青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
DSC_0493.jpg


風は全くない。東の空に入道雲が、高く日に輝やいて、つくりつけたように動かない。ストローブ松の林の影が、くっきりと地に濃く短かかった。その影が生あるもののように、くろぐろと不気味に息づいて見える。

三浦綾子『氷点』(上)1964 冒頭



氷点 上 (朝日文庫 み 1-1)氷点 上 (朝日文庫 み 1-1)
(1978/05)
三浦 綾子

商品詳細を見る


これから数回にわたり、断続的に『氷点』編をお送りします。文学にご興味のない方はスルーして頂いても結構ですが、作品に登場する交通関係、地理関係の話も織り込めたらと思います。

『氷点』は、8月28日付拙稿塩狩峠でも触れましたように、作家・三浦綾子のデビュー作としてあまりにも有名ですが、旭川を主な舞台にした数少ない小説の1つでもあります。

出だしのあらすじだけ簡単に…。

小説は、主人公・夏枝が、夫・辻口啓造が院長を務める病院の眼科医・村井に、夫の留守中の自宅でよろめきそうになるという生々しい場面から始まる。その間に、幼い長女・ルリ子は佐石土雄という全く見知らぬ男に誘拐され、自宅近くの「外国樹種見本林」の奥、美瑛川のほとりで殺される。啓造はそれが夏枝のせいだと思われてどうしても許せず、夏枝が「ルリ子の代わりになる女の子が欲しい」というのをいいことに、親友の高木が携わっている乳児院にいるという佐石の娘を引き取って、夏枝にはそれと知らせずに育てさせる、という仕打ちを思いついた。その女の子は「陽子」と名付けられ、何も知らない夏枝に大事に育てられるが……

という展開です。

今なら、「個人情報保護法」等で、絶対にあり得ないことですし、あったらそちらが大問題で、小説の展開も全く違うものになるでしょうけれど、この小説の出だしは終戦直後が舞台なので、「事実は小説より奇なり」で、こんなこともあり得たのかもしれません。

一見すると昼ドラのように見えるストーリー展開ですし、実際文壇で「通俗的」と低い評価をするひともいたそうですが、それは読み方が表面的なのだと思います。独特の緊張感と、人間というものの心の奥深さに鋭く迫る、もはや古典といってよい名作ですので、ぜひ原作をお読み下さい。

↓改築中の旭川駅に降り立ったのは8月のある日でした。三浦綾子が、懸賞小説の授賞式に旅立った約45年前とは、ガラッと変わってしまったことでしょうけれど、木のぬくもりに溢れる美しい駅です。
12:00の列車の案内がまだ表示されている時点で、何と13:41の普通・岩見沢行きの案内が…。そう、函館本線の旭川付近は、普通列車が極端に少ない、青春18きっぷユーザー泣かせの区間です。

DSC_0547.jpg

↓その電車かどうか忘れましたが、数少ない普通。今でも710系なんて走っていることに驚きました。だいぶくたびれている感じです。

IMG_1210.jpg


↓最初に見た時は、「春光6番地9号」或いは「春光6丁目9番地」かと思って、
「何でそんな細かいところまで表すのか?」
とびっくりしたのですが、あとで、「春光6条9丁目」のことだと分かりました。旭川のひとにとっては常識なのだと思いますが、よその人間はまごつきます。旭川はどうも大抵の地域がこのような住所で表されるようで、途中のバス停も、かなりの部分がそうなっていました。

DSC_0484.jpg

国鉄が背景にあるため、良くも悪くもある程度均質なJRと違って、バスはその地域の実態により密着していて、会社ごとの考え方もあるので、面白いです。

旭川駅からバスに揺られて、神楽4条8丁目で降りて数分で、「三浦綾子記念館」です。運賃は170円、対キロ制なので、遠距離は高いでしょうけど、市内では助かります。

DSC_0487.jpg

私が持っていた観光ガイドには、交通が「旭川駅から車で10分」と書かれていて、車ではない私は、タクシーを使わないと仕方ないのか?やっぱり北海道はバスがあんまりないのかな?と思っていたら、調べるとある程度の頻度で走っていました。これじゃあガイドになってへんわ
路線によっては、記念館がある神楽方面よりも更に、意外なほど頻繁だったり、夜も京阪バスの大抵の路線に負けないくらい遅かったりします。さっきの普通列車に象徴されるように、JRが不便、というか長距離輸送に特化しているからなのでしょう。

『氷点』の作品で重要な役割を果たす、「外国樹種見本林」の入口。外国の木が日本で育つかどうかを調べるために作られたそうです。この右手に記念館があります。

DSC_0490.jpg

DSC_0534.jpg

現在、管理しているのは、林野庁の上川中部森林管理署で、こんな言い方をしては悪いのですが、最初は、お役所のHPだし、見本林は時に「不気味なもの」として描かれ、怖い場面にも出てくるので、三浦綾子の小説のことなんてどうせ書かれていないだろうと思ったら、「レクリエーションの森」「外国樹種見本林」の項目をクリックすると、

「三浦綾子氏による当見本林が舞台の小説『氷点』が朝日新聞の懸賞小説に入選し、見本林が全国的に有名となる」

など、詳しく書かれていました。そもそも見本林の中に記念館が建てられているということは、やはり森林管理署の協力があったのでしょう。そういえば彼女の夫・光世は営林署の職員でもありました。

↓記念館

DSC_0530.jpg


↓冒頭の写真を再掲します。記念館前の石碑です。表の案内板が、恰も十字架のように映り込んでいます。計算されたかのようです。

DSC_0493.jpg

下品な書き方ですが、これが、1000万円の懸賞小説に入選した小説の書き出しです。小説はまず、書き出しが命ですが、書けそうでいてなかなかこうは書けないものです。彼女は受賞して、朝日新聞の記者の取材に対し、一瞬パッと喜びに顔を輝かせた後、すぐに静かな穏やかな表情になったと言います。

↓記念館のエントランスです。

DSC_0496.jpg

建物内部は撮影できませんでしたが、三浦綾子の作品、生い立ちなど、全てが詰まっています。自由に見学できる見本林とともに、どんな世界が広がるのか、皆さんと一緒にこの扉を開けて行きたいと思います…なんていちびったことを言えるほど上手に書けるか分かりませんが、ご興味がおありの方はまた宜しくお願いしますm(__)m

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/250-2a15f13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック