青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
奥出 おくで
所在地:大津市大石龍門六丁目字大奥
開設年月日:(京阪宇治交通として)1975(昭和50)年6月3日
      (京阪バス9・4A号経路として)1985(昭和60)年3月4日
      (京阪バス4G号経路として)2008(平成20)年11月1日 
廃止年月日:(京阪バス9・4A号経路として)不明
      (京阪宇治バスとして)2008(平成20)年11月1日
付近:寿長生の郷
キロ程:竜門から0.5キロ(石山駅から10.5キロ)


※『地域とともに60年』(京阪宇治交通株式会社編 1983)の年表により、当バス停の設置日が確認できましたので、訂正しました。



「奥出」は、大石小学校以南開拓村までの他の大津市内の各バス停と違って、大字やはっきりした地点名が由来ではないためか、名前を覚えにくい目立たないバス停です。

いつも使っている『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』には掲載がなく、そればかりか巻末の「小字一覧」に、なぜか大石の小字の一覧は全く掲載されていないため、検索のしようがありませんでした。

ただ、公図を見ると、バス停の位置はその名も何と「大奥」という字で、その北が「中奥」、更に北の山寄りが「南出」、その北隣が「中出」となっているので、これらを合わせて「奥出」という言い方が地元では古くから用いられていたのかもしれません。

ここは思っていたより多くの宇治バス時代のバス停を撮影していました。

↓小田原・宇治田原方面 2008(平成20)年10月12日撮影 以下宇治バスのバス停は全て同じ日に撮影しています。

IMG_4451_20130128131314.jpg

↓現在
IMG_7553.jpg

完全に定点撮影したわけではありませんが、ほぼ同じ位置であることが分かります。現在の方が心持、大石小学校に向かって右寄りですね。
これは京阪バス開通の時に、京阪宇治バスのポールを撤去してからそこに京阪バスのポールを設置したのではなく、準備中は両方が併存していたからだと思います。

↓大石小学校、石山駅方面

IMG_4452_20130128131314.jpg

↓現在

IMG_7556.jpg

IMG_7552.jpg

後ろに見える落ち窪んだようなところが、5年前と何も変わっていません。

↓標柱のうち停車する系統の一覧。

IMG_4450_20130128021629.jpg

5年前の時点でも、京阪バスはなくなって久しかったわけですが、まだ京阪バス9号経路が記載されています。恐らく当時の京阪宇治交通が主体となって作成したためでしょう、京阪バスの正式な表記である「9号経路」でなく、「9系統」と記されています。そればかりか4Aに直されてもいません。

↓全景 大石小学校、石山駅方面を望む。

IMG_4449_20130128131313.jpg

↓現在の全景。同じアングルではありませんが、方角は北向きです。

IMG_7554.jpg

ここは、何なら「寿長生の郷口」というようなバス停名でもおかしくないような位置で、上の写真にも写っている「寿長生橋」を渡ると、寿長生の郷に続く坂道です。↓

IMG_7753.jpg

IMG_7751.jpg

IMG_7752.jpg

↓小田原に向かうF-3032

IMG_7864.jpg

次は、寿長生の郷(京阪バス旧4A・9号経路、京阪宇治バス96B系統他)/小田原口(京阪バス4G号経路、京阪宇治バス95・96系統他)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/287-b377377e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック