青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
比叡平三丁目 ひえいだいらさんちょうめ
所在地:大津市比叡平三丁目
開設年月日:1982(昭和57)年11月7日
付近:


比叡平三丁目は、一~三丁目まである比叡平の中で人口、世帯数が最も多い地域です。バス停は、三丁目東から急な勾配を下る途中にあります。比叡平口からだと逆にかなり厳しい上り坂になります。



普通に考えると、1つ「比叡平」寄りの「三丁目東」に対して、こちらがメインのように思えますが、こちらの方が住宅街の縁(へり)という感じで、住宅街の真ん中にある「三丁目東」とはずいぶん雰囲気が違います。木立が美しくて、軽井沢かどこかのようです。

IMG_4843.jpg

↓降車扱い中のB-1224。

IMG_4845_20120504193037.jpg

↓比叡平方面のバス停。「夜 女性の一人歩きは危険」確かにそうでしょうね。都会の真ん中とはまた違う危険がありそうです。

IMG_4821.jpg

↓寄って撮ると森の中にバス停があるように見えます。

IMG_4822_20120504192924.jpg

↓京都方面にはちゃんとベンチもあります。

IMG_4825.jpg

↓バス停はみんなが集まるところ、自治会の掲示板もあります。

IMG_4826.jpg

↓京都寄りからの眺め。急坂の途中にあることが窺えます。

IMG_4829.jpg

ところで今回の記事は「取材」の時に買った比叡平三丁目のケーキ店風子のナチュラルホームメイドケーキを頂きながら、書いています。

IMG_4707_20150822195546bca.jpgIMG_4708.jpg

IMG_4710.jpg

お店の方も仰っていましたが、場所の分かりにくいこと!しかし、それでいいのかもしれません。知るひとぞ知る名店。住所は比叡平三丁目なのですが、比叡平の住宅街の主だったブロックからは直接つながっていないブロックで、小学校の横と山中越えの本筋をつなぐ道の途中から脇に入った別のブロックの中にあります。

この「有機レモンのウィークエンド」は何と雑誌でも紹介されたそうです。レモンをお菓子に使ったものはあまり得意でないのですが、思い切って買って食べると、酸っぱすぎず爽やかで、夏の暑い盛りでもおいしく食べられそうでした♪今度はシフォンケーキやフルーツクグロフにもチャレンジしたいな!ネットでも注文できるそうなので、皆様もいかがでしょうか?

次は、比叡平口。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/234-13788ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック