青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
28日付拙稿塩狩峠の続きの前に、59年前の今日、1952(昭和27)年8月31日付で発行された京都新聞山城版に掲載された記事が面白かったので、先にUPさせて頂きます。塩狩峠第2弾は、2日か3日の予定で編集中ですので、ご興味がおありの方は宜しくお願いしますm(__)m

S27.8.31KY 八幡田辺線増発要望b

八幡田辺線は、もともと京阪バスの前身の1つ、男山バスが運行、戦時中に京阪バスが引き継ぎ、多くの路線が休止される中でも、鉄道がない地域だったためか、休止されずに運行が続けられたようです。前身の会社を含めれば、70年ほどの歴史があるということで、現存する京阪バスの路線としては最も古い、大津管内の、南郷外畑周辺に次ぐ古さです。
ただ、割と単線的な歴史を持つ大津管内と比べ、ここは1969(昭和44)年に京阪宇治交通に移管され、2006(平成18)年4月、京阪宇治交通、京阪宇治交田辺の、京阪バスとの合併に伴い、再び京阪バスの路線となった、という波乱万丈な経緯があります。

この記事では路線が開通して12年目、とあるので、1940(昭和15)年から、京阪バスによって運行されているということなのでしょう。

↓八幡田辺線の中でも、最もオーソドックスな、74号経路(八幡市駅-内里-岡村-新田辺)の経路。(大丈夫だと思いますが、万一間違いがありましたらお知らせ下さい)
こうして見ると、結構な距離です。実際にバスに乗ると、なんだかんだで40分くらいはかかります。



余談ですが、まだ昭和27年で既に「テクる」などという俗語があったことに驚かされます。
また、地名が難しくて、私も長らく読めなかったのですが、「有智郷」「うちさと」で、現在は「内里」と書かれることも多いです。バス停も「内里」です。
「都々城」は字面だけ見るとものすごい立派ですが、「つづき」です。
どちらもいわれれば、まあ何となくそう読めなくはありませんが…。

京阪バスのバス停もある、八幡市立有都小学校は「智郷」と「々城」を合わせた名前です。

↓現在の八幡市駅

IMG_0719.jpg

左側のN-3883が八幡田辺線の表示ですね。

新聞記事中、「イモバス」の異名があったほど、担ぎ屋でいっぱいで、足を踏んだだの、「甘しょう」(「しょう」と伸ばすのは間違いで、「甘藷(かんしょ)」=さつまいものこと)が車内に転がりだすだの、舗装されていない道路で大揺れに揺れながらの大騒ぎだったのでしょう。今は信じられません。

カツギ屋なんていっても、分からないひとも多いでしょうね。私ももちろん、本当には分からないのですが、主に闇物資を担いで行商する人たちですね。だから記事にもある通り、

「食糧事情が緩和するにつれてカツギ屋連は目立つて減つたというものの」

とあるわけです。

更に注目すべきは、

「車体は昔のままだがこのほど白と赤色に化粧変えしたので感じはよくなつたと乗客から喜ばれている」

そう、塗り替え直後なんですね。2006年、30数年ぶりに、紅白のバスが走り出した時、沿線の昔を知るひとは懐かしかったことでしょう。

↓道が狭い「岡村」

ssIMG_2809.jpg

↓新田辺駅前で待機するW-3175

ssIMG_2808.jpg

↓田辺は知るひとぞ知る一休さんの街、私は、表示はなかなかきれいに撮れないのを知りつつも、ここに行くといつもこうして、一休さんと一緒の写真を撮ってしまいます。

IMG_0691.jpg

走るバスは変わり、道路は舗装され、沿線の風景も変わりましたが、夏休み最後の日(京都市立はもう2学期のようですが…)、宿題どうしよう……と小学生が焦っているのは、変わらないことでしょう。
この新聞が発行された当時の小学生は、今の小学生のおじいちゃん、おばあちゃんくらいの世代ですね。

私も、全然勉強しない子どもで、特に、手間のかかる自由研究や、大嫌いな算数は滞りがちで、不安に押しつぶされそうになって、半泣きになって、それでもフラフラ遊びに出て、こんな立派な大人になってしまいました(汗)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
「自転車か歩行でテクらねば」という表現になんか笑いました。
かつぎ屋さんは、私が子供のころ、昭和50年代初めまで、石山団地にも来ていました。
当時はおばあさんに見えましたが、今思うと50代くらいのおばさんでしょうか。駅から歩いてきたのか、京阪バスに乗ってきたのか、今となっては知る由もありません。
京阪バスのデザインはこの先も変わってほしくないものです。
2011/09/01(木) 00:14:18 | K2 | #-[ 編集]
石山団地に?
K2さんのコメントを読ませて頂いて驚きました。
かつぎ屋さんが昭和50年代の始めまで石山団地に。。ですか?

昭和50年代はじめの、石山団地行、大石行のバスは通勤通学時間帯の混雑ぶりは今以上でした。
もしバスでかつぎ屋さんが移動されていたのとしたら、大変だった事と思います。
2011/09/01(木) 21:03:24 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: No title
K2様、yume様 いつもありがとうございます。

> 「自転車か歩行でテクらねば」という表現になんか笑いました。

今調べてみたら、泉鏡花(1873-1939)が1907(明治40)年に発表した『婦系図(おんなけいず)』に既に「歩行(てく)って」と書いているようで、またまた驚きました。泉鏡花は、比較的入手しやすい『歌行燈』『高野聖』しか読んでいないので、ぜひ読んでみたいと思いました。

> かつぎ屋さんは、私が子供のころ、昭和50年代初めまで、石山団地にも来ていました。

まあこれはカツギ屋さんというか、普通の行商のおばさんでしょうね。でも、歩くにしろ、バスに乗るにしろ、大変な仕事ですね。現代人なら、男でもなかなかできないと思います。

もっと昔、それこそ明治、大正の頃は、外畑から、男性は主に魚籠(びく)に、瀬田川で獲った魚を入れて、空気が不足しないように腰を回しながら、女性は主に薪を何十キロも担いで、桜峠を越えて石山や大津に売りに行き、その足で買物をして帰ったのだそうですが、信じられますか?考えるだけで気が遠くなりそうです。今なら、トライアスロンの選手でもへたばってしまうと思います。

昔のひとって、サッカーだの野球だの、特定のスポーツをやって鍛えているとか、そういうのと違う、かといって精神力だけではもちろん説明がつかない、何か不思議な強さがありますよね。

> 京阪バスのデザインはこの先も変わってほしくないものです。

京阪バスが今のデザインになってから後、京阪宇治交通、宇治バスは少なくとも3パターンあるわけですし、多分全くよその会社でも、これほど色を変えていないところも珍しいのではないかと思います。
正直、私はこの色が特に好きというわけでもなく、今の宇治バスの「抹茶色」みたいにシックな感じもいいなあと思うのですが、このカラーは「還暦」を過ぎてしまったわけですから、もうこのまま通して欲しいですね。
思えば、特にこのカラーの60周年を祝うようなイベントや記念品、なかったですね。もうちょっとそういうことも大切にしないと寂しいですね。
2011/09/01(木) 23:15:16 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/272-2e3b60b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック