青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
54年前の今日、1957(昭和32)年9月10日付の読売新聞に掲載された広告↓

S32.9.10Y 伸びゆく滋賀県の交通産業(広告)b

この広告の周りには、自動車メーカー、ディーラーや、観光バス会社の広告が並んでいました。
特に、トヨタがまだバスを作っていた時代のようで、大型のボンネットバスの車体のイラストが乗っていて興味深かったです。

なぜ特に「交通産業」と取り出してこのような広告が出たのかはよく分かりませんが、バスの路線図も乗っていてなかなか面白いです。

印刷技術が未発達なせいか、京阪 点線、近江 実線、江若 二重線という、分かりにくい形ですが、近江がやはり一番幅を利かせていることはよく分かります。

大津市北端の山間部 葛川(かつらがわ)までのバス路線は、この時点では安曇川の方からしか走っていませんね。

堅田から葛川に行こうとすると、花折峠が非常に険しく、事故が多かった、というのは、確か、大津市立の各小学校の社会科副読本として使われている「わたしたちの大津」にも載っていました。旧堅田町の一部なので、変な感じがしますが、確かに地形的には安曇川に向かって下って行くのだから、そちらの方が走りやすいんですね。

地元・葛川以外の大津市立の小中学校を出た方なら、恐らく大抵小学校と中学校各1回ずつ「大津市立葛川少年自然の家」に宿泊学習に行くと思いますが、その時も、安曇川回りだった記憶があります。

因みに堅田から葛川に行く江若バス、及び京都から葛川に行く京都バスは、この広告が出たおよそ2年後の昭和34年に、同時に認可されています。

この年の5月に開通した、多賀町の川相-萱原間の路線は忘れられていたのか、書かれていません。1957(昭和32)年5月18日付滋賀日日新聞↓

S32.5.18S 川相‐萱原間バス開通b

最初に引用した広告の地図の北東の方をご覧下さい。「川相」の文字が見えると思いますが、実際にはこのさらに東に路線が延びています。
因みにこの「川相」という地名、何と読むと思いますか?当時この新聞記事を読んだひとも、多賀町近辺の在住・出身者以外ほとんど全て「かわい」と読んでいたでしょうけど、これで何と「かわない」と読みます。
パソコンで「かわない」と打ってから「人名地名」を選択するコマンドが出る場合は、そこを開いて下さい。「川相」が出てくるので、えらいもんです。大津市の「田上」(たなかみ)でさえ出てこないのに。

多賀は難しい地名の宝庫です。
「仏ケ後」「水谷」「桃原」「甲頭倉」「大君ケ畑」……全部ちゃんと変換されるのがすごい…、というか、怖い…。
答えはまた次回にしましょう。最近は何でもネットで簡単に検索できて面白くないのですが、よかったらコメントでご回答下さい。

私は、近江鉄道バスの場合、大津営業所管内か、それに関わりのあるところしかほとんどコピーしていないのに、なぜこの路線に限ってコピーしたのか、よく覚えていませんが、ボンネットバスの写真があったからでしょうか。地元の方の喜びが伝わってくるからでしょうか。

なんしか正に、山の奥まで「伸びゆく交通産業」、日本全体が、結果的によかったか悪かったかは一概に言えませんが、とにかく前へ前へ、上へ上へと伸びようとしていた時代です。

広告の地図を見て、京阪バスに限らず、面白いなと思われた部分、お気づきのことがある方、ぜひコメントやメールを頂ければと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
現在の帝産バス湖南交通、滋賀交通が載っていないのは何故なのでしょう。読売新聞とは関係が悪かったのでしょうか。

記事の主旨とはずれるかもしれませんが、「葛川少年自然の家」での宿泊学習!私の時代にはありませんでした。
というより、児童文学、漫画、ドラマでは定番の林間学校、臨海学校はわたしが石山小学校、旧南郷中学校に在籍していた昭和50年代にはなかったです。あれば色んな意味で楽しかったでしょう。
6年生の時、私のクラスだけで一泊だったか、日帰りだったか忘れましたが、林間学習をしようと担任の先生、生徒全員で盛り上がったことがあります。
結果は校長先生が事故がおきたらどうするのか?と許可を出さず中止となりました。
当時の大津市の教育方針って、なんかとにかく安全優先で結果的に大きな事故はなかったですが、「大物」は育っていないように思います。隣の草津市は芸能人、アスリートなどそこそこ有名人がいるのに。

話がそれ過ぎました。
地図を見ると、当然、琵琶湖大橋は載っていませんが、湖上航路も載っていませんね。
昭和32年といえば、終戦からたった12年、鉄道、バス路線の隆盛は予想できても、自家用車保有率の上昇による交通事情の変化は予想できなかったでしょうね。予想した人はいたでしょうが、周囲に
理解されなかったでしょう。
こんなコメントでよかったでしょうか?
2011/09/11(日) 01:07:35 | K2 | #-[ 編集]
江若鉄道のバス路線
興味深いのは江若鉄道のバス路線、特に葛川線です。戦前の昭和8年2月安曇駅前~朽木岩瀬が開業以来、昭和24年12月朽木栃生まで、昭和28年2月葛川中村まで開業しています。途中から花折峠を越えて葛川中村と結ばれるのは、ずっと遅れて昭和35年4月のことです。
現在、堅田~細川間は3往復運行されていますが、唱和53年頃までは2往復でした。その代わり細川~平間に昼間1往復運行されており、これが堅田まで延長された形で3往復になりました。
また、細川~葛川学校前間にも1往復あり、こちらは安曇川営業所のマイクロバスが担当しておりました。
また、細川発堅田行は途中で、京都バスの途中発三条京阪行と連絡しておりました。このバスもいつの間にか小出石止まりとなり、小出石~途中間は平日はバスがなくなってしまいました。、
2011/09/14(水) 22:18:43 | T.F | #-[ 編集]
Re: 江若鉄道のバス路線
T.F.様 いつもありがとうございます。レスが遅くなりました。

> 興味深いのは江若鉄道のバス路線、特に葛川線です。戦前の昭和8年2月安曇駅前~朽木岩瀬が開業以来、昭和24年12月朽木栃生まで、昭和28年2月葛川中村まで開業しています。途中から花折峠を越えて葛川中村と結ばれるのは、ずっと遅れて昭和35年4月のことです。

江若の歴史なんて、何を参考にされているのですか?すごいお詳しいですね。前にもどこかで書きましたが、江若交通は、私のような京阪バスの一沿線住民はもちろん、ファンやマニアが考えているよりはるかに京阪バスとの関係が深いので、もっと勉強しないといけないな、と思っております。

> また、細川発堅田行は途中で、京都バスの途中発三条京阪行と連絡しておりました。このバスもいつの間にか小出石止まりとなり、小出石~途中間は平日はバスがなくなってしまいました。、

そうですね。つい最近、出町柳―朽木間が休日のみの運行となってしまいましたね。江若のバス停にも、比良山を旧志賀町側から越えて葛川に回り込むルートをとって、京都に戻ろうとしているひとに、バスが土日祝日しかないことを注意喚起する掲示がされています。
2011/09/15(木) 21:56:10 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: No title
K2様、レスが遅くなり、申し訳ないです。

> 現在の帝産バス湖南交通、滋賀交通が載っていないのは何故なのでしょう。読売新聞とは関係が悪かったのでしょうか。

そこは何とも分かりませんが、滋賀交通はまだしも、帝産は前にも書きましたように、極端に情報がありません。

> 記事の主旨とはずれるかもしれませんが、「葛川少年自然の家」での宿泊学習!私の時代にはありませんでした。

日頃のコメントの内容から、K2様は私よりだいぶ先輩でいらっしゃるので、「葛川少年自然の家」そのものがまだなかったのだと思います。葛川がない時は、彦根の荒神山に行っていた、と聞いたことがあります。

> 6年生の時、私のクラスだけで一泊だったか、日帰りだったか忘れましたが、林間学習をしようと担任の先生、生徒全員で盛り上がったことがあります。
> 結果は校長先生が事故がおきたらどうするのか?と許可を出さず中止となりました。

それなら日常の授業も通学も何もかも一緒ですね。通学中に事故が起きたら、体育の授業で事故が起きたら…、そりゃ、泊まりがけだし、バスに乗ったりするから、リスクの度合いは違うと言われるかもしれませんが。
もちろん、「モンスターペアレント」みたいなのがいると、先生も委縮するのはよく分かります。あれも怖い、これも危険、といっていたら生きていけないので、普通のひとは、ほどらいのところで妥協し、もちろん、最大限安全に留意するのだと思うのですが…。

> 地図を見ると、当然、琵琶湖大橋は載っていませんが、湖上航路も載っていませんね。
> 昭和32年といえば、終戦からたった12年、鉄道、バス路線の隆盛は予想できても、自家用車保有率の上昇による交通事情の変化は予想できなかったでしょうね。予想した人はいたでしょうが、周囲に理解されなかったでしょう。

4月15日付拙稿「京都・大津比叡山線開通①」http://contrapunctus.blog103.fc2.com/blog-entry-183.htmlで書かせて頂いた「テントウムシ」という愛称のスバル360も、この翌年の発売ですから、そうですね、自家用車というものに対する憧れみたいなものは持っていたのではないかと思いますね。アメリカの事情とかも、ある程度は知られているでしょうし。
2011/09/15(木) 22:13:11 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
ひとつわからん!
すいだに
もばら
こうずくら
おじがはた


あと、ほうづき、むかいのくら
おおり、ごんげんだに、くるす、などもありますね。
2017/01/07(土) 22:48:56 | しげぽん | #IizstKas[ 編集]
Re: ひとつわからん!
しげぽん様、コメントありがとうございます。恐らく残る一つは「仏ケ後」(ほとけら)ですね。
2017/01/08(日) 19:56:22 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/269-ff30ad8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック