FC2ブログ

青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
1957(昭和32)年8月28日、60年前の朝日新聞に、近江鉄道バスの八日市-浜大津間の路線の開通が報じられています↓

S32.8.28A 八日市‐浜大津バス開通b

ルートは八日市から浜大津まで行くと考えた時、ごく一般的なルートだと思います。八日市を出て、八風街道を走って、六枚橋、篠原…野洲や守山は、国道から離れてわざわざ駅前に行っていたのが京阪バスとの大きな違いでしょうか。そこはさすがに自社エリアなので免許もしっかりとあり、融通が利きますね。

9月5日開通、と書かれていますが、しかし、丸1カ月後の9月28日付京都新聞では、10月1日から運行開始としています↓

S32.9.28KS 八日市‐浜大津 近江バス開通b

ダイヤは同じなので、同じことを報じているのでしょうけど、1カ月の間に、何か事情が変わって、開通が延期になったのでしょう。私が見た限り、そういう記事はありませんでした。

近江八幡と八日市の間のバスは休止するとありますが、1日たった2往復のバスに代替をさせて良いものなのでしょうか?近江鉄道が並行しているからそれでよいという判断でしょうか?

京阪バスの京都八日市線と熾烈な競争が始まるのはこの約6年後の1963(昭和38)年5月です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/265-7b0f0cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック