できる場所にありました

写真に写っているバスは2台とも乗ったことがある車両で懐かしい
滋22か258,105の他にも257,259
106~109のナンバーが連番で活躍していました
2017/02/20(月) 14:21:34 | 石山男 | #HurolfPg[ 編集]
Re: タイトルなし
石山男様、コメントありがとうございました。

> 小学校時代友人と二人で外畑ボートのりばまで乗ってみた事があります

今の外畑ではなく、「外畑ボート乗り場」なんですね。それはすごいことですね。

> 何もないかなり寂しい場所で乗ってきたバスですぐに引き返したためバス停の正確な位置は思い出せませんが
> 幹線道路すぐ横の,山を切り開いたようなだだっ広い,バスが余裕で旋回できる場所にありました

今、外畑の集落を過ぎてから、そんな場所ないですよね。もう一度走ってみようかな。

> 写真に写っているバスは2台とも乗ったことがある車両で懐かしい
> 滋22か258,105の他にも257,259
> 106~109のナンバーが連番で活躍していました

よく覚えていらっしゃいますね。僕はナンバープレートなんて全然意識していないので、自分が子どもの頃に乗っていたバスのナンバーなんて全く分からないです。地名や漢字がほとんど瞬時に頭に入るのと対照的です。(ただ、瞬時に出てくるとは限らない…)
数字アレルギーなので、数学の不出来が一流であるばかりでなく、そもそも数字に目が向かないんです。いつかまた書こうと思いますが、何ならそんなもの分かったらいけない、覚えたらいけないくらいに思っています。だから、歴史も年号が全く覚えられないし、仕事で「商品Aは毎月平均どのくらい売れているか?」とか聞かれても、毎月毎年のことでも全然覚えていなくてしょっちゅう怒られます。

話が逸れましたが、でも、どの車も、今とはまた違う、いい味出してますよね。
2017/02/20(月) 23:38:39 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/290-993834d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック