青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
IMG_0017.jpg

(撮影劇場のmore6446様より提供 旧大津営業所)

京阪バス大津営業所が本宮町から現在の国分に移転して、今日で19年経ちました。早いものです。

これを機に、大津比叡平線の管轄が山科に移されたり、旧53号経路(石山駅-南郷中学校-大石小学校-内畑)が廃止されたり、国分回りの30・31号経路ができたり、大きな変化がもたらされました。

その中でも、私にとっては8号経路(市民病院前/国道市民病院-石山駅-赤川-上千町)の廃止はインパクトがあるものでした。

最近、拙ブログメールフォームに、何と80年代の上千町行きの車内アナウンスの録音を持っているというケンジ様という方からのご連絡を頂戴しました。
現在、ケンジ様は引っ越しされて大津市内にお住まいではありませんが、テープを大切に保管されていて、それを録音し直したものを提供して下さいました。

今日、移転記念の節目に、このアナウンスを拙ブログ及びYou Tubeにて公開させて頂きます。

上千町行きは2本ありますが、2本とも石山駅発上千町行きで、惜しいことに下千町で録音が終わっております。



You Tubeの説明でも書きましたが、どちらも、背後のエンジン音がどう考えても三菱ではないので、1984年から86年の初めに掛けての短期間在籍していた日野RC 滋22か1096(A-3463)ではなかろうかと思われます。ホイールベースが短い短尺車で、狭隘な上千町行きによく使われていたと聞いております。
№2については、京阪石山寺のアナウンスの後、1:04から30秒弱に渡って、大津市教育委員会の提供アナウンスが流れます。



こちらは大津市教育委員会です。皆さん、私(わたくし)たちの願いは、健康で働き、教育を受け、幸せに暮らせることではないでしょうか。そんな願いを…(よく聞き取れない)……ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために、考え合いましょう。



まだ演説が続きそうな感じですが、ここで京阪石山寺に着いてしまって、アナウンスが途切れます。

「ひとりはみんなのために…」

『三銃士』(アレクサンドル・デュマ・ペール 1844)のことばだったかな、と思って調べたら、やはりそうでした。

一方こちらは大石小学校行きです。エンジン音からすると、西工ボディでエンジンは三菱だったいわゆる「カマボコ」ではなかろうかと思われます↓



1:04辺りから流れる
「運賃は南郷まで、整理券3の方は140円、2と1の方は160円、券のない方は180円でございます」というアナウンスから、28号経路 西大津駅発国道経由大石小学校前行きであることがほぼ特定できます。
即ち、3は石山駅以南大浜まで、2は松ヶ枝町以南東レ北門前まで、1は浜大津から県庁前まで、なしは浜大津より北三保ヶ崎方面です。昔はこのように律義に運賃についてもアナウンスされていました。これ以上整理券が増えると、「運賃は、運賃表をお確かめの上、小銭、回数券をご用意願います」になったと記憶しています。


それにしても皆さま、合成音声でないとはいえ、ずいぶん今のアナウンスと声が違うことにお気づきでしょうか?私がYouTubeにUPしている、京阪バス 合成音声化以前 終点アナウンス(音楽付き)↓と比べるとその違いは歴然です。



合成音声になった時も、声がテープと違う、とは思いませんでしたが、ケンジ様が提供して下さったテープの声は、それ以後のテープアナウンスと比べ、明らかに別人の声だと思います。

また、ツルハスタジオのアナウンスの内容も違いますし、松原の美容室の広告も、それ以後のアナウンスではなかったものではなかろうかと思われます。

恐らく、運賃が150円に改定になった1985(昭和60)年にアナウンサーも交代し、ごっそり一新したのではなかろうかと思います。

これらのアナウンスや路線、或いは車両について何か情報や思い出がおありの方、アナウンスの内容で何か気付かれたことがおありの方、その他ご感想など、宜しければメールフォームやコメントでお寄せ頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。いつも更新を楽しみに拝見しています。
「次、停まります。ご乗車ありがとうございました。」のいかにも機械的な音声が聞いてて泣けます。松原の放送は私も記憶にありません。現在の松原は「理容・石山前」なので、何か因縁めいたモノを感じます。
 石山寺山門前の「柳屋」も懐かしいですね。道路が付け替えられる前に公園のそばにあった旅館です。大津フリークルットの写真に公園が写っていますが、その撮影者側の背後にありました。その後は一時期「お料理と仕出しの老舗・洗心寮前」だった記憶があります。
 滋賀大前の「セーヌ不動産」は今でもありましたっけ?瀬田川がセーヌ川に似ているのか知りませんが。一時期は「ママが褒めてたイマイの家具」だったと思います。
 余談ですが、大津営業所の移転、平成5年6月20日ダイヤ改正で「大石小学校前」が「大石小学校」に、「国道市民病院」が「大津市民病院」に改称されました。出入庫の都合で新設された137系統は2年半と短命でしたが、結局一度も乗車出来ませんでした。
2012/06/21(木) 19:59:51 | METEOR | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
METEOR様、いつもお世話になります。

> 「次、停まります。ご乗車ありがとうございました。」のいかにも機械的な音声が聞いてて泣けます。

その続きは、
「発車・停車の時は、車が揺れます。必ず、吊革、手すりをお持ち下さい」
ですね。ずいぶん長いこと、「発車」が聞き取れなくて「明日」に聞こえて、でも「明日」なわけないし、おかしいなと思っていて、ある日ふと、「発車」だと気づきました。

>松原の放送は私も記憶にありません。現在の松原は「理容・石山前」なので、何か因縁めいたモノを感じます。

アナウンス中に登場する美容室は今もあるようです。松原は「理容石山」以前はずっと広告アナウンスがなかったような気がします。

>  石山寺山門前の「柳屋」も懐かしいですね。道路が付け替えられる前に公園のそばにあった旅館です。大津フリークルットの写真に公園が写っていますが、その撮影者側の背後にありました。その後は一時期「お料理と仕出しの老舗・洗心寮前」だった記憶があります。

柳屋ははっきりと記憶がないですね。洗心寮は、言われてみればそんなアナウンス、ありましたね。

>  滋賀大前の「セーヌ不動産」は今でもありましたっけ?瀬田川がセーヌ川に似ているのか知りませんが。一時期は「ママが褒めてたイマイの家具」だったと思います。

セーヌ不動産は今もあります。「バスの発車する直前直後の…」は伝統的に滋賀大前だった気がします。
イマイ家具のアナウンスは知りません。唐橋前でなく、滋賀大前ですか?あんなところにイマイ家具なんてないのに。

>  余談ですが、大津営業所の移転、平成5年6月20日ダイヤ改正で「大石小学校前」が「大石小学校」に、「国道市民病院」が「大津市民病院」に改称されました。出入庫の都合で新設された137系統は2年半と短命でしたが、結局一度も乗車出来ませんでした。

「大石小学校前」が「大石小学校」になったのは、合成音声になるタイミングではなかったのでしょうか?私ももう一度確認してみます。137号経路は短い間咲いた仇花でしたが、運賃区界まで強引に変えるきっかけとなった、ある意味すごい路線ですね。
2012/06/22(金) 00:19:02 | 喜撰猿丸 | #7tx7L6DI[ 編集]
Re:Re: タイトルなし
皆さまこんにちは。

こないだ滋賀大前に行く用事が出来たので見てきましたが、あの辺りはあまり変わっていませんでした。。。

「セーヌ不動産」は看板おろされていました。
「次は滋賀大前、滋賀大前、セーヌ不動産前です。バスの発車する直前直後の横断は、危険ですから、やめましょう!」をずっと聞いていた世代ですので非常に残念です。

また、滋賀大前の「イマイの家具」は現在「本のがんこ堂・石山店」の場所に支店がありました。その頃のアナウンスだったかと思われます。
2016/06/16(木) 14:55:23 | 「滋賀大前」元住民☆哀愁 | #mQop/nM.[ 編集]
Re: Re:Re: タイトルなし
「滋賀大前」元住民☆哀愁 様、コメントありがとうございました。

> 「セーヌ不動産」は看板おろされていました。
> 「次は滋賀大前、滋賀大前、セーヌ不動産前です。バスの発車する直前直後の横断は、危険ですから、やめましょう!」をずっと聞いていた世代ですので非常に残念です。

そう言えば最近、セーヌ不動産の名前を聞かないですね。滋賀大前の「セーヌ不動産」、平津の「スズラン美容室」、赤川の「ツルハスタジオ」、そして南郷一丁目は「お買い物は南郷プラザでどうぞ」…だったと思います。

イマイ家具の支店があんなところにあったなんて知りませんでした。がんこ堂の前が何だったかなんて全然覚えがないですね。古い住宅地図を見てみます。
2016/06/16(木) 22:59:42 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: Re: Re:Re: タイトルなし
がんこ堂のことを書いた直後に、がんこ堂に強盗が入ったとのこと、怖いですね…。
古い新聞で昭和30年代まで遡ると、実は石山、南郷でもこんなところでこんなことが?とびっくりするような事件事故が起きていたことが分かるのですが、基本的に人と金が集まる商業地ではないし、地形的に逃げ道も少ないからか、最近は平成14年の千町簡易郵便局の強盗事件以外、あまり凶悪な犯罪は聞いたことがありません。
早く容疑者の身柄が確保されて欲しいですね。
2016/06/18(土) 19:16:14 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re:Re: Re: Re:Re: タイトルなし
がんこ堂の事件、本当にびっくりしました。実家から徒歩数分のところでの発生であります。
一日も早く事件が解決されますよう、願うところです。
「滋賀大前」以南のバスに乗る機会があまりなく、「スズラン美容室」、「ツルハスタジオ」、「南郷プラザ」と宣伝が続くのですね。
南郷プラザにあるお肉屋さんのコロッケが大好きでしたが、まだあるのでしょうか。
2016/06/20(月) 16:03:53 | 「滋賀大前」元住民☆哀愁 | #mQop/nM.[ 編集]
Re: Re: Re:Re: Re: Re:Re: タイトルなし
「滋賀大前」元住民☆哀愁様、コメントありがとうございます。

> がんこ堂の事件、本当にびっくりしました。実家から徒歩数分のところでの発生であります。

中学か高校の国語の教科書で、山崎正和だったか誰だったか忘れましたが、「現実に起きた事件・事故より、テレビや新聞で報じられた事件・事故の方がリアリティがあるように錯覚する」とか、そんな文章があった気がします。筆者はそれを批判的にとらえていましたが、でも、なぜか確かにテレビでまで報じられると、いいか悪いかはともかくとして、ああやっぱり本当に起きてしまったことなんだな、と変な実感を覚えます。

> 一日も早く事件が解決されますよう、願うところです。

車での犯行なら多分、普通に考えたら、パトカーとすれ違う可能性もある、北の石山、大津方面には逃げないでしょうから、警察の管轄が変わって追跡が遅れる宇治・宇治田原方面に逃げたのかな、と思います。ていうて、事実は小説より奇なりで、実はパトカーと平然とすれ違っていた!なんていうことがあったら…と思うとまた怖いですね。

> 「滋賀大前」以南のバスに乗る機会があまりなく、「スズラン美容室」、「ツルハスタジオ」、「南郷プラザ」と宣伝が続くのですね。

「続く」というか「続いていた」んです。今はすべてなくなりました。
「次は、平津、平津、スズラン美容室前です」
「次は、赤川、証明写真から記念撮影まで、写真のことなら、ツルハスタジオにお任せ下さい」
だったと思います。英語のことわざや、孔子や孟子のことば、はたまたどうしようもなくできの悪い数学の公式の1つも覚えたらいいのに、私の頭の中はアナウンスや、CMソングばっかりです。

> 南郷プラザにあるお肉屋さんのコロッケが大好きでしたが、まだあるのでしょうか。

さのやさんのことなら今もあるにはありますが、ワコーもなくなって、核になる店がないため、私はもう長いこと中に入ったことがないですね。赤川バス停前の田中食肉店…昔「ともや」があった位置、多分、「滋賀大前」元住民☆哀愁 様がいらっしゃった当時にはなかったのだと思いますが、そこのコロッケとミンチカツはくせがなくて本当においしいと思います。

2016/06/20(月) 21:52:17 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/289-db512f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック